ようこそFXトレーディングサイト「F-pedia」へ!

F-pediaへお越しいただきありがとうございます。管理人のKです。

F-pediaではFXを始めたばかりの初心者から、それなりに勉強しているけどFXでなかなか勝てずに悶々としている人が『そうそう!まさにこんなサイトを探してたんだよ!』と感じてもらえるサイトを目指しています。

約5年間、僕がFXで勝てなくて全く先の見えない迷宮をさまよっていた辛い時期の経験はもちろん、そこからどうやってステップアップしてFXで勝てるようになったのか、これらを全て包み隠さず話をしています。

F-pediaには本当にたくさんの記事があります。

1つ1つの記事には、FXで勝ちトレーダーに近づくためのヒントが散りばめられていますので、今の自分に必要だと感じたものを楽しみながら読み進めていってください。

profile

新着記事一覧

FXで勝率の高いたった2つのエントリーポイントを見つける方法

Pocket

勝率を上げる事はFXでは非常に重要ですが、その際にエントリーポイントを見極める必要があります。

一般的にここは見極めが難しい!と思うかもしれませんが・・・・実は勝率の高いエントリーポイントは、シンプルに言うとたった2つしかありません。

つまり、勝ちトレーダーが狙っているエントリーポイントは人によって全く違うように見えるかもしれませんが、実は似たよう場所なんですね。

ただ、今回話すチャートの見方ができないと、なんでそこでエントリーしているのかがわからないので、一人でチャートに向き合った時に勝率の高いエントリーポイントを見つけることができません。

そうならないためにも、どういうポイントを狙ってトレードすれば勝率が高く、ストレスも少ないのか?を実際に勝率の高いパターンを例に2つのエントリーポイントのコツを紹介していきます。

続きを読む

Pocket

ダウ理論で高値と安値が切りあがったらアップトレンド、はウソ

Pocket

ダウ理論を勉強すると、なんとなく「高値と安値が切り上がって4点が決まったらアップトレンドで、切り下がったらダウントレンドだ」となんとなく覚えていませんか?

もしダウ理論についてその程度の理解力なら、むしろダウ理論を知らないほうがましです。

なぜなら、先ほどの理解では、全くと言っていいほどトレードで勝てるようにならないからです。

この考えだと、トレンドが発生していないのに、発生したと勘違いしてエントリーして損切りになります。

そうならないために、トレンド発生の時に気をつけてみるべきポイントを紹介します。

続きを読む

Pocket

典型的なトレンド転換場面での目線の切り替えポイント

Pocket

トレンドが発生したことや、トレンドが切り替わったことは、過去のチャートを見ればなんとなくわかるものです。

しかし、リアルタイムでチャートを追いかけていくと、どこでトレンドが発生して、どこでトレンドが終了し、どこから転換して反対方向のトレンドが発生したのかを判断するのは、少し難しく感じると思います。

しかし、このトレンド判断を日足・4時間足でできないと、その後のトレード戦略は全てあいまいなものになってしまい、自信を持った納得したエントリーはできません。

また、このトレンド判断はエントリーはもちろんのこと、決済のポイントを決めるのにも影響を与えているので、トレンド判断をする力を早い段階で身に付けたいものです。

今回は日足・4時間足チャートを使って、リアルタイムと同じようにチャートを動かし、トレンドの発生から終わり、また次のトレンドが始まる目線の切り替わりになるポイントを説明していきます。

まずは今回の内容を理解して、実際にチャートを見て一人でトレンド判断ができるようにしましょう。

トレンド判断ができ、トレンドの方向に目線を合わせエントリーできればそれだけで大きく利益を取れるチャンスを手に入れたことになります。

細かいエントリーは、後で考えればいいのです。

続きを読む

Pocket

トレンドが終了した後に立てるべきたった一つのトレード戦略

Pocket

一つのトレンド相場が終わったら、反対方向へのトレンドが始まるから、その流れに乗り遅れないように、すぐエントリーできる場所を探さないといけない。

こんな風に思っていませんか。

実は相場はトレンドが終了したからといって、その後必ずしもすぐに転換するわけではありません。

すぐ転換するときもあるし、時間をかけて転換していく場合もあります。

また、もみあった後結果的に元のトレンドと同じ方向に動きだす、ということもあります。

トレンドが終了した後、相場がどう動くかを予測することは誰にもできません。

相場がどんな動きをしているのか、その後の動きをしっかり観察する必要があります。

今回の記事では、トレンドが終了した後、どのようにトレードプランを立てたらいいのかを詳しく話していこうと思います。

トレンドが終了した後、すぐトレードをして、損切りが連発した経験があるなら、これから話すトレード戦略を採用することで、少ないエントリー回数で大きく利益をあげることができるようになります。

続きを読む

Pocket

短期足と長期足のトレンドの方向が違う時のエントリー方法

Pocket

トレードをするときは15分足などの短期足だけをみてエントリーするわけではありませんよね?

日足や4時間足もみて15分足もみてエントリーすると思います。

こういうトレードをしていると、日足・4時間足の長期足と、15分足などの短期足のトレンドの方向が違うことはよくあります。

長期足ではアップトレンドなのに、短期足ではダウントレンド…。

どっちを信じてどうエントリーしたいいのかよく分からない、こんな風に思うことありませんか。

実は今回紹介する、長期足と短期足の方向が違う場面はかなり大きく取れる所なのです。

ただ、大きく取るためにはちょっとしたコツが必要になります。

今回は、トレンドの方向が短期足と長期足で異なる場面でどう考え、どこでエントリーしたらいいのか、具体的にチャートを使って説明していきます。

こういう場面は、トレンドの起点になるところなので、その後のトレンドにうまく乗れれば1回のトレードで100pips以上取ることも可能です。

続きを読む

Pocket