エントリー

FX初心者がダウ理論だけで150pips獲る再現性の超高いトレード手法

今回はダウ理論をマスターすると出来る、超簡単トレード手法について説明をしていきます。

しかも、この手法は1通貨ペアだけでも、月150pips獲ることが出来たもので、再現性が超高いので初心者の方は特に見ておいてほしいです。

ただ、相場を分析するスキルを何にももっていないのに、これから話すトレードができるわけではありません。

ダウ理論をマスターしていれば、とても簡単にしかもトータルでしっかり勝つことができるトレード手法です。

ここ最近F-pediaの記事でダウ理論を徹底的に学び、しっかりトレンド判断ができるようになったなら、これから話す内容はそのままエントリーできるくらいシンプルな話をしていますので、かなりあなたのトレードに役立つと思います。

もしダウ理論がまだ微妙なんだよな、怪しいんだよな、と感じているなら今からでも全然遅くないので、今回の記事を読んで、こういうエントリーをしたいと思ったら今日からダウ理論をマスターしましょう。

続きを読む

トレンドラインブレイクで押し目・戻しを狙うエントリー方法

ここではトレンドラインブレイクでエントルーする方法について話していきます。

デイトレードやスキャルピングなどの短期間トレードではなく、わりとゆったりエントリーする方法についてがメインです。

というのもこれから紹介するエントリーがしっかりできないと、より短い時間でのトレードは、焦りも出て、うまくいかないことがあるからです。

まずはじっくり考えてエントリーし、相場がどう動くのかを目で見て経験することで、短い時間足でのエントリー精度も上がります。

ゆったり目にエントリーするとは言っても、簡単なわけではないので、しっかり気合を入れて読み進めてくださいね。

続きを読む

2本の移動平均線クロスでエントリータイミングをとる方法

ここでは、2本の移動平均線を使ってエントリータイミングをとる方法について実際のチャートを使って話していきます。

エントリータイミングについては、まったく気にしなくていい、という人もいれば、しっかりタイミングの取り方を身につけなければいけない、という人もいます。

意見が分かれるところなんですね。

実際には、あなたのレベルに応じて必要になる、というのが正しいでしょう。

トレードを始めたばかりであれば、エントリーのタイミングを気にするよりも、もっと他に考えるべきことがあります。

それに対してある程度相場について勉強し、テクニカル分析にも精通してきたら、これから話すエントリータイミングの取り方は避けては通れません。

いずれぶつかります。

ただ、エントリータイミングの取り方といってもいくつか方法があり、今回はその中でも移動平均線を2本使ったシンプルなものを話していきます。

続きを読む

長期足で出たら迷わずエントリーすべきローソク足パターン

ここでは主に日足や4時間足などの長期足でのローソク足パターンを紹介します。

普通エントリーの際は、狙う場面を絞ってから、エントリーの最終決断をするために短期足でチャートパターンの発生を待ちます。

しかし、これから紹介するローソク足のパターンが確認できれば、短期足でのチャートパターンの発生を無視してエントリーできます

つまり、これから話すローソク足パターンがでたら、タイミングをとってエントリーするだけいいということです。

そのくらい強力なものなので、発生頻度はそこまで多くありません

ただ、パターンが発生したら、相場は大きく動くことが多いので、その少ないチャンスを見逃さないようにしましょう。

続きを読む

宵の明星と明けの明星を使いこなす実践3ステップエントリー

宵の明星と明けの明星はトレンド転換場面で発生することが多いです。

つまり、天井や底付近でよく発生します。

トレンドが切り替わるところでこれら2つが発生した場合、そこから逆方向に動くきっかけになることが多々あります。

トレンドが転換する場面を転換のちょっと前から予測できたら、その後エントリーするのは難しいことではありません。

そこで、実際のチャートを使いながらトレンドが切り替わる場面をみていきましょう。

続きを読む

エントリーの強力な決め手となる、はらみ足つつみ足コンビ

15分足などの短期足でエントリーを考えるとき、チャートパターンが出ないことにはエントリーの決断ができません。

そして、狙った場面で常にチャートパターンが出とも限りません。

そこで、よりエントリーチャンスを増やし、利益を上げることを考えると、重要なのは、エントリーしていいチャートパターンの種類を増やしていくことです。

以前基本となるエントリーしていいチャートパターンを説明しましたが、今回話すはらみ足とつつみ足のコンビは、とても強力で相場が大きく動く場面です。

しっかりものにして、トレードできるようにしましょう。

続きを読む

つつみ足(アウトサイドデイ)発生で高勝率エントリー場面解説

日足でチャートを見るとき、どの辺りに注目して分析するかといったら、一番はトレンドが発生しているか、またトレンドの方向ですね。

今回話すつつみ足は、はらみ足と同様、日足で行うチャート分析の一つです。

日足でつつみ足が発生する回数はそう多くありませんが、つつみ足はとても強力なエントリー根拠になるため、ぜひ日足チャートを見るときにつつみ足がないかどうかを確かめる癖をつけてみてください。

そして数少ないつつみ足あ出たときはこれから紹介する方法で自信を持ってエントリーしてください。

続きを読む

はらみ足(インサイドデイ)で勝率を高めるエントリー方法

はらみ足はチャートを見ていれば何度も出現します。

しかし、常にはらみ足が出現すれば、それがトレードチャンスになるか、というとそれは違います。

トレードプランを立てて狙っている場面ではらみ足が出るから、トレードの根拠が多くなり、勝率が上がります。

今回は実際のチャートを用いて、はらみ足がどのように出るのか、また、はらみ足が出た後どのようにエントリーするのかを見ていきましょう。

続きを読む

レジスタンスとサポートに惑わされないラインの見極め方

FXでチャート分析をする際に、どうやってラインを引くかはとても重要です。

そして、それ以上に引いたラインをどの程度重要視するのかも大切です。

日足や4時間足でラインがいくつか引ける時、それらのラインをすべて同じ程度に重要視するかといったらそうではありません。

日足や4時間足で引いたラインもそれぞれ重要度が異なります。

引いたラインをしっかり整理しないと、どれも重要に見えてしまい、ライン付近に相場が来てもトレードするのをためらってしまいます。

ただ、ラインの整理の仕方といっても難しいことはなく、大きく分けて2つだけです。

今回紹介するラインの整理の仕方がわかれば、どのラインを抜けたらまずいのか、どのラインは抜けても大丈夫なのか、あなた自身で判断することができるようになります。

続きを読む

とってもシンプルなレンジ相場での3︎ステップエントリー方法

レンジ相場のエントリーを考えると必ずでてくる疑問は、「後からチャートを見ればレンジだとわかるけど、リアルタイムではレンジになるのかわからない」というものです。

これはその通り。

しかし、実際には後から見たら誰もがレンジだとわかる場面をリアルタイムでトレードして、勝てている人はいます。

まず、誰が見てもわかるようなレンジが発生すること自体稀ですし、レンジだと分かった時点では遅くて、その後すぐにブレイクアウトしてしまう、というのもよくあります。

ただ、ちょっとしたコツがつかめれば、レンジ相場を事前に狙い澄ましてエントリーすることは誰にでもできるようになります。

4時間足・日足で今回紹介するチャートパターンが出たら、その後はレンジになる可能性が高く、レンジ相場になることを少し前から予測して待つことができるようになります。

狙った通りに相場が動けば、あとはエントリーのタイミングを取るだけです。

今回はレンジ相場をリアルタイムで把握するためのコツを話していきます。

続きを読む