エリオット波動でトレンド転換をとる4ステップエントリー

ここでは、エリオット波動を使ってトレンド転換をとるエントリー手法を4つのステップに分けて解説していきます。

エリオット波動を使いますが、それ以外にもいくつかのテクニカル分析ツールを使ってエントリーをします。

というのもエリオット波動はそれ単体でトレードに活かすのは結構難しく、エリオット波動の考え方を使って、他のツールと組み合わせるのが最も効果的だからです。

そこで今回はエリオット波動と、2つのテクニカル分析ツールを使ってトレンド転換で勝率の高いエントリー方法を4つのステップに分けて紹介していきます。

最初にざっくり全体像を把握する

最初に4つのステップの全体像をつかんでもらいます。

まず、はじめにエリオット波動以外に使う2つのテクニカル分析ツールについて。

1つはRSIでもう一つはボリンジャーバンドです。

RSIはダイバージェンスを確認するために使い、ボリンジャーバンドはトレンドの転換をより正確につかむために使います。

4つのステップは以下になります。

ステップ1:エリオット波動の1〜5波でトレンドを確認する
ステップ2:5波付近でダイバージェンスを確認する
ステップ3:ボリンジャーバンドの転換ロジックを待つ
ステップ4:C波でエントリー

これら4つのステップをこれからチャートを使いながら細かく見ていきます。

ステップ1:エリオット波動の1〜5波でトレンドを確認する

まず最初にすべきことは、トレンドの確認です。

エリオット波動の考え方は、トレンド方向に5つの波(1~5)が発生し、その後調整の3つの波(a~c)が発生するというものです。

図で表すとこのようになります。

エリオット

今回エントリーを狙うトレンド転換場面は、トレンド方向への5の波が終わった後の、調整波であるa~cです。

ちなみに、エントリーするのはその中のcです。

cでエントリーするためには、まずメインのトレンドである1〜5の波をみつけなければいけません。

そのためにトレンドが発生しているかどうかを確認する必要があります。

簡単にトレンドの発生を確認するために使うのが、ボリンジャーバンドのミドルラインです。

上昇を例にすると、ローソク足がボリンジャーバンドのミドルラインより上で推移していれば、アップトレンドと判断することができます。

逆に下落の場合はミドルラインより下で推移していれば、ダウントレンドだと判断できます。

これを利用してまずは1〜5の波を見つけます。

今回はこの場面を使って解説していきます。

ステップ1:エリオット波動の1〜5波でトレンドを確認する

ユーロドルの1時間足チャートです。

この場面、すでに1〜5の波でアップトレンドが形成されています。

今回はこの1〜5でエントリーするトレード手法ではありませんので、ここは気にしなくていいです。

まずここで1〜5の波がどれに当たるのかを考えてみてください。

私はこんな風に分けました。

ステップ1:エリオット波動の1〜5波でトレンドを確認する

まずはこのようにメインのトレンド方向へトレンドが発生したことを確認します。

ここからは、トレンドが継続する可能性もありますし、トレンドが転換する可能性もあります。

では、トレンドが転換しそうだ、というのを何を元に判断していくのか

次にステップ2です。

ステップ2:5波付近でダイバージェンスを確認する

エリオット波動の考え方に基づくと、5波が終わった後に相場が節目を迎えると考えられます。

5波が一つの区切りなんですね。

で、ここで転換が起こりそうかどうかを判断するために使うのがRSIです。

具体的には5波付近でRSIでダイバージェンスが起こってないか確認します。

ピンポイントで5波でダイバージェンスが発生するわけではないので、5波付近で大丈夫です。

この辺りでダイバージェンスが発生すると、そこからトレンドが転換する可能性がぐっと上がります。

今回の場面は、ダイバージェンスが起こっています。

ステップ2:5波付近でダイバージェンスを確認する

値段は切り上がっているのに対して、RSIは切り下がっています。

このようにダイバージェンスが発生すると、トレンド転換の可能性は一気に上がります。

ただ、このRSIのダイバージェンスは必ず発生しないといけないわけではありません。

ダイバージェンスが起こればトレンド転換の可能性は高くなりますが、ダイバージェンスが起こらないでトレンドが転換するケースもあります

よって、ステップ2のRSIのダイバージェンスが起こるとエントリーの強力な根拠が一つ増える、と考えてください。

RSIのダイバージェンスについてはこちらで詳しく解説しましましたので、参考までに。

RSIのダイバージェンスでトレンド転換を根こそぎとる方法

ステップ3:ボリンジャーバンドの転換ロジックを待つ

次にステップ3です。

このステップ3がトレンド転換を見極める上でとても重要な役割を果たします。

ステップ2でダイバージェンスを確認したら、相場はその後高値を更新することができずに下落していきます。

ここで、トレンドが転換するか、もしくはレンジになるかを判断するために、ボリンジャーバンドを使います。

ここで確認することが2つあります。

一つは、ボリンジャーバンドの−2σにタッチすること、もう一つは直前の押し目の安値を下に更新していること。

この2つです。

この2つを確認したら、後はエントリーに備えます。

チャートで見た方がわかりやすいと思うので、載せますね。

ステップ3:ボリンジャーバンドの転換ロジックを待つ

赤丸をつけたところが直近の安値で、ここを更新しているのがわかると思います。

その少し前にボリンジャーバンドの−2σにもタッチしています。

これでステップ3の条件をクリアしました。

ちなみに、今紹介したトレンド転換でのボリンジャーバンドの使い方は、ボリンジャーバンドのトレンド転換ロジックとしてこちらで紹介しています。

ボリンジャーバンドでトレンド転換をとる4ステップエントリー

ステップ4:C波でエントリー

ここまでで、トレンド転換に必要な条件はそろいました。

次に調整波であるa~cの波の見方について話していきます。

まず、aをこのように見ました。

ステップ4:C波でエントリー

ここからbの形成を待って、bの波からcの波に切り替わったところでエントリーします。

この後このように動きました。

ステップ4:C波でエントリー

エントリーするポイントはちょうど+2σにタッチして折り返すところがいいでしょう。

+2σにタッチしたら、その前のローソク足の安値の下に逆指値をセットしておいて、エントリー。

前のローソク足の高値や安値は意識されやすいところなので、そこを突破すると相場に勢いがつきます。

こういうのを味方につけて逆指値エントリーしましょう。

エントリーはこの矢印をしたローソク足ですね。

ステップ4:C波でエントリー

直近の陰線を下に割ったとろでエントリー。

もちろん、逆指値ではなく他の方法でもエントリーは可能です。

もっと細かくエントリータイミングを取りたいのであれば、こちらを参考にエントリータイミングを取ってみてください。

これでもう迷わない!勝率の高いエントリータイミングの取り方

まとめ

ここではエリオット波動を元にトレンド判断をし、RSI、ボリンジャーバンドも一緒に使ってトレンド転換をとる方法を紹介しました。

トレンドの発生をつかみ方、トレンドが弱くなったことをつかむ方法、この辺りが理解できれば、複数のテクニカル分析ツールを組み合わせることでトレンド転換をとることができるようになります。

なので、もしトレンドの認識がまだまだ心配だという場合は、そこから意識して取り組んでみてください。

トレンドの判断についてはこちらが参考になりますよ。

初心者でも簡単!トレードの上達に必須なダウ理論まとめ

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*