これからFXを始める初心者が準備すべきトレードに必要な3つのもの

Pocket

今回は僕が普段FXのトレードで使っているものを紹介していきます。

これからFXを本格的に勉強していこうと思っているなら、まずこれから話すものは最低限準備しておくべきです。

逆に言うと、これから話をするもの以外は必要ないので、気にしなくていいです。

FXを始めようと思ったときに何が必要で何が不必要かは、それなりに経験のがあれば自分で判断できますが経験が浅いと、あれも必要だしこれも必要なのでは?となってしまい本当に必要なものが何なのかを見極めるのは難しいです。

こういうどうしたらいいのかわからない、という状態を経験するのもありですが、あーでもないこーでもないといろいろ考えるのは、メタトレーダー4を前にしたチャート分析においてすべきことであり、トレードに必要なものを準備するために頭を悩ませるのは時間の無駄です。

なので、僕がトレードする上で、もしくは検証をする上で絶対に外せないと思っているものを一通り紹介しようと思います。

これらをそろえてしまえば、後はチャートからいろいろなことを読み取るトレードスキルを身につけることに専念して大丈夫です。

1時間もあれば全ての準備は整いますので、是非参考にしてみてください。

FX初心者に準備してほしいトレードに必要な3つの道具

僕が日々トレードに使っている3つのものとは何か。

・世界標準のメタトレーダー4
・スムーズにエントリーできるリアルトレード用口座
・ダウ理論トレード手法

この3つだけです。

僕はFXでトレードして勝つために必要なものはそこまで多くないと思っています。

たくさんの道具を手にしてしまうと、本当に大事なものを見失ったり、大切なものの役割があやふやになってしまったり、トレードに悪影響しか与えません。

だからこそトレードで使う道具は、本当に必要なものだけを手元に置いておくべきであり、それを何のためにどうやって使うのか、役割をしっかりと明確にしておく必要があります

そして、今話した3つは僕が実際にトレードするときに余計なものを全て削ぎ落とし、本当に必要だと判断したものです。

まず準備すべきものはチャート分析をするのに絶対必要なメタトレーダー4ですね。

『メタトレーダー4はもうパソコンに入っているよ』という方も多いでしょう。

しかし、あなたのメタトレーダー4は本当に大丈夫ですか?

一口にメタトレーダー4と言っても、証券会社によってローソク足の形が異なります

つまり、他のトレーダーと見ているチャートの形が違う、ということが普通に起こり得るのです。

世界のトレーダーたちと同じチャートを見るためにどんな基準でメタトレーダー4を選べばいいのか、こちらにまとめましたので、まずはチャート分析に必須のメタトレーダー4を準備しましょう。

FXのトレードスキル向上に絶対必須なメタトレーダー4の選び方

で、メタトレーダー4はパソコンに入れるだけでも、チャートを表示して相場分析することができます。

しかし、最初に入れておくと後々とてもチャート分析が便利になるインジケーターがあります。

メタトレーダー4の準備ができたら、それと一緒に便利なインジケーターも入れてしまいましょう。

ここで紹介しているインジケーターは本当に便利で、これからあなたが時間をかけて勉強していくチャート分析スキルを一気に引き上げるのをサポートしてくれます。

メタトレーダー4に今すぐ入れるべき強力な3つの無料インジケーター

さて、ここまででメタトレーダー4に必要な準備が一通りできたら、実際のトレードを行うためのリアルトレード口座の準備です。

メタトレーダー4の役割はあくまでもチャート分析がメインで、僕はエントリーにスマホアプリを使っています。

『メタトレーダー4じゃリアルトレードはできないの?』と思ったかもしれません。

もちろんできます。

ではなぜ僕がメタトレーダー4からではなく、他の証券会社からスマホを使ってエントリーの注文を出しているのか?

理由は簡単で、メタトレーダー4を使うよりもスピーディーで正確な注文を出せる、便利な取引ツールを開発している証券会社があるからです。

ただ、そこの証券会社では残念ながらメタトレーダー4を取り扱っていないので、メタトレーダー4は別の証券会社のを使っているのです。

最終的にメタトレーダー4で注文を出すのか、スマホアプリから注文を出すのかはトレーダー個人の好みなので、両方を試してみて自分にしっくりくる方を採用してもらえればと思います。

リアルトレード用の証券会社をどういう基準で選べばいいかはこちらに詳しくまとめてあります。

FX初心者が口座開設で失敗しない自分に合った証券会社の選び方

で、僕がF-pediaのサイトで推奨しているダウ理論トレード手法でエントリーするときに使用している証券会社は、使い方と一緒にこちらで詳しく話しています。

FXで資金10万円以上あればスマホアプリが便利な証券会社を選べ

さて、ここまででチャート分析をするためのメタトレーダー4と、リアルトレードの注文を出す証券会社の口座の準備ができました。

これでトレードするための準備はできましたが、焦ってトレードを始めてはいけません。

もしあなたがFXをする目的が確実に自分の資金を増やすことではなく、お金が増えたり減ったりするギャンブルの高揚感を味わいたいのであれば、好き勝手に売買を繰り返せばいいです。

しかしギャンブルの高揚感ではなく、資金を着実に増やしていくことがFXをする目的なのであれば、どういう場面でエントリーすれば勝ちやすく、どういう場面は負けやすいのか、これらを学び自分で判断できるトレードスキルを身につける必要があります

そのために必要な武器が3つ目のダウ理論トレード手法です。

チャート分析のためのメタトレーダー4と、トレードするためのリアルトレード用の口座の準備ができたら、最後にFXで勝つために絶対に必要なトレード手法を自分のものにしなければいけません。

そして、このトレード手法は一度目を通せば理解できてその通りにエントリーできるというものではありません。

手法を理解するためにはトレード手法を何度も繰り返し勉強するのはもちろん、同時に自分でチャートを見て検証を行い、最終的にはどこでエントリーするのかを自分の力で判断できる相場分析力が必要になります。

最後のピースであるトレード手法、シンプルで強力なダウ理論トレード手法についてはこちらにまとめてありますので、じっくりと身に着けましょう。

FX初心者がダウ理論だけで150pips獲る再現性の超高いトレード手法

これからFXを始める初心者が準備すべきものまとめ

今回はこれからFXを始める初心者が最初に準備しておくべきものを紹介しました。

それらは、
・世界標準のメタトレーダー4
・スムーズにエントリーできるリアルトレード用口座
・ダウ理論トレード手法

この3つです。

最初の2つはすぐに準備できるものなので、今すぐ準備することをオススメします。

そして、最後のダウ理論トレード手法は、メタトレーダー4のチャートを見て相場を分析するスキルです。

メタトレーダー4でチャート分析を行い、どういうところでエントリーすればいいのか、どういうところではエントリーを避けたほうがいいのか、これらを読み取れるようになる必要があります。

これからFXを1からじっくり勉強していくなら、こちらの記事も参考になると思いますので読んでみることをオススメします。

全くのFX初心者が3ヶ月で勝ちトレーダーになるために必要なこと

Pocket

高勝率リアルタイム相場分析配信&勝ちトレーダーの頭脳をインストールする読者限定レポートプレゼント

僕の頭の中をお見せします。


僕が日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

トレードで高い勝率を実現するためには、正しい分析が必要です。

では、その正しい分析とは何なのか?

既にサイトで公開をしているシンプルで超強力なトレードルールを基に、チャートを前にどう分析すればいいのか。

正しい相場分析とは一体どういうものなのかをお見せします。

僕の分析を元にトレードして勝ってもらうのはもちろん、最終的にはあなた一人でも僕と同じチャート分析ができるように、そのために必要な知識、考え方をレポートやメールマガジンで詳しくお伝えしていきます。


『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
『思うようにトレードで勝てない・・・』
『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』


こんなふうに思っている人には、目からウロコな話ばかりなのでオススメです。

具体的に得られるものの一部を紹介します。


▼登録すると得られるもの▼

・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
・秘密のメールマガジン



メールに登録してくれた人限定で、これらをテーマにしたレポートを作り出来上がり次第プレゼントしようと思っています。

あ、一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。











SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*