日足の波形から勝率の高い場面を事前に見つけ狙いを定める方法

Pocket

今回は実際のチャートを使いながらダウ理論のトレード手法をマスターして勝ち続けられるようになるためにとても重要な波形のとらえ方について話をしていきます。

波形をしっかりとらえられるようになると、日足で勝ちやすいところがどこなのか事前に狙いを定めて自信を持って待つことができるようになります。

今回は、波形をとらえるときのコツはもちろん、事前に勝ちやすいところに狙いを定めるためにどうすればいいのかを実際のチャートを使って話していきます。

ダウ理論のトレード手法は、日足と1時間足を使ってダウ理論のトレンド判断ができればエントリーして勝つことができます。

しかし、前もってこの辺が勝ちやすい、この辺は負ける可能性が高いというのがわかれば、より精度の高い勝率の高いトレードをすることができるようになります。

そんな方法を今回は紹介します。

日足の波形のとらえ方でトレンドが変わる

さて今回は日足に絞って話をしていきます。

日足を使って何をするかと言ったら、トレンド判断を行います。

トレンドが上なのか下なのか、トレンドが発生していないのかによってその通貨がトレード対象になるかどうかが決まるので、ここはとても大事なところですね。

で、日足のトレンドがどうなっているかを判断するために何を見るのか。

日足を見るのは間違いないのですが、日足の特に波形に注目する必要があります。

で、今回は波形のとらえ方で日足のトレンドがどう変化するのかを説明していこうと思います。

なかなか日足でトレンドが把握できない、もしくはトレンドがどっちなのか自分の判断に自信が持てない、と考えているのであればぜひ波形に注目して相場を見てください。

今回メインで説明するのはオージードルです。

なのでまずはオージードルの日足を見ましょう。

さて、このチャート今回エントリーできるところの紹介なので結論から言うとトレンドが発生しています。

ただどこでトレンドが発生しているのかは人によって意見のわかれるところです。

まずは僕が今回どんなふうにこのチャートを分析したかを見てみましょう。

ぜひご自身で一度トレンド判断をしてから先を読み進めてくださいね。

まず波形を描きます。

で、ハッキリ言ってこの波形を描く作業が終わってしまえばあとはダウ理論にもとづいて押し安値を破ったとか高値更新したとかを一つ見ていくだけなので、この波形を描くことが一番最初にしなきゃいけないことであり、トレンド判断をする上で最も重要なことなのです。

この波形の描き方が異なれば当然トレンドはぜんぜん違うものになりますので、波形をいつもいい加減に引いているなら、まずは最初にすべき波形をしっかり描けるようになりましょう。

では僕が描いた波形はこちらです。

この波形を描き終わればあとは機械的に高値や安値を超えているかどうかを見るだけです。

で、トレンド判断をする前に少し話しておきたいことがあります。

波形のとらえ方でトレンドが変わるということに関してです。

僕は今回のチャートではいまさっき示したように波形を描きました。

しかし、もしある1つの部分で波形の描き方がちょっと違うだけで、トレンドはぜんぜん違うものになってしまいます

このある部分とはどこなのか。

ここです。

この部分をどうみるかで、これから紹介する場面でエントリーするかしないかが異なってきます。

つまり、ある人の波形の描き方だとエントリーチャンスはないと判断し、ある人の描き方だとエントリーチャンスがあると判断するのです。

もしこの場面を僕が波形を描いたようにとらえずに下から上までを一波でみたら。

こうなりますね。

緑の先のところをさっきはジグザグした波形としてとらえました、ここでは一本調子に上がっていったと見ています。

で、もし緑の線のように一本だと考えトレンド判断をしたなら、この場面ではエントリーしないという決断をするのが正しいのです。

だから、僕と見方が違うからといって心配する必要はなく、ここを一波でみたらエントリーしない、で全然いいのです。

大事なことなので何度も繰り返しますが、やっちゃいけないのは「ここをあとから見たらいい感じに下がって日足でダブルトップになっているからエントリーできたじゃないか」という判断をすることです。

これは最も意味のないチャート分析です。

このあたりの意味のあるチャート分析と全く意味のないチャート分析、別の言い方をすればトレーダーとしてのスキルを上げられる意味のあるチャート分析をするためにどうすればいいかは別途近いうちに記事にしたいと思っています。

で、ここの波形のとらえ方が違うことで、トレンド判断にどんな影響をおよぼすのかは後で具体的に比較して話していきます。

なので、両方のチャートでトレンド判断をして、この2つがどう異なるのかも考えながら記事を読み進めてくださいね。

ということで、話を少し戻して日足のこのチャートのトレンド判断をしていきましょう。

もう一度日足でどんな波形を描いたかを出しますね。

さて行きましょうか。

まずこの星のところでアップトレンド発生として話を始めましょう。

押し安値は赤丸です。

ここから高値を更新できず(アップトレンド継続できず)に落ちてきてここでアップトレンド崩壊です。

戻り高値が青丸に発生します。

でここでダウントレンド発生です。

ダウントレンド発生とともに戻り高値が一段下に移動します。

ここからダウントレンドを継続することなくトレンドを崩壊しにいきます。

結構上行ったりした行ったりで動きが激しいですね。

ここでダウントレンド崩壊、赤丸の押し安値が発生します。


で次の高値更新でアップトレンド発生です。

同時に押し安値も一段上に移動します。

そしてまたすぐにアップトレンド崩壊です。

戻り高値ができますね。

そして次にもう一度安値を更新したところでダウントレンド発生です。

戻り高値も移動してます。

とりあえず分析はここまでにしましょう。

この時点でオージードルの日足のトレンドはダウントレンドです。

まあその先も戻り高値を破られていないので、ダウントレンド継続中と見ていいでしょう。

さてではさっき少し出したチャートを見ていきましょうか。

こちらのチャートです。

このチャートのトレンド判断していきましょうか。

途中まではさっき説明したものと同じなので、ここから説明していきます。

ここでダウントレンド崩壊で押し安値が出現します。

ここから赤い丸の押し安値の最安値を実体で抜けるか、緑の先の高値を実体で抜けないことには何も変化はありません。

そして、このどちらかを抜けたのがここです。

ここで安値を抜けたので押し安値がなくなり、戻り高値が出現しただけです。

つまり、トレンドは発生していません

ではちょっと話しを整理するために2つのチャートを並べて見ましょうか。

緑色の波形より右側に絞って見ます。

僕の波形のとらえ方でチャートを見るとこうなります。

一方もう一つの波形のとらえ方で見るとトレンドはこうなります。

片方はトレンドが発生しているけど片方はトレンドが発生していない、という判断になります。

日足で波形を描き勝ちやすいポイントを見つけるときのコツ

さてこれらの話を踏まえて、日足で波形を描き勝ちやすいポイントを見つけるときのコツをお話したいと思います。

まず波形を描く時にちょっと注意しなければいけないところは決まっています。

それは大きく相場が動いたところです。

今回の場所だとここです。

この大きく上昇したところをいくつかの波で見るか一つの波で見るかでその後のトレンド判断が変わります。

で、僕はこういうふうに大きく動いたところはなるべく細かく波形を見るようにしています

というのも結局ここを大きく1本の線として見てしまうと、この安値か高値を更新しないことにはダウ理論のトレード手法ではいつまでたってもエントリーできないからです。

日足でトレンドが発生しないから、1時間足がどうなってもそんなことは関係なくエントリーできないですよね。

でもこの大きく動いた部分を細かい波形で見ると、トレンドの移り変わりが早く、エントリーポイントを見つけることができるのです。

なんでこんな話をしているかというと、ここが理解できると僕が利益を上げたいと思っているところ、勝率の高い狙っているところがわかるからです。

まずいまの相場はこの辺りで動いている、というのを理解します。

で相場がどこまで戻ってくる(上昇してくるのか)をみます。

そしたら、この赤い矢印のところまで上昇してきました。

こうなったら、どの辺りで相場が動いているのかという範囲を少し縮めます。

この場面ではだいたい相場がこの範囲内で動いているなというのがわかります。

だいたいこの赤い矢印の幅の中で動いているな、と見れます。

そして、僕が狙いたい部分というのはここなのです。

この紫の矢印のところです。

で、今回エントリーできた場面がまさに今話したところなのです。

勝率が高く僕がダウ理論のトレード手法で狙っているのはこういうところです。

まずは相場が大体この範囲内で動いているなということを理解して、その中でも特に動き出しの初動のさらにその一部分を狙いに行くのです。

ここですね

こうやって常に大きな時間足ではどういう流れの中になるのかを意識することで、単に短い時間足で高値が切り上げたから買う、安値を切り上げたから売る、ブレイクしたからエントリーするという短絡的なトレードから卒業することができます。

また別名マルチタイムフレームと呼ばれる複数の時間足を組み合わせて相場分析をする場合の注意点として、見る時間足が多くなればなるほど分析の難易度は高くなります。

つまりたくさん時間足を見れば見るほど、エントリーしたらいいのかしたらいけないのかの判断が難しくなるということです。

日足と1時間足だけを使うよりも、日足と4時間足と1時間足を見るほうが難易度が高いですし、さらに15分足も見るとなれば当然難易度は更に上がります。

こういう理由から難易度を上げずにシンプルにトレードできるようにしたのがダウ理論のトレード手法です。

「4時間足はどんなふうにトレードに使っていますか??」という質問を頂きましたが、僕はそもそも4時間足は見ていません。

もしどうしても見たいというならば見てもかまいませんが、僕は4時間足を見ることでトレードの精度がかなり上がるということを確認しない限り採用しません。

まずは少しずつでいいので、2つの時間足を使って、それぞれがどう連動しているのかを意識して相場の動きを立体的に見れるようになりましょう。

日足の波形から勝率の高い場面を事前に見つけ狙いを定める方法まとめ

今回はオージードルの日足のチャートを使って、日足でどんな場面を狙っているのかを話しました。

ダウ理論のトレード手法は、使うものは日足と1時間足のダウ理論だけととてもシンプルなものです。

しかし、なかなかトレードルールにできない狙っている勝率の高いポイントというのがあり、ここが裁量の部分になります。

つまりたくさんのチャートを見てトレードを繰り返して「こういうところが勝ちやすくてこういうところが負けやすい」というのを理解することがとても大事になります。

今回の話がしっかり理解できれば「こういうところは負けやすいからトレードしないほうがいいな」「ここはだいぶ動いたあとで伸びしろがそこまで大きくないからエントリーしないほうがいいな」というエントリーを避ける嗅覚を養うことができます

また、トレンドの方向へ動き出す初動をしっかり意識した上でとらえることができれば、利益確定をもっともっと先にして1回のトレードでそれこそ100pips以上狙うことも可能になってきます。

こういう意味で今回話したことはとても重要ですので、何度も繰り返し読みしっかり理解してほしいと思います。

Pocket

高勝率リアルタイム相場分析配信&勝ちトレーダーの頭脳をインストールする読者限定レポートプレゼント

僕の頭の中をお見せします。


僕が日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

トレードで高い勝率を実現するためには、正しい分析が必要です。

では、その正しい分析とは何なのか?

既にサイトで公開をしているシンプルで超強力なトレードルールを基に、チャートを前にどう分析すればいいのか。

正しい相場分析とは一体どういうものなのかをお見せします。

僕の分析を元にトレードして勝ってもらうのはもちろん、最終的にはあなた一人でも僕と同じチャート分析ができるように、そのために必要な知識、考え方をレポートやメールマガジンで詳しくお伝えしていきます。


『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
『思うようにトレードで勝てない・・・』
『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』


こんなふうに思っている人には、目からウロコな話ばかりなのでオススメです。

具体的に得られるものの一部を紹介します。


▼登録すると得られるもの▼

・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
・秘密のメールマガジン



メールに登録してくれた人限定で、これらをテーマにしたレポートを作り出来上がり次第プレゼントしようと思っています。

あ、一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。











SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*