FXで勝てる検証とは?いつまでも勝てない原因は検証のやり方にある

Pocket

今まで多少なりともFXを勉強してきたなら、あなたはFXで勝つためには検証が大事だということに薄々気が付いているかもしれません。

僕の周りにいるトレーダー仲間はみんな『FXで勝てるようになるためには「検証が大事」「検証が大事」』と口をそろえて言います。

一緒にチャートを見て相場分析の話をしてたり意見を交換するときは必ず「検証した結果、こういうところは大きく伸びやすい」みたいな話が出てきます。

そんな勝っているトレーダーたちが大事だと口をそろえる検証ですが、偶然何かの拍子に検証の重要性に気がついたとしても、多くの人はチャートを目の前に検証をしようとした途端に「あれ?検証ってなにをどうすればいいんだろう?」と手が止まってしまいます

あなたもこんな経験があるかもしれません。

今回はFXで勝つために必須とも言える検証について、検証とは一体なんなのか?なんで検証が大事なのか?という話をしていきます。

検証の重要性はわかっているけど、チャートを目の前にして何をどうしたらいいのかわからない、手が止まってしまうのであれば今回の記事を繰り返し読み込んでください。

FXで検証と言ったらなにをすればいいのか?どういうことを考えなければいけないのか、これらのイメージがはっきりします。

FXで勝てるようになる検証と、いつまでも勝てるようにならない検証について具体的に話をしていきます。

トレード手法を手に入れてもそれだけじゃ勝てないのがFX

あなたがFXを始めた時、おそらく最も関心があったのはトレード手法だったでしょう。

相場から安定して利益を上げられるトレード手法は何なのか。自分にピッタリのトレード手法は何なのか。このことばかりを考えて、実際に探していたと思います。

トレード手法とは言ってしまえば、どういうところでエントリーしたら勝てるのか?を文字にしたものです。

もちろんFXの世界で安定した成績を出していくために、優位性のあるトレード手法に沿って一貫してエントリーしていくことは絶対に外せません。

これなくしてFXで勝ちトレーダーになるのは不可能だといい切れます。

しかし、実際に何かしらのトレード手法を手に入れてエントリーしても、それだけでは満足に勝てるようにならないのがFXの世界の現実です。

相場の気まぐれで一定数の人は、FXを始めたばかりの時期に勝てることはあります。

これはその人にトレードの実力があるから勝てるのではなく、単なるまぐれです。

それはビギナーズラックと呼ばれます。

2〜3日で数十万円から、人によっては資金を倍近くまで増やすこともあります。

しかし、ビギナーズラックを経験した大半の人の末路は同じで、稼いだ利益の大半を吐き出すか、もしくは稼いだ利益以上の損失を経験します。

そして気がつくのです。

自分はしっかりトレード手法通りにエントリーしていたつもりだけど、こんなに簡単に稼ぎ続けられるほど、FXの世界は甘くないか、と。

そして、ここがトレーダーとしての分かれ道になります。

ある人は「FXって簡単に稼げるから始めたのに、簡単に稼げるなんてウソじゃないか。こんなの絶対稼げるようにならない、もうやめよう」と言ってFXの世界から退場し、ある人は『FXは確かに簡単に稼げるものではない。でもしっかり経験を積めば稼げるようになる可能性は十分ある。自分の将来のためにもがんばって勝ちトレーダーを目指そう』こう考える人がいます。

FXに可能性を感じて、じっくりとFXに取り組み、勝ちトレーダーを目指そうと心に決めて再スタートを切った、そんな人の前に次に現れるのが検証です。

FXで勝ちトレーダーになるために必須の検証とは何なのか?

FXにおける検証とは何か?

『過去のチャートを見て自分のトレード手法だとどういう所でエントリーできるかを探すことが検証だ』

『勝ちやすいところ、相場が大きく動くところがどういう動きをしているかを過去のチャートから見つけることが検証だ』

『自分のチャート分析通りにトレードして本当に勝てるか、優位性を確認するために過去のチャートを使って検証する』

『トレード手法をより良いものにするために、テクニカル分析ツールを使いどう組み合わせればより勝率の高いエントリーができるようになるかを、過去のチャートから検証する』

こんな風にFXにおける検証とは何か?ということを考えるといろいろなものが出てきます。

これらは検証という大枠で考えればすべてが正解です。

しかし、残念なことにこれがわかったところで、メタトレーダー4のチャートを前にして正しい検証をするのはほぼ不可能です。

例えばこのサイトで推奨しているダウ理論トレード手法をあなたが手に入れたとしましょう。

「よし!FXで勝つために検証が大事なんだな!じゃあこのダウ理論トレード手法でどういう所でエントリーできるのか、過去のチャートを見て本当に勝てるのか検証してみよう」

こう考えて、過去のチャートで検証を始めたとしましょう。

一通りの期間で検証を行い、「なるほど、ダウ理論トレード手法を使えばこういう所で、こんな風にエントリーすればいいんだな」ということがわかります。

そして次にいざ実践の段階に移ります。

実際に動いているチャートを前にして、ダウ理論トレード手法通りにチャート分析をしていく。

そして実際にエントリーする。

結果どうなるか。

あんなに過去のチャートを使ってどこでエントリーできるかの検証をしたはずなのに、全然勝てるようにならない。

ダウ理論トレード手法という、しっかりと優位性のあるトレード手法を使っているのにもかからわず、結果は散々たるもの。

「しっかり検証をしたはずなのに、何で勝てるようにならないんだろう。」

ここで何で勝てなかったのか原因を考えるのですが、多くの人は自分のメンタルの問題だと考えます。

詳しくは別の記事で書きますが、どこでエントリーできるかの検証をしたのに、全然勝てるようにならない原因はあなたのメンタルではありません。

単に正しい検証ができていないから、自分のエントリーに自信を持てない。

これが検証をしたのに全然勝てるようにならない原因なのです。

つまり、検証したのに勝てない原因の大部分は検証のやり方に問題があり、正しい検証を行うことができれば、どこでエントリーすればいいのか、逆にどういう所ではエントリーしないほうがいいのか、ここに自信を持つことができます

では正しい検証とはいったいどういうものなのかを見ていきましょう?

FXで勝つための正しい検証は相場のクセをつかむこと

さて、ここからが本題です。

FXで勝ちトレーダーになるために必要な正しい検証とはどういうものなのか。

それは、相場のクセをつかむことです。

どういうことか、実際にダウ理論トレード手法を元に話していきますね。

ダウ理論トレード手法がそもそもわかっていない状態だと、なかなか話についてこれないので、先にダウ理論トレード手法がどういうものなのか、ざっくりでも理解しておいてください。

FX初心者がダウ理論だけで150pips獲る再現性の超高いトレード手法

まず最初にダメな例をあげます。

ダメな検証を一言でいうなら、トレード手法通りに何も考えずにトレードすることです。

ダウ理論トレード手法を手に入れて最初にやることは、日足のトレンド判断です。

日足のチャートを開いて波形を描き、どこでトレンドが発生するのか、どこでトレンドが終了するのかを見ていきます。

そして、例えば日足でアップトレンドが発生すれば、後は1時間足の形を見て1時間足でもアップトレンドが発生するところでエントリーしよう、となります。

これはダウ理論トレード手法を学んだ人なら当たり前のことです。

でも実際に日足でアップトレンドになって、1時間足でもアップトレンドになった所でひたすらエントリーしていては全然勝てません。

日足がアップトレンドだからといって、1時間足でアップトレンドになるところでひたすらエントリーすると言うのは、絶対にやってはいけないことです。

良くてトントンですが、ほとんどの人はこの通りにエントリーしたら確実にマイナスになるでしょう。

このトレード手法通りにエントリーしても勝てるようにならない原因が、相場のクセがつかめていないからであり、相場のクセを全く無視しているからなのです。

じゃあ、相場のクセをしっかりつかんで、エントリーするとはどういうことなのか。

ここからはチャートを使いながら話していきますね。

こちらは少し前のドル円の日足のチャートです。

この場面はドル円の日足はアップトレンドです。

さっきダメな検証の例として、日足がアップトレンドなら後は1時間足の形を見てアップトレンドが発生すればどこでエントリーしてもいいのか、という話をしましたが、それではダメです。

じゃあ日足がアップトレンドになっていることを確認したら、ここからどうトレードしたらいいのか?

この場面はちょうどドル円が日足で上に伸びた直後であり、このまま飛び乗るのはいいトレードだとはいえません。

ここで考えるべきことが相場のクセです。

相場の本質と言い換えてもいいでしょう。

今までに何度も話をしているので、分かる人はわかるでしょう。

この場面で考えるべき相場のクセ、相場の本質は何か?

それは、『上がった相場は下がる』です。

この上がった相場は下がるという相場の本質については、こちらの記事で詳しく話をしています。

FXの勝ちトレーダーに共通した必勝エントリーポイントとは

1回のトレードで100pips以上狙えるおいしいエントリー場面

この上がった相場は下がるという相場の本質を考慮すると、直前で大きく上昇したならそこから下がるのを待つ、という戦略がとれます。

しかしここの時点では、上がった相場は下がるけど、いつから下がるのか?どこまで下がるのか?これらを完全に予測することはできません。

だから、僕はこの先の相場の動き、ちょっとした先のシナリオをこのように立てました。

これは僕が実際にリアルタイム相場分析のメールマガジンで配信したものです。

まだ登録してない人は、このメールマガジンで日々の相場分析をチャート付きで、しかも無料で配信しているので、登録しておくことをオススメします。

で、エントリーを狙う場面というのは星印をつけたところです。

ちなみにこの後のドル円の日足のチャートはこのように動きました。

僕が立てたシナリオの上昇のパターンですね。

上昇したら、そこから下がってきてエントリーできるタイミングを見計らうのがダウ理論トレード手法の基本戦略です。

FXで勝つために必須の検証まとめ

検証についてよくいただく質問にこんなものがあります。

『ダウ理論トレード手法の条件を満たしているけどエントリーする場面としない場面がありますが、それはなんでですか?』

この質問に対する答えが「相場のクセ」をわかった上でトレードしているかどうか、なのです。

そして、相場のクセがわかることで、こういう場面はエントリーしないほうがいいな、とかこういう場面はガンガンエントリーしていいな、というのがわかってくるのです。

更に突っ込んだ話をすると、保有しているポジションをどこまでなら持っていて良くて、どうなったらポジションを解消したほうがいいか、この辺も相場のクセがわかるようになると自ずとわかります。

この相場のクセが相場の本質であり、相場のリズムであり、波形であり、チャートパターンなのです。

チャートを見て検証する時は、ただチャートを眺めているだけではいつまでたっても勝てるようになりません。

正しい検証をして勝ちトレーダーになるためにどんな検証をしていけばいいのか、必要なことをこれから具体的に話をしていきます。

Pocket

高勝率リアルタイム相場分析配信&勝ちトレーダーの頭脳をインストールする読者限定レポートプレゼント

僕の頭の中をお見せします。


僕が日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

トレードで高い勝率を実現するためには、正しい分析が必要です。

では、その正しい分析とは何なのか?

既にサイトで公開をしているシンプルで超強力なトレードルールを基に、チャートを前にどう分析すればいいのか。

正しい相場分析とは一体どういうものなのかをお見せします。

僕の分析を元にトレードして勝ってもらうのはもちろん、最終的にはあなた一人でも僕と同じチャート分析ができるように、そのために必要な知識、考え方をレポートやメールマガジンで詳しくお伝えしていきます。


『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
『思うようにトレードで勝てない・・・』
『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』


こんなふうに思っている人には、目からウロコな話ばかりなのでオススメです。

具体的に得られるものの一部を紹介します。


▼登録すると得られるもの▼

・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
・秘密のメールマガジン



メールに登録してくれた人限定で、これらをテーマにしたレポートを作り出来上がり次第プレゼントしようと思っています。

あ、一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。











SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*