ボリンジャーバンドで根っこから取れるスクイーズ局面攻略法

ボリンジャーバンドには様々な形状があります。

エントリーすると、勝率が高い場面があれば、勝率が低い場面もあります。

たくさんの使い方があるボリンジャーバンドの中で、スクイーズ局面に絞って今回は話していきます。

最初に言っておくと、基本的にスクイーズ状態ではエントリーは考えません。

普通勝率が低いと言われるからです。

勝率が低い理由は後でも触れますが、簡単に言うとエントリーした後、どっちに動くかわからないからです。

しかし、こういう場面でも、勝率が高くなる条件がそろえばエントリーしてもいいのです。

今回は、エントリーしてはいけない場面を紹介しつつ、勝率を高めることができるとしたら、どういうときかも話していきます。

ボリンジャーバンドでスクイーズってどんな場面?

スクイーズ局面は、次の動きに備えて相場がエネルギーを貯めている状態です。

スクイーズ局面とは、このような場面ですね。

ボリンジャーバンドでスクイーズってどんな場面?

ローソク足が小さく、ボリンジャーバンドが平行でバンドの幅がとても小さい状態です。

もしスクイーズの状態でエントリーした場合、エントリーした方向に相場が動けば問題ありません。

相場が動くときは、エネルギーが放出されるときなので、思惑が当たれば大きく利益になります。

しかし、一方で思惑の方向とは反対に行った場合、損切りになってしまいます。

この「どっちに動くのか」を予測できない状態でエントリーするのは危険です。

しかし、もし、事前に相場が上方向に行く確率が高いことがわかっていたらどうでしょう?

完全に100%わかることはありませんが、一定の条件がそろえば、どちらに動くのかをある程度予測することができます。

また、スクイーズ場面はたくさん出現します。

その全てでエントリーしていては、勝率を高く維持することはできません。

そこで、どういう場面ではエントリーしちゃダメで、どういう場面でエントリーするのがいいのか、具体的な条件を見てみましょう。

スクイーズ局面で勝率を高くする条件1:日足・4時間足を考慮する

まず、最初の条件は、日足・4時間足を見て重要なレジスタンス、サポートライン付近であることを確認します。

例えば、この場面。

スクイーズ局面で勝率を高くする条件1:日足・4時間足を考慮する

4時間足チャートですが、赤いラインが強力なラインだということがわかると思います。

直前はアップトレンドで、レジスタンスだったところが、サポートに変わっています。

まずは、このような場面を日足か4時間足で見つけます。

そして、その付近まで相場が来たことを確認します。

これが条件の1つ目です。

日足・4時間足の重要なレジスタンス・サポートラインを見つけてトレードにいかす方法は、こちらに詳しく書きましたので、参考にしてみてください。

勝率の高いたった2つのエントリーポイントを見つける方法

スクイーズ局面で勝率を高くする条件2:1度ブレイクした後のスクイーズを狙う

条件1をクリアしたら、2つ目の条件は、1度ブレイクした後のスクイーズを狙うことです。

これも難しいことではなく、とても見極めは簡単。

例えば先ほどの場面。

スクイーズ局面で勝率を高くする条件2:1度ブレイクした後のスクイーズを狙う

ここを15分足で見ると、このようになっています。

スクイーズ局面で勝率を高くする条件2:1度ブレイクした後のスクイーズを狙う

ここから相場は一段上に切り上げました。

スクイーズ局面で勝率を高くする条件2:1度ブレイクした後のスクイーズを狙う

そして、ここから調整場面、つまりスクイーズに入ります。

ここからどうなったらスクイーズなのか。

ボリンジャーバンドがどんどん収縮してくるので、それが確認できたらスクイーズ状態だと判断できます。

もちろん、ボリンジャーバンドの形を見るのと同時に、ローソク足が小さくなっているのを見ても、スクイーズなんだということがわかります。

ここがスクイーズ場面。

スクイーズ局面で勝率を高くする条件2:1度ブレイクした後のスクイーズを狙う

典型的なスクイーズ場面のように、長くスクイーズが続くのではないので、スクイーズだと分かる前に上昇してしまう可能性もあります。

しかし、このような場面は事前に上に行く可能性が高い場面です。

こういう場面を絞り込むことができれば、後はタイミングをそこまで気にしなくても、エントリーして上昇するのを待つだけでいいのです。

この後、相場はこのように上昇しました。

スクイーズ局面で勝率を高くする条件2:1度ブレイクした後のスクイーズを狙う

まとめ

ボリンジャーバンドのスクイーズ局面は、トレードするのが難しいと言われますが、今回紹介した条件がそろえば、勝率を高いポイントを見つけてエントリーすることができます。

また、スクイーズ局面を取れるようになると、トレンド相場が動く直前にエントリーできるので、取れる利幅がかなり大きいです。

スクイーズ局面はこのようなメリットがあるので、ぜひトレード手法の一つとして取りいれて見てください。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*