FXでトレードの恐怖心をやわらげるとってもシンプルな方法

今回はトレードをしているときにでてくる恐怖心、別の言い方をすると迷い、について話していこうと思います。

トレードが思ったようにうまくいってないなら、おそらくポジションを持とうとするたびに、恐怖に襲われていると思います。

恐怖、迷いを克服し、トレードで思う結果を残せるようにしましょう。

トレードで感じる恐怖とは

今回話す恐怖というのは、こういうものです。

例えば普段デイトレードを行っていて、1時間足と5分足をメインに使っているとしましょう。

1時間足で相場の流れを見て、5分足でエントリータイミングをとる。

まず1時間足を見て、今エントリーしていいのか見送るべきなのかを判断します。

この段階で恐怖は訪れます。

本当にエントリーしていいのか?まだエントリーしないほうがいいのではないか?もう少し様子を見たほうがいいのではないか?

こういう迷いとも言える恐怖です。

そして、とりあえずエントリーすることに決めて、次に5分足を見ていく。

どこでエントリーするのか、エントリータイミングをとりますが、ここでも迷いが起こります。

ここで本当にエントリーしていいのか。もしかしたらエントリーしたらそこでトレンドが終了して、含み損を抱えることになるんじゃないか。

このような恐怖を感じているのであれば、しっかり克服しなければ、トレードで安定して利益を上げるのは難しいです。

じゃあ、この恐怖を克服するためにどんなことをすればいいのか?

恐怖の原因はもろいトレードルール

目の前の相場を見て、最終的にはエントリーするかしないかの二択を迫られたときに、正しい判断ができないのはあなたのトレードルールがもろいからです。

どうなったらエントリーするのか、どうなったらエントリーを見送るのか。

ここが明確にできていない、だからいざとなったときに迷いが発生し、それが恐怖へと変わります。

そこで、最も簡単な対処法は、トレードルールを見直すことです。

まずは紙にでも書き出してみることをオススメします。

どうなったらエントリーするのかを、見るべき時間足と、条件を書いていく。

ほとんどの場合は、このトレードルール自体がもろく、それだけじゃ動いている相場で正しい判断ができません。

ただ書き出しただけではあなたのトレードルールになにが足りないのかがわかりません。

そこで、トレードルールを書き出すのと同時に、エントリーするときに感じた迷いも書き出してみてください。

どこで迷いが生じたのかがわかれば、それをなくすために、トレードルールをどう強化したらいいのかがわかります。

結構地道な作業ですが、こうやってあなたのトレードルールを少しずつ強化していくことで、トレードするときの恐怖は無くなっていきます。

さらにトレードルールを強化するために

さらにトレードルールを強化し、トレードするときの恐怖を、自信にするために、こういうときは気をつける、という情報を足すことをオススメします。

例えば、1時間足で相場の全体の流れをつかむとき、1時間足である条件を満たしたらエントリーする、とします。

このときに「ある条件のときは絶対にエントリーしてはいけない」という条件を付け足します。

たったこれだけですが、トレードに余裕ができます。

ただ、今話したような条件は実践を積み重ねるか、過去検証をする中でしか見つけることができません

FXで勝っている人に教えてもらうというのもいいのですが、ぜひあなたが思った迷いをどうやったら解決できるか、を自分の手で見つけて欲しいと思います。

と言ってもそこまで難しいことではなく、どういうときにうまくいくのか、どういうときにうまくいかないのか、をチャートをみて決めるだけです。

実際にやってみると、楽しい作業だったりしますよ。

このように、あなたのトレードルールを強化していくことで、エントリーで感じていた恐怖や迷いは、自信にすることができます。

まとめ

エントリーするとき、ここから相場がどう動くのかはわかりません。

過去のチャートであれば先が見えるので怖くありませんが、リアルチャートを前にすると、右側は見えないわけで、その中で自信を持ってエントリーする必要があります。

そこでつきまとう恐怖を克服しないことには、常に自信のないエントリーになってしまい、上達も遅れてしまいます。

もしトレードで常にこの先相場はどう動くんだろう、という恐怖を持っているなら、まずはあなたのトレードルールを強化することで、恐怖を克服しましょう。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*