【図解】MT4の画像を保存してチャート分析を書き込む方法

MT4でチャートを見ている時、画像で保存して書き込みをしたい、と思うことありませんか?

そんな時、直接MT4に書き込むことも可能です。

しかし、それだと見返したり、後から少し書き込みを加えたいとなった時、面倒です。

そこで、パソコンに画像として保存して、気軽に書き込みができ、後からも修正が可能な保存の方法を紹介します。

具体的には、2つの方法を説明するので、まずは簡単な方を試してもらって、それで少し物足りないな、と思ったら、もう一つ紹介する画像の保存の仕方をやってみてください。

この記事を読んで作れるようになる画像

これから紹介する方法でチャートを画像として保存し、書き込みを行うと、簡単にこのような画像がつくれます。

この記事を読んで作れるようになる画像

もちろんあなた自身がきちんとチャート分析ができることが大前提です。

今の画像にあるように、1つの画像の中にもう一つの画像を表示させるとても簡単な方法を紹介していますので、ぜひ読み進めてみてください。

MT4に標準搭載されている画像の保存方法

MT4のチャートの中に標準搭載で画像を保存する機能が付いています。

具体的には、ここの部分にあります。

MT4に標準搭載されている画像の保存方法

ファイルの中の「画像として保存」をクリックします。

次に表示されたものをOKをクリックします。

MT4に標準搭載されている画像の保存方法

すると、このようにブラウザが開き、チャートが表示されます。

MT4に標準搭載されている画像の保存方法

チャートを画像として保存して、書き込みを行いたいのに、これじゃ、全く意味がありません。

MT4に標準搭載されている画像の保存方法はほとんど使えないので、今回は使いません。

次から、具体的にどうしたらうまく、簡単にできるかを説明していきます。

MT4を使った画像保存方法その1:ペイントを使う

MT4の画像を保存して書き込みをする最もシンプルな方法は、ウィンドウズのパソコンなら全てについているペイントを使うやり方です。

なぜシンプルな方法なのかというと、ウィンドウズのパソコンには全てに標準でついているので、他のソフトをインストールする必要がありません。

なので、もし手っ取り早く画像を保存したいならペイントを使って、書き込みすることをお勧めします。

まず、MT4のチャートを開いて、パソコンのキーの「Print Screan」を押します。

MT4を使った画像保存方法その1:ペイントを使う

ここです。

すると、画面全体の画像がクリップボードに保存されます。

つまり、画像としてはまだ保存されていません。

画像をコピーしている状態です。

これをペイントに貼り付けます。

そのためにペイントを開きます。

MT4を使った画像保存方法その1:ペイントを使う

そしたら、ここの貼り付けをクリックします。

MT4を使った画像保存方法その1:ペイントを使う

すると、このようにチャートが表示されます。

MT4を使った画像保存方法その1:ペイントを使う

あとは、ペイントの機能を使って書き込みを行います。

基本的な機能は以下のとおりです。

MT4を使った画像保存方法その1:ペイントを使う

使うのはこの2つくらいなので、これだけ知っていれば十分です。

このようにチャート分析を書き込むことができます。

MT4を使った画像保存方法その1:ペイントを使う

書き終わったら、名前をつけて保存します。

MT4を使った画像保存方法その1:ペイントを使う

以上がペイントを使った簡単な画像の保存と書き込み方法です。

実際に使ってみるとわかると思うのですが、ペイントはあまり使い勝手が良くありません。

ペイントに慣れればそんなに使いにくくないんだと思うのですが、個人的にはペイントはやはり使いにくい。

特に、文字を打ったあとに、その文字を移動させられない、というのが大きいですね。

あとは、単純に好みの問題なのですが矢印があまりかっこうよくなかったり、全体的にちょっと古い感じがしてしまいます。

そこで、もう少しこだわって書き込みをしたい、という場合にお勧めの方法を次に紹介します。

MT4を使った画像保存方法その2:FastStone Captureを使う

これから紹介する方法はFastStone Captureというソフトを使った書き込みの方法です。

このソフトを使って、チャート分析を書き込むとどんな画像が出来上がるのか。

こんなものが出来上がります。

MT4を使った画像保存方法その2:FastStone Captureを使う

先ほどのペイントを使った時より、なんだかスタイリッシュで見やすくないですか?

チャートの画像を残す時に、このような画像を簡単に作りたいと思ったら、これより先を読み進めてください。

このソフトは、もともとウィンドウズに入っているわけではないので、あなたがパソコンにインストールする必要があります。

と言ってもとても簡単なので、まずはインストールしてみてください。

FastStone Captureはここからインストールできます。

FastStone Capture

ざっくりと使い方を説明しますね。

まず、FastStone Captureを起動させると、このようなツールバーがデスクトップに表示されます。

MT4を使った画像保存方法その2:FastStone Captureを使う

そしたら、次にチャートを表示させ、ここをクリックして、画面全体を画像で撮ります。

アイコンの使い方はこんな感じです。

MT4を使った画像保存方法その2:FastStone Captureを使う

そしたら、ここのDrawのボタンを押して編集画面に移動します。

MT4を使った画像保存方法その2:FastStone Captureを使う

ここから編集していくのですが、主に使う機能はこの辺りです。

MT4を使った画像保存方法その2:FastStone Captureを使う

簡単にFastStone Captureの利点を挙げると、テキストの入力が便利です。

ペイントを使った場合、テキストを入力するとそのテキストを移動させることができません。

しかし、FastStone Captureを使うと、テキストを入力したあとでも簡単に移動ができ、文字の大きさも簡単に変えられます。

他には、矢印がかっこういいですね。

チャートで相場が動く方向を示す時に、矢印をよく使いますが、かっこういいので、よく使いたくなります。

最後にペイントではできなくて、FastStone Captureでしかできないとても便利な機能を紹介します。

最初にも話した、1つの画像の中にもう一つの画像を埋め込む方法です。

これもFastStone Captureを使うと、とっても簡単にできます。

例えば、通常MT4には、日足と15分足を表示させているとします。

しかし、今回の場面は、この時間足に加えて、1時間足のチャートを表示させておきたい、とします。

こうした時に、1時間足のチャートを1枚の画像の中に重ねて表示させることができます。

そのやり方を説明していきますね。

まず、今回書き込みをしたい画像を撮る前に、重ねたい画像を先に保存しておきます。

今回は1時間足チャートを保存しておきます。

そして、メインで使う画像を撮り、編集を行います。

編集の中にあるこちらのボタンを押します。

MT4を使った画像保存方法その2:FastStone Captureを使う

ここを押すと、ファイルを選べるので、先ほど保存しておいた1時間足チャートを選びます。

すると、このように表示されました。

MT4を使った画像保存方法その2:FastStone Captureを使う

挿入した画像に影をつけることで、より見やすくすることができます。

以上がFastStone Captureの簡単な使い方です。

保存しておきたいチャートはどんどん保存して、書き込みを行っていきましょう。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*