エントリー直前に不安と恐怖で自信が持てない原因はメンタルじゃない

Pocket

自分が手に入れたトレード手法で過去検証をしてどこでエントリーできるのかを理解した。

そして、実際のリアルタイムのチャートで分析をして、エントリーできる場面まで相場が来た。

『よし、エントリーしよう!』と心に決めたエントリー直前に、あなたは自信を持ってマウスをクリックすることができますか?

エントリーの直前は自信満々の状態とは正反対で、いつも不安と恐怖で押しつぶされそうになっているのではないでしょうか?

これまでにエントリー直後にすぐに逆行して、最初から含み損を抱えそのまま損切りになった経験をしてきたなら、その記憶が鮮明に記憶にあるぶん、なおさらエントリー直前に襲ってくる不安と恐怖は大きいでしょう。

今話したように、エントリー直前になかなか自信を持つことができず、いつも不安を抱えながら『エントリーしようかな?本当にここで良いのかな?』と考えているなら、自信を持ってエントリーできるようになるために、必要なものは何なのか?ここを具体的に話していきます。

エントリーするときに襲ってくる恐怖を克服したいと思っているなら、じっくりと読み進めてみてください。

エントリー直前に襲いかかる不安と恐怖の正体とは?

今話した、しっかりとチャート分析を行ったのにエントリーが近づくにつれて徐々に顔を出す不安と恐怖の正体は一体何なのか?

それは、エントリーした後の先がどうなるかわからない恐怖です。

チャートの右側が見えない恐怖といってもいいでしょう。

エントリーする時は誰もがそうですが、先が見えていない状態であり、この先相場がどう動くかは後にならないとわかりません。

今話した先が見えていなくて、どうなるかわからないことが不安と恐怖の原因です。

なので、実は解決策はとっても簡単なんです。

相場の先が読めるようになればいい

チャート分析のスキルを身に着けて、相場の先を読めるようになれば、このエントリー直前に現れる不安と恐怖はなくなります。

『いやいや、そんな簡単に言うけど相場の先が読めないから毎回エントリーする度に自信がなくなっていき、不安でいっぱいになるんだよ。どうすれば相場の先が読めるようになるの?』

こう思ったでしょう。

はい。

こういう考えを持っている限り、あなたはFXでいつまでたっても勝てるようにはなりません。

『え!?こういう考えって、いったいどんな考えのこと?』

『自分もFXをしっかり勉強してそれなりの経験を積めば相場の先が読めるようになる』という考えです。

これは絶対に考えを改めてください。

どんなに検証をしたとしても、どんなにすごいトレーダーの話を聞いたとしても、見えていない右側の相場の動きを事前に予測できるようになる日は絶対に来ません

これは、僕だけがそう考えているわけではなく、世界中の全てのトレーダーたちが口酸っぱくして、暗に教えてくれていることです。

世界中のトレーダーがどんなふうに教えてくれているのか?

それは、1回の損失を資金の◯%以内におさえたポジション管理をしなければいけない、という資金管理のお話です。

今までに一度は聞いたことがあるでしょう。

僕が見てきたいろいろなトレーダーの話では、1回の損失は2〜3%以内に抑えるように、という主張の人が多いように感じます。

つまりどういうことかというと、10万円の資金で始めたなら、1回のトレードの損失を2000〜3000円の間になるように損切りまでのpipsとロットを調整しましょう、ということです。

なんでこの資金管理の話が、相場は先が読めないという話の裏付けになるのか?

もし、『絶対に』上にあがるということが事前にわかっている場面があったら、あなたはどうしますか?

その絶対に上がるとわかっているところ以外ではトレードしないで、確実な場面でリスクをめいいっぱい取ってトレードするのではないでしょうか?

負ければ資金10万円が吹っ飛ぶけど、勝てば資金が倍になる。

極端ですが、こういうトレードをするでしょう。

僕の好きな映画、バック・トゥ・ザ・フューチャーでは、悪者役のビフが未来から競馬のレースの結果が載っている雑誌を手に入れて、競馬の着順をあてまくり金を稼ぐシーンが出てきます。

彼は未来から持ってきた雑誌で次のレースの結果がどうなるかわかっているから、リスクについて一切考えることなく、膨大なお金をかけて金を稼ぎまくったのです。

1年のうちたったの1回でも、未来がどうなるかが確実にわかるなら、資金管理なんて考える必要はなく、その1回のチャンスに全てのお金をかければいいのです。

もし相場が現在の値段から上がるのか下がるのかが絶対にわかるなら、彼と同じようにありったけのお金をかけて、孫まで贅沢ができるくらいの財産を作ることが出来るでしょう。

つまり、資金管理を考える必要性は全くなくなるのです。

しかし、世界中の名だたるトレーダーたちは、FXにかぎらず投資をする時は、損失が資金の2〜3%以内に収まるようにしろ、と口酸っぱく言っているのです。

『1年に1回この場面だけは絶対に相場が上昇するから、ここでありったけのリスクを取ってトレードすれば大儲けできる』

こんな言葉は一度も聞いたことが無いと思います。

これはどういうことなのか?

絶対に上がる、という場面が無いから、大穴に資金をつぎ込むのではなく、勝ち負けを繰り返して資金をコツコツ増やさなければいけないよ、という意味なのです。

未来がどうなるか確実にわかる場面は絶対に現れないからしっかり資金管理をしなきゃいけない、ということなのです。

つまり何がいいたかったのか。

とても大事なことです。

世界のトレーダーが資金管理が大事だと言っている背景には、あなたがどんながんばってFXを勉強しても、過去のチャートを前にして検証をしたとしても、エントリーした後に相場が上がるのか下がるのかを事前に予測することは絶対にできない、というメッセージが隠れているのです。

最初の話に戻りますが、エントリー直前にこれから先がどうなるかわからない恐怖や不安でいっぱいになってしまう、これをどうにかするために相場の先を読めるようになりたい。

しかし、今話したように相場の先を読むことは絶対にできないのです。

じゃあ、この不安と恐怖は消すことができないのか?

方法はあります。

それは、シナリオを立てることです。

シナリオを立てる力を身に着け、エントリー直前の不安と恐怖を克服しろ

さて、ちょっと話がややこしくなってきたので、ここまでの話を整理しましょう。

トレード手法を手に入れてどこでエントリーできるかの検証をしても、実際のリアルチャートを前にしてエントリーしようとすると、不安と恐怖でいっぱいになってしまう。

そしてこの不安と恐怖の正体は『相場がどう動くのか、先がどうなるかわからない恐怖』である。

じゃあ先がわからない恐怖をどうにかするために、検証をしっかりしてトレードスキルをつけることで先を予測できるようになろう、と普通は考えます。

しかし、世界中のトレーダーがロをそろえて『資金管理が大事』ということが、相場の世界では先を予測できないことを裏付けているのです。

つまり、どんなに検証をがんばってトレードの経験を積んでもエントリーした後に相場がこの先どう動くのかを事前に知ることは絶対にできないのです。

じゃあどうしたらいいのか。

そのために重要な役割を担うのが『シナリオを作る力』です。

シナリオを作るというのはどういうことか。

これは僕が普段、リアルタイム相場分析のメールで無料で配信しているもの、あれがそのままシナリオなのです。

例をいくつかあげるとこういうもの。

『よし、じゃあシナリオを作ればいいのか』と思ったあなた、ぜひやってみてください。

あなたが『なんとなくこんなふうに動くかな?』と作ってみたシナリオ。

このシナリオはエントリー直前に襲ってくる不安と恐怖を取り除くのに全くもって役に立ちません

むしろ、恐怖をより増幅させるだけです。

僕も相場のシナリオを立て始めたばかりの頃、『本当に自分が立てたシナリオどおりに相場が動くのか?自分の思い通りに相場が動くなら苦労しないよな?』と思っていました。

案の定、自分の感覚で作ったシナリオは全く役に立ちませんでした。

さっき逆に恐怖を増幅する、と言ったのはこういうことです。

自分が何となく立てたシナリオ通りに相場が動くと、不思議と不安になります。

『え、自分の感覚で作ったシナリオなのに、そのとおりになっている、本当にここでエントリーしてこの先も立てたシナリオ通りに動くのかな?』こんな不安が出てきます。

こうして、自分でシナリオを作ったとしても、本当に作ったシナリオ通りに相場が動くのか、不安で仕方なくなってしまうのです。

こういう理由から単に自分の感覚で先のシナリオを立てても、それは全く意味が無いどころかエントリー直前に不安と恐怖を煽るだけで、逆効果になってしまうのです。

じゃあ、どうやってシナリオを作れば不安や恐怖を小さく出来るのか?

作ったシナリオを使い自信を持ってエントリーするために相場のクセを根拠にシナリオを立てられるようになる必要があります

相場のクセを根拠にしたシナリオを作る力を身に着けろ

シナリオを作ろうと思ったら、結局やることはみんな同じです。

『この先相場はこう動くと考えています』

こういうのを作ることがシナリオを作ることです。

で、もちろんどういうシナリオを作るのかはとても大事なことなのですが、より重要なのはシナリオを作った根拠です。

『何でそのシナリオを立てたの?』

この答えに対する回答です。

『なんとなくこう動きそう』

という根拠で作ったシナリオはまったくもって使い物になりません。

そうではなく、
『過去の相場を見てきて、相場のクセを考えるとこういう場面はこう動くことが多い』
こういう根拠を持ってシナリオを作らなければいけません。

こうしたシナリオ作りが相場のクセを根拠にしたシナリオのたて方であり、意味のあるシナリオの立て方なのです。

別の言い方をすれば、勝ちやすいシナリオ、負けやすいシナリオを知るということです。

それなりに当たる相場の先のシナリオを作りたいなら、自分の感覚を信じるのではなく、相場をしっかりみて、どういう動きをするクセがあるのか、相場のクセを根拠にシナリオを作らなければいけません

トレードにおいて信じるべきものは自分の感覚ではなく目の前のチャートの動きなのです。

友人のとある経営者の人が数年前にこんなシナリオを立てました。

『あと数年で動画が身近になり、もっと普及する時代がくる』

まだYoutubeがそこまで認知されていなかった頃、彼はこんなシナリオを立てたのです。

これは、彼が感覚的に出した答えではありませんでした。

しっかりとした根拠があった。

それは『GoogleがYoutubeを買収したから』という根拠です。

まだFacebookが現在ほど大きくなく、インターネットの世界で一人勝ちしていた当時のGoogleの買収は常に注目されていました。

そして現在は彼が作ったシナリオ通り、インターネットの世界では動画が当たり前の時代になったのです。

彼は時代の先を読むために、Googleの行動をみてシナリオを立てた。

僕らトレーダーは、チャートの値動きを見て相場がどう動いたのか、ここを根拠に先のシナリオを立てる必要があるのです。

エントリー直前に襲いかかる不安と恐怖についてのまとめ

結局のところ、エントリー直前に襲ってくる不安と恐怖に打ち勝とうと思ったら、相場の先は絶対に読めない、ということをわかった上で、相場のクセを根拠にしたシナリオを立てられる必要がある、という話です。

で、結局のところ今回の話で何が伝えたかったのか。

『検証って大事なんだよ』
ということです。

過去のチャートを見て行う検証で、相場のクセを1つ1つ理解する努力をして、その相場のクセをしっかりと自分のトレード手法に活かす。

自分勝手に都合よく相場を解釈するのではなく、自分が相場に合わせることが欠かせません。

ここまで出来て初めてFXで勝ちトレーダーになることが出来ます。

そしてこの相場のクセをつかむことが、しっかりと機能するシナリオを作る第一歩であり、そのために絶対に正しい検証が必要なのです。

前回の記事でどういう検証をする必要があるのか?相場のクセってどういうこと?という話をしていますので、こちらも参考にしてみてください。

FXで勝てる検証とは?いつまでも勝てない原因は検証のやり方にある

Pocket

高勝率リアルタイム相場分析配信&勝ちトレーダーの頭脳をインストールする読者限定レポートプレゼント

僕の頭の中をお見せします。


僕が日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

トレードで高い勝率を実現するためには、正しい分析が必要です。

では、その正しい分析とは何なのか?

既にサイトで公開をしているシンプルで超強力なトレードルールを基に、チャートを前にどう分析すればいいのか。

正しい相場分析とは一体どういうものなのかをお見せします。

僕の分析を元にトレードして勝ってもらうのはもちろん、最終的にはあなた一人でも僕と同じチャート分析ができるように、そのために必要な知識、考え方をレポートやメールマガジンで詳しくお伝えしていきます。


『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
『思うようにトレードで勝てない・・・』
『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』


こんなふうに思っている人には、目からウロコな話ばかりなのでオススメです。

具体的に得られるものの一部を紹介します。


▼登録すると得られるもの▼

・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
・秘密のメールマガジン



メールに登録してくれた人限定で、これらをテーマにしたレポートを作り出来上がり次第プレゼントしようと思っています。

あ、一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。











SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*