トレンド

FXで狙いを定めて勝つべくして勝つトレードシナリオの立て方

今回は先日リアルタイム相場分析を送ったユーロドルについて、その後どうなったかについて話をします。

結果的には予想通り相場は下がりました。

しかし、今回はエントリーを見送りました。

もちろん、細かいことを気にせずユーロドルで売りエントリーしていれば結構なpipsが取れたでしょう。

でもエントリーしなかった理由は簡単で、ダウ理論のトレード手法のエントリー条件を満たしていなかったからです。

具体的にはエントリーしなかった理由は2つあります。

今回はなぜエントリーしなかったのかという話をすると同時に相場がどういう動きをしていればエントリーできたのかについても話をしていきます。

つまり、タイトルにある通りFXで勝つべくして勝つ狙いを定めたエントリーをするためにどういうシナリオを立てればいいのかがわかります。

リアルタイム相場分析は不定期でメールで配信しますので、まだ登録してない方はF-pedia通信の登録をしておいてくださいね。

エントリーできそうな場面が近づいた通貨に関しては今後も積極的に配信していきますので、お見逃しなく。

続きを読む

ダウ理論トレード手法で波形を大きくとらえるか小さくとらえるか

今回はダウ理論の補足として波形を大きくとらえるか小さくとらえるかについて話をしていきます。

結論を先に言うと、僕は波形を小さく見ているし、あなたにも小さく見ることをオススメします。

そして、小さく波を見たほうがいいのには明確な理由があります

これは、ダウ理論だけを使ってトレードするときに、どういうチャートをきれいだと見ているか、どういうところを狙ってトレードしたいと思っているのかに深く関係しています。

今までダウ理論のトレード手法について話してきたことは、「こうなったらトレンド発生」とか「こうなったらエントリー」という機械的なものだったと思います。

そこを今回は波形という切り口で、ダウ理論を使ったトレードをもっと立体的に、どんなところでエントリーしているのかをよりイメージしやすいように、トレードに活かせるように話をしていきます。

この記事を読んでもらえれば、僕が紹介しているダウ理論だけでトレードする手法でどうして勝てるのか、そのカラクリがわかると同時に、どうして波形を小さく見た方がより勝ちやすくるなるのかがわかると思います。

続きを読む

FXダウ理論で高値と安値の更新はローソク足の実体で判断しろ!

今回はダウ理論のトレンド発生、トレンド継続、トレンド終了、の定義について細かく見ていこうと思います。

もちろん基本的なことはもうすでに話をしていますので、今回は少し応用的な内容となります。

ただ、応用と言っても相場は基本的にイレギュラー、わかりにくい場面のほうが多いのが普通であり、今回紹介する事例や判断基準は、わりとよく遭遇すると言っていいでしょう。

「ダウ理論の波形のとらえかたがわかって、トレンドの発生やトレンドの終了はなんとなくわかるようになった、でも細かく見ていったときにごちゃごちゃしたチャートをどう判断したらいいのか迷う時がある」

こんな疑問をもっているなら、今回の記事はかなり役に立つと思います。

実際にチャートを目の前にダウ理論の分析をしないことには出てこない疑問ですが、これはとても重要な疑問であり、しかもコツをつかんでしまえば、軽く超えることができます。

ここってトレンド継続で押し安値が移動するの?
ここってトレンド終了って見ていいの??
どこを抜けたらトレンドが終了するの??

今回の記事を読んでもらえれば、こんな疑問はすぐに解決しますよ。

ただ記事は少し長くなっています。

今日も記事を読み進める前にブログランキングの順位が何位かを確認してくださいね。

応援お願いします。

続きを読む

FXダウ理論トレード手法でのエントリー場面その2〜ユーロドル編〜

今回は前回の続きで、2つ目のユーロドルのチャートを解説していきます。

前回解説したドル円よりもちょっと応用的な内容になっているので、一度でわからない場合は何度か繰り返してみることをオススメします。

今回はエントリー候補として考えられるところが3箇所あります。

でも実際にエントリーするのは2回だけです。

どうして残りの1回はエントリーしないのか、そのあたりについても話をしていきます。

では早速内容に入っていきましょう。

今日も記事を読み進める前に応援クリックお願いします。

続きを読む

FXダウ理論トレード手法でのエントリー場面〜ドル円編〜

前回ダウ理論の問題を出しましたので、その答え合わせをしていきます。

ダウ理論でトレンド判断をするだけだと、どこか物足りなさを感じるなあと思っていたので、以前話したダウ理論だけでトレードして勝つ手法でエントリーできる場面を問題にしました。

しっかりダウ理論にもとづいて、どこでトレンドが発生するのか、どこでトレンドが終了するのか、これらが明確にわかるようになれば、あなたもダウ理論だけでトレードして勝てるようになる、ということです。

なるべくシンプルに余計なことを考えなくていいようにまとめることを意識しました。

どういう分析をしてどういうところでエントリーできるのか、実際のエンリーポイントが少しでもイメージできればと思います。

ちなみに、出した2つの問題の答え合わせは記事を2つに分けて解説をしていきます。

チャートがいくつも出てくるので、一気に2つの通貨の別の場面を解説すると読む方もかなりストレスになると思ったからです。

ということで今回はパート1としてドル円を解説していきます。

では、今日も記事を読み進める前に応援クリックお願いします。

続きを読む

トレンド相場における勝率の高い4ステップエントリー手法公開

ここでは、トレンド相場でトレンドを見極めるところから、エントリーするまでを4つのステップに分けて解説しました。

トレンド相場で勝率を高くするためには、相場に合わせるところは合わせますが、あなたらしさを出さなければいけないところもあります。

勝率の高い裁量トレードができるようになるために必要なステップを一つ一つ説明していきます。

もしかしたら1度読んだだけでは全てを理解することはできないかもしれませんが、何度か読んで理解してもらえれば、トレンド相場に必要なことが全てここに書いてあることがわかるでしょう。

続きを読む

トレンドの勢いを確かめるADXのシンプルで効果的な使い方

トレンドの方向をつかんだ後、気になるのはそのトレンドの強さですよね。

トレンドに乗るなら、勢いのあるトレンドに乗れたほうが安心です。

そこで今回は、トレンドの勢いを教えてくれるテクニカル分析ツール、ADXを使い方と実際のチャートでの見方を一緒に紹介します。

ADXはトレンドの勢いを教えてくれるツールですが、いくつか使う上での注意点があります。

注意点を理解した上で、ADXを使いこなし、勢いのあるトレンドに乗りましょう。

続きを読む

FX初心者がマルチタイムフレーム分析を身につける方法

トレードにおいてトレンドに乗ることの重要性が分かったとしても、トレンドを確認するためにどの時間足を見ればいいのか。

また、トレンドが発生したからといって、突っ込んでエントリーしてはいけません。

ここでは時間足を大きく3つに分けて、マルチタイムフレームの基本である、それぞれの時間足の役割をみていきます。

え?チャートで見てる時間足は1つだけだよ?というあなたは注意が必要です。

マルチタイムフレーム分析を取り入れることによって、あなたのトレード手法がいかにもろいものなのか、いかに頼りないものかが浮き彫りになるかもしれません。

これから話すマルチタイムフレーム分析が取り入れられていないトレード手法は、本当にもろく、いつまでたっても勝てるようになりませんよ。

続きを読む

トレンド相場で生き残るために必ず守るべき3つの掟

トレンドに乗ることだけを考える。

これはトレンド相場でエントリーする上で最も重要なことです。

しかし、トレンドに乗ることは簡単ではありません。

これからトレンドに乗るために何を見てどう判断すればいいのかを話していきますが、その前にトレンド相場で生き残るために守らなければいけない掟について話していきます。

トレンドに関する理解が深まっても、これから話す掟がしっかり守れていないと、継続して利益をあげるのは難しいです。

まずは心得とも言える掟をしっかり理解しましょう。

続きを読む

トレンドを上から下まで根こそぎ狙う3本のローソク足パターン

トレンドが転換する場面を捉えることができれば、かなり大きく相場から利益を上げることができます。

しかし、大きく利益が取れる分、とるのは簡単ではありません。

エントリーしたけど、騙しで損切りになることはよくあります。

そこで、トレンド転換場面を3本のローソク足のパターンで捉えエントリーする方法を紹介します。

続きを読む