エントリー

Pocket

Pocket

FX初心者がダウ理論だけで150pips獲る再現性の超高いトレード手法

Pocket

今回はダウ理論をマスターするだけでFXで勝てるようになる、超簡単なトレード手法について説明をしていきます。

しかも、この手法は1日15分〜30分チャート分析ができれば1通貨ペアだけでも、月150pips獲ることが出来るもので、再現性が超高くFX初心者には特にオススメです。

ただ、相場を分析するスキルを何も持っていないのに、これから話すトレードができるわけではありません。

必要なのはダウ理論だけ。

ダウ理論をマスターすれば、とても簡単にしかもトータルでしっかり勝つことができるトレード手法です。

ダウ理論をマスターして、1日15分〜30分だけで勝てる、そんなトレーダーになりましょう。

そのために必要な基本的なトレード手法から、実際にチャートを目の前にして出て来る壁についてかなり詳しくまとめました。

続きを読む

Pocket

トレンドラインブレイクで押し目・戻しを狙うエントリー方法

Pocket

ここではトレンドラインブレイクでエントルーする方法について話していきます。

デイトレードやスキャルピングなどの短期間トレードではなく、わりとゆったりエントリーする方法についてがメインです。

というのもこれから紹介するエントリーがしっかりできないと、より短い時間でのトレードは、焦りも出て、うまくいかないことがあるからです。

まずはじっくり考えてエントリーし、相場がどう動くのかを目で見て経験することで、短い時間足でのエントリー精度も上がります。

ゆったり目にエントリーするとは言っても、簡単なわけではないので、しっかり気合を入れて読み進めてくださいね。

続きを読む

Pocket

2本の移動平均線クロスでエントリータイミングをとる方法

Pocket

ここでは、2本の移動平均線を使ってエントリータイミングをとる方法について実際のチャートを使って話していきます。

エントリータイミングについては、まったく気にしなくていい、という人もいれば、しっかりタイミングの取り方を身につけなければいけない、という人もいます。

意見が分かれるところなんですね。

実際には、あなたのレベルに応じて必要になる、というのが正しいでしょう。

トレードを始めたばかりであれば、エントリーのタイミングを気にするよりも、もっと他に考えるべきことがあります。

それに対してある程度相場について勉強し、テクニカル分析にも精通してきたら、これから話すエントリータイミングの取り方は避けては通れません。

いずれぶつかります。

ただ、エントリータイミングの取り方といってもいくつか方法があり、今回はその中でも移動平均線を2本使ったシンプルなものを話していきます。

続きを読む

Pocket

長期足で出たら迷わずエントリーすべきローソク足パターン

Pocket

ここでは主に日足や4時間足などの長期足でのローソク足パターンを紹介します。

普通エントリーの際は、狙う場面を絞ってから、エントリーの最終決断をするために短期足でチャートパターンの発生を待ちます。

しかし、これから紹介するローソク足のパターンが確認できれば、短期足でのチャートパターンの発生を無視してエントリーできます

つまり、これから話すローソク足パターンがでたら、タイミングをとってエントリーするだけいいということです。

そのくらい強力なものなので、発生頻度はそこまで多くありません

ただ、パターンが発生したら、相場は大きく動くことが多いので、その少ないチャンスを見逃さないようにしましょう。

続きを読む

Pocket

宵の明星と明けの明星を使いこなす実践3ステップエントリー

Pocket

宵の明星と明けの明星はトレンド転換場面で発生することが多いです。

つまり、天井や底付近でよく発生します。

トレンドが切り替わるところでこれら2つが発生した場合、そこから逆方向に動くきっかけになることが多々あります。

トレンドが転換する場面を転換のちょっと前から予測できたら、その後エントリーするのは難しいことではありません。

そこで、実際のチャートを使いながらトレンドが切り替わる場面をみていきましょう。

続きを読む

Pocket