レンジブレイクアウトを事前に予測するときの2つのポイント

日足・4時間足で相場がレンジの場合、どちらにブレイクするかわかることなら事前に知りたいですよね。

ブレイクする前にどちらの方向に動きそうかを予測できて、その方向にブレイクしていけば、安心してトレードすることができます。

そこで今回は、レンジ相場でどちらにブレイクアウトしそうか、事前に予測するときに見るべき2つのポイントを紹介していきます。

ただ、この方法を使えばどっちにブレイクアウトするかが絶対わかる、というものではないので、そこは注意が必要です。

レンジブレイクアウトの事前予測の目的

これから話をしていくレンジブレイクアウトの事前予測は、通常のエントリーより大きな利幅を取ることが目的だと思うかもしれませんが、それは違います。

エントリーはレンジブレイクアウト後ですし、事前に予測するからエントリーのタイミングの取り方が変わったりはしません。

狙う場面や、エントリータイミングの取り方はいつもと同じです。

では、なぜ、レンジブレイクアウトを事前予測するのか。

その理由は、エントリー根拠を一つでも多くするためです。

事前に上にブレイクしそうだという根拠がある状態でブレイクした場合、そのあと安心してエントリーすることができます。

そのためにレンジブレイクアウトの事前予測を行うことを忘れないでください。

間違えても、事前に予測した方向にレンジをブレイクアウトする前にエントリーする、ということはありません。

そうしてもいいですが、勝率はかなり低くなり、資金を無駄にすり減らすことになります。

あくまでも、エントリー根拠を一つ増やす、と考えてください。

では、今回はダウントレンド後のレンジから再びトレンド相場へとレンジをブレイクアウトしてく場面で見ていきましょう。

レンジブレイクアウト事前予測ポイント1:価格の切り上がり切り下がりに注目する

これはとてもシンプルな見方です。

チャートの価格を見て、切り下がっているのか、切り上がっているのかを見ます。

そして、安値が切り上がっているのであれば、上に行くのかな、と判断し、高値が切り下がっているのであれば、下に行くのかな、と考えます。

この場面。

レンジブレイクアウト事前予測ポイント1:価格の切り上がり切り下がりに注目する

高値は切り上がっても切り下がってもいませんが、安値が若干切り上がっています。

レンジブレイクアウト事前予測ポイント1:価格の切り上がり切り下がりに注目する

このように、値段の切り上がり、切り下がりをみてその後レンジがどちらにブレイクアウトするか、を考える方法があります。

しかし、この方法は根拠としてはそこまで強いものではなく、安値が切り上がっても、上にブレイクしなかった、ということがよく起こります。

そこで、次に紹介する方法を是非見につけてください。

レンジブレイクアウト事前予測ポイント2:RSIと価格の関係を見る

これから紹介するRSIと価格の関係をしっかり理解できると、かなり高い確率でその後のレンジブレイクアウトの方向を事前に予測することができます。

ただ、そんなに難しいことではないので、安心してください。

まず、チャートにRSIを表示させます。

するとこんな感じになります。

レンジブレイクアウト事前予測ポイント2:RSIと価格の関係を見る

RSIの初期設定はデフォルトのままで特に問題ありません。

で、実は先ほどのチャートで、ここからレンジがどっちにブレイクアウトしそうか、予測することができます。

詳しく説明していきますね。

注目すべきなのは、安値と高値の2つです。

まず最初に安値に注目しましょうか。

安値は値段は若干切り上がっていて、それに対してRSIはかなり大きく切り上がっているのがわかると思います。

レンジブレイクアウト事前予測ポイント2:RSIと価格の関係を見る

この時点で安値を見る限り、RSIの切り上がりを見て、売りの力が弱くなってきている、と判断することができます。

次に高値です。

高値は、値段は同じところで止まっていますが、RSIは後の方が上にあり、切り上がっています。

レンジブレイクアウト事前予測ポイント2:RSIと価格の関係を見る

これはつまり最初よりも買いの力が強くなっていることを意味しています。

これら二つのことから、売りの力が弱くなって、買いの力が強くなっていることがわかります。

ということは、ここから相場は上昇する可能性が高い、と判断することができます。

で、実際はこの後綺麗に上昇しました。

レンジブレイクアウト事前予測ポイント2:RSIと価格の関係を見る

このように、価格だけを判断材料にしようとすると、頼りないものが、RSIを使うことで上にブレイクアウトする根拠を見つけることができました。

このように、RSIと価格の関係に着目して相場を見ると新たな発見がありますよ。

もしRSIについてより理解を深めようと思ったら、こちらの記事が参考になります。

RSIのダイバージェンスでトレンド転換を根こそぎとる方法

まとめ

レンジがどちらにブレイクするのかを事前に予測する方法としては、単に値段だけを見るのではなく、RSIと値段の関係を見ることで、より根拠をしっかり持って事前予測ができるようになります。

是非トレンドが弱くなってきたな、というときは、RSIを一緒に見て、その後のトレード戦略に役立てましょう。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*