FXのトレードにおいて入口と出口はどっちも大事じゃない

トレードする上で必ず一度は考える問題に、入口と出口のどっちが大事なのかがあります。

今回はこの問題について考えたことを書いていきます。

結論を先に行ってしまうと、入口か出口どっちが大事なのか、という答えにはなっていません。

成行注文をずっとしていて勝てていないなら、入口か出口かを考えても一向に問題は解決しません。

読み進めていけば、どの辺に注意してトレードしなければいけないのかも話しているので参考にしてみてください。

トレードにおいては入口より出口の方が大事!!??

トレードで入口と出口の話になると結論としてよく聞くのは、「入口より出口の方が大事だよ」ですね。

この結論になる理由は簡単で、そもそもトレードには必勝法があります。

言いますよ。

トレードにおいて、必ず勝つためにすべきこと、それは、
誰よりも長くポジションを保有すること、です。

もし、あなたが買いポジションを持っていたら、その反対側にいる相手より長くポジションを持っていれば、チャートは上昇し、あなたのポジションには利益が出ます。

だから、相手よりも長くポジションを持っているためにも、入口より出口の方が大事だ、と言われるんですね。

極端な話、どこで買ってもいいから、そのポジションを手放さなければ、含み損を抱えたとしても、いつか戻ってくる日までポジションを持ち続ければ(つまりエグジットしななければ)、このポジションが損になることはないのです。

このようなことから、入口より出口の方が大事だ、言われることがあります。

じゃあ、この一般的に言われる結論「入口より出口が大事」というのは果たして正しいのか。

もしかしたらこれは正しいのかもしれません。

しかし、これを知ったところであなたが勝てるようになるか、と言ったら、それはまた別の話ですよね。

そもそもなんで入口と出口どっちが大事かを知りたいの??

少し話は戻りますが、そもそもあなたはなぜ、入口が大事なのか出口が大事なのかが気になるんですか?

ただ結論が知りたいだけではありませんよね。

結論を知ることで、勝てるようになりたいんですよね。

要は、入口と出口のどっちが大事かがわかれば、これからよりどっちを意識すれば勝ちに近づけるのか、このために知りたいんですよね。

入口と出口どっちが大事なのかを知ることで、勝てるようになるのか。

これは簡単でなりません。

入口と出口のどっちが大事かということが仮にわかったとしても、あなたのトレードにはなんら影響はありません。

あなたがトレードで勝つために、入口と出口どっちが大事か??

このような問いかけになると、また答えは変わってきます。

この場合の答えは、どっちも大事だけどどっちも大事じゃない、です。

ちょっと一つずつ話していきますね。

まず、どっちも大事、ということについて。

エントリーとエグジット、つまり入口と出口を考えるとき、こんなことを思いますよね。

いいところでエントリーできて、エントリーしてすぐ利益が出ても、エグジットのタイミングを間違えると、タイミングが良ければ利益になったトレードがトントンか損切りになってしまう。

エントリーにはそこまで気を使わなくても、利益が出ているところでエグジットできれば、そのトレードはプラスになる。

前者で考えれば、入口より出口の方が大事で、後者のように考えれば、エントリーよりエグジットが大事だなと思う。

つまり、トレードで勝つためにはどっちも大事、となります。

最初にも触れましたが、結局入口と出口のどっちが大事なのかがわかっても、あなたのトレードには何も影響を与えないんですよね。

今まで入口と出口のどちらが大事かを考えることで、あなたはエントリーについてどうしたらいいのか、どうしたらよりエントリーの精度が上がり、勝ちにつながるのか、を考えていましたよね。

ここからがあなたのトレードに関わる話になります。

エントリーとエグジットは利益と損のせめぎ合い

エントリーする際、入口で考えることと言ったら、「ここでエントリーするのは早すぎてすぐに含み損を抱えることにならないかな」もしくは「ここでエントリーするのは遅すぎて、すぐに戻ってきて含み損を抱えるのではないか」この辺りですね。

また、エグジットのときは、利益が乗っていれば「早く利益を確定させたいから、大きくなくていいからエグジットして利益を確定させたい」こんな風に思うのではないでしょうか。

人間はエントリーする時、エグジットする時、このように感情が動かされます。

勝手にいろんな思いがこみ上げてくるんですね。

そして、この感情にそのまま従うことで、利益になるものが損切りになったり、本来もっと取れた場面で利益を小さくさせてしまうのです。

トレードで勝つためには、こういうことがあってはいけません。

つまり、感情に流された行動をしてはいけないのです。

じゃあ、このような感情に流された行動は、どうして起こってしまうのかというと、一番の原因は成行注文にあります。

指値などの注文ではなく、成行で自分でマウスをクリックしてエントリーもしくはエグジットをすることが、感情に流されたトレードをする最大の原因なのです。

勝ちトレーダーになるために、成行注文をやめる

この感情に流されたトレードをしないために最も効果的な方法は、成行注文をやめてエントリー、エグジットの両方を事前の予約注文で行うことです。

こうすることで、感情に流されないというメリットがありますが、他にもメリットがあります。

例えば、いかに自分のエントリーとエグジットがあいまいなものだったかがわかります。

予約注文をするとなると、なんとなくエントリーすることができなくなります。

しっかりと根拠のあるところじゃないと注文をいれられないので、なんとなくこの辺、と予約注文を入れることになるなら、エントリーを見返す前に、トレードロジック自体をしっかり見直す必要が出てきます

このように、予約注文にすることで、あなたが勝ちトレーダーに足りないものが見えてきます。

ぜひ、勝ちトレーダーに一歩でも近づくために、成行注文をやめてみてはどうでしょう。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*