ボリンジャーバンド

Pocket

Pocket

ボリンジャーバンドでトレンド転換をとる4ステップエントリー

Pocket

ボリンジャーバンドの特徴を使い、トレンド転換場面の初動を取りに行くエントリー方法を解説していきます。

トレンド転換場面が取れるということは、トレンドの初動をとらえることと同じです。

大きく利益を取り、なおかつストレスがほとんどない状態でエントリーするためにどういうところに気をつけたらいいのかも話していきます。

エントリーから短時間で大きく利益の乗るポイントをチャートを使って説明していきます。

また、細かい注意点についても最後に補足として話しますので、最初に全体を理解して、補足でより理解を深めてください。

続きを読む

Pocket

ボリンジャーバンドでレンジ相場をとる3ステップエントリー

Pocket

ボリンジャーバンドは、レンジ相場ととても相性のいいテクニカル分析ツールです。

ただ、だからと言ってどんなレンジ相場でもいいわけではありません。

ボリンジャーバンドを使えばレンジ相場を上から下まで取ることも可能です。

今回はボリンジャーバンドを使って、レンジ相場でエントリーするときの3ステップを紹介していきます。

また、損切りをどこに置いたらいいのか、レンジで売りと買い両方していいのか、という話もしていくので、ボリンジャーバンドを使ってレンジ相場でトレードをしたいという場合、今日から使える内容となっています。

続きを読む

Pocket

ボリンジャーバンドでエクスパンション場面のトレード手法

Pocket

ボリンジャーバンドがエクスパンションしたする場面は、相場が大きく動き出したばかりの頃です。

つまり、そこを起点に大きく相場が動く可能性があります。

そんな場面でどのようにエントリーしたらいいのか、エントリーで気をつけなければいけないポイントなどを解説していきます。

大きく利益が取れる分、タイミングを間違えると、大きく損切りになる場面でもあります。

そこで、ボリンジャーバンドのエクスパンション場面で勝率を高く、さらに大きく利益を取る上で気をつけなければいけないことを話していきます。

続きを読む

Pocket

ボリンジャーバンドで根っこから取れるスクイーズ局面攻略法

Pocket

ボリンジャーバンドには様々な形状があります。

エントリーすると、勝率が高い場面があれば、勝率が低い場面もあります。

たくさんの使い方があるボリンジャーバンドの中で、スクイーズ局面に絞って今回は話していきます。

最初に言っておくと、基本的にスクイーズ状態ではエントリーは考えません。

普通勝率が低いと言われるからです。

勝率が低い理由は後でも触れますが、簡単に言うとエントリーした後、どっちに動くかわからないからです。

しかし、こういう場面でも、勝率が高くなる条件がそろえばエントリーしてもいいのです。

今回は、エントリーしてはいけない場面を紹介しつつ、勝率を高めることができるとしたら、どういうときかも話していきます。

続きを読む

Pocket

ボリンジャーバンドを使いこなすのに知っておきたい3つの基本

Pocket

ボリンジャーバンドはとても使い勝手のいいテクニカル分析です。

ボリンジャーバンドだけを表示させてトレードするプロのトレーダーもいるくらい、優秀なテクニカル分析ツールです。

ボリンジャーバンドを表示させても、どうトレードに活かせばいいのかがわからなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

そこで、ここではまずMT4にボリンジャーバンドを表示させるところから、ボリンジャーバンドの基本までをお話ししていきます。

良く聞くのは、「価格が±3σにいる確率は、99.7%」だと思います。

ただ、残念なことにこれだけを知っていても、実際のトレードには何の役に立ちません。

じゃあ、実際にどうやってトレードに活かしたらいいのか、その基礎になるものをこれから話していきます。

続きを読む

Pocket