FXでトレーダーの9割が負ける3つの理由とその解決策

トレードの世界では、FXに限らずトレーダーの9割は負けて、利益を手にすることができるのは、全体の1割だと言われます。

トレードをするからには、お金を稼がなければ意味がなく、そのためには全体の1割に入る必要があります。

なぜ多くの人は勝ちトレーダーになれないのでしょう?

今回は、どうしてトレーダーの多くは9割の負け組に入ってしまうのか、その理由を話すと同時に、1割の勝ちトレーダーに近づくための解決策にも触れます。

もし一つでも当てはまるものがあったら、今日から改善して、1日でも早く1割の勝ちトレーダーの仲間入りをしましょう。

理由1:トレードをなめている

現在世の中にはたくさんのFXの教材があり、そこでは誰でも明日からお金を稼げる、と謳われているものが多くあります。

あなたはおそらくその言葉をそのまま信じはいないと思います。

しかし、その教材の販売HPには商品の購入者らしき人たちが顔写真を載せて商品の凄さをアピールしてくる。

「私は、この教材のおかげで勝ちトレーダーになれました!」
「こんなにすごい手法に出会ったことありません。なんとここ1週間負けなしです!」

などなど、たくさんの声が載っています。

人間とは不思議なもので、明日から稼げるそんなうまい話はない、と頭でわかっていても、だんだんそのことを忘れて、もしかしたら自分も頑張ればこうなれるのかもしれない、と錯覚を起こします。

こうなると、ちょっと前まで思っていた「FXでそんなに簡単に稼げるわけがない」という気持ちはどこかへ消えてます。

トレードで食っていくことは、プロ野球選手になるようなものだ、という話を以前にしました。

トレードで勝つために必要な力はプロ野球選手になるようなもの

「この方法を知れば、あなたは明日からダルビッシュからヒットを量産し、周りからはダルビッシュキラーと呼ばれますよ」

こんな方法があっても絶対信じませんよね。

でもトレーダーの多くは、この教材を買って、半信半疑ながらも、もしかしたら自分もダルビッシュの球を打って、スーパーヒーローになれるかもしれない、と思っているんですよ。

トレードの世界はそんなに甘くはありません。

このことをしっかり頭に刻み、時間はかかるかもしれませんが、その先にある圧倒的な自由と膨大な報酬を目指して頑張りましょう。

これらを手に入れるために、1週間という期間が短いか、長いかはちょっと考えればわかりますよね。

トレードの世界はそんなに甘くないですよ。

理由2:自分の手法を持っていない

あなたは手法を持っていますか?

「いやいや、教材はいくつか買ったからトレードする手法はしっかり持っている」

こう思ったかもしれませんが、そういうことじゃありません。

確かに、教材を買うことで誰かに検証された勝てるトレード手法を手に入れることはできます。

この、「買う」という行為は誰にもできるんですね。

この時代にFXで飯を食っていこうと思っているのに、教材を買わずに、誰にも教えてもらわず完全に独学でトレードをしている人はまずいません。

日本の義務教育をきちんと受けているのであれば、トレードをしようと思ったら、先生から教えてもらうのが手っ取り早い、というのは多くの人が気がつくことであり、あなたも今までに教材の一つや二つは買ったと思います。

しかし、それじゃ勝てるようにはならないんですよね。

もちろんその手法がどう考えても勝てる手法じゃなくて、販売者が詐欺師だった、という場合は話は別ですが、今はそうなることはほとんどありません。

基本的にきちんと勝てるようになる手法パッケージになって販売されています。

じゃあ、なんで勝てるようにならないかというと、教材を買っただけじゃ、本当にあなたの手法を手に入れたことにはならないからです。

あなたは、自分の手法の期待値がどのくらいかわかりますか?

もしこれがわからないなら、教材を買ったとしても、それは新しい野球のグローブを買っただけでは野球の上達とは関係ないのと同じように、トレードで勝てるかどうかとはなんの関係もありません。

期待値という言葉を聞いたことがなければ、勝率とリスクリワードと言い換えましょう。

あなたは、自分の手法の勝率とリスクリワードがどのくらいか分かりますか。

大事なのは、その教材のパフォーマンスではなく、あなたが出せるパフォーマンスですよ。

決してあなたが買った手法の販売ページに載っていた勝率とリスクリワードではありません。

あなたが実際にリアルにトレードして、どのくらいの数字を残せるか。

もし何からの教材を買って、手法を手にれたのに、これらがよくわかっていないのであれば、グローブを買っただけで試合に出れていないようなものです。

そもそも補欠なら、新しいグローブを買ったところで、それだけじゃ試合に出れるわけではありませね。

新しいグローブを買うことで練習を頑張るきっかけにはなるかもしれませんが、グローブを買った後レギュラーになれるように一生懸命練習しなければいけません。

あなたは今もっている手法でどのくらい練習しましたか??

今持っている手法に見切りをつけて次の手法に行く前に、ぜひ今もっている手法でどのくらいのパフォーマンスが出せるのか、実践して確かめてみてください。

そして、トレードの結果改良できるところがあれば、そこをしっかり見直す。

この作業を繰り返すと、驚くくらいパフォーマンスが向上します。

手法を手に入れて満足するのではなく、きちんとその手法を生かせる力をつけましょう。

9割のトレーダーは手法を手に入れたその日から勝てると思ってトレードし、結果がいまいちだからと言って落胆し、次の手法を求めて旅に出ます。

もし聖杯探しの旅に出たくなったら、こちらの記事を読んでみることをお勧めします。

これから聖杯探しの旅に出るあなたに知って欲しい2つのこと

少しくらい回り道をしてもいいです。

あなたの手法を手に入れましょう。

理由3:トレードで最も大事なことがわかっていない

トレードにおいて最も大事なこと。

なんだと思いますか?

・勝率を上げる
・1回のトレードで大きな利益を取る
・無駄なトレードはしない
・休むも相場
・損切り注文を必ず入れておく

全部違います。

これは戦争を例に考えるとすぐわかりますよ。

第二次世界大戦でたくさんの人が戦争へ行きましたが、本人、家族、周りの人たちが望んだことはなんでしょう。

・お国のために精一杯尽くしてきなさい
・アメリカを負かすためにどんな手でも使う

これらは全部違いますよね。

みんなが望んだことはただ一つ、「無事に帰ってくること」です。

これがトレードで最も大事なことです。

どんなに勝率の高い手法を手に入れて、大きな利益を出したとしても、結局帰ってこれなかったらダメなんですよね。

トレードで帰ってこれないというのは、資金をなくすこと。

つまり、退場することです。

途中にどんなにすごいトレードをしたとしても、最後に退場したら結局0です。

泥臭くてに小さな利益を積み重ね、コツコツ頑張って最後まで資金を無くさずにトレードができれば、勝ちなのです。

9割の負けトレーダーは勝つことばかり考えます。

どうやったら勝てるのだろうか。
どうやったら勝率を上げることができるだろうか。
どうやったら月利30%を達成できるだろうか。

もちろんこれらを考えるのはとても大事なことです。

手に入れた手法を磨いていくためにはこれらのことを考える必要があります。

しかし、そればかりだといつか退場します。

退場しないことを頭の片隅に置くのではなく、真ん中に入れておく必要があります。

勝率とか利益の大きさは気にしなくても勝手に考えています。

これらを考えるのではなく、本当にこのトレードで退場しないか、を頭の真ん中で考えるようにしましょう。

そのためには資金管理が重要な意味を持つのですが、まずは毎回のトレードで損切りをどこでするかを決めることで大体の問題は解決できます。

損切りに関してはこちらに詳しくまとめました。

根拠のある損切りをしろ!目安になる2つのラインの決め方

まとめ

9割のトレーダーが負け組で、1割しか勝ち組に入れない理由がわかりましたか。

まとめると、トレードの世界は1週間やそこらで上れるほど甘い山ではないということ。

そして、あなたが持っている手法をあなたのものにするために、どのくらいの練習をしたか、期待値はどのくらいかわかっているか。

時間をかけても本当のあなたの手法を手に入れること。

期待値を高めても退場したら意味がないので、そうならないためにしっかり1回のトレードの損切りを決めて、トレードを行うこと。

これらができれば、少し時間はかかるかもしれませんが、一生稼げる力を身につけることができます。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*