スキャルピングで毎日コツコツ稼ぐトレード手法・コツ

ここではスキャルピングがどういうトレード手法なのか、スキャルピングの特徴とともに、トレード手法、コツを話していきます。

ボリンジャーバンドを使うことで、かなり精度の高いスキャルピングができますので、普段あまりトレードに時間が取れない、という場合はデイトレ以外にも今回紹介するスキャルピングも試してみてください。

スキャルピングが機能する時間帯・通貨ペア

まず最初にスキャルピングが機能する時間帯について。

スキャルピングは1回のトレード時間が数秒から数分とかなり短いのが特徴です。

スキャルピングのもともとの意味が「わずかなものを剥ぎ取る」ということからわかる通り、取る利幅も小さいです。

そこで、スキャルピングを行うには、どの時間帯で行うかが重要です。

値動きが活発な時間帯を狙ってトレードします。

値動きが活発というと、トレンドが発生している、と思うかもしれませんが、決してそういう意味ではありません。

後でスキャルピングのトレード手法を話しますが、トレンドが出ていないけど、動きが活発な相場を狙います。

どの時間帯のことを指しているのか。

値動きが活発になる時間帯は、一般的にはロンドン時間、ニューヨーク時間と言われます。

日本の時間でいうと、ロンドン時間は午後4時以降、ニューヨーク時間は21時以降です。

この時間をすぎると、相場は活発に動くと言われています。

しかし、じゃあ、この時間帯でトレードすればいつでもスキャルピングで勝てるのか、といったらそうではありません。

それよりも、トレードする場面をしっかり見極め、トレードする時としない時の判断がでるようになる必要があります。

なので、ここでは、ロンドン時間、ニューヨーク時間がスキャルピングのトレードには適していることと、トレードする場面を絞り込む重要性を理解しましょう。

また、通貨ペアに関しては、値動きの活発なものがいいですね。

特にドルストレードの通貨は動きが活発なので、オススメです。

ユーロドル、ポンドドル、などですね。

これらのドルストレート通貨は、主にロンドン時間以降活発に動き出すので、トレードする時間帯、通貨ペアを絞ってトレードに望むことをオススメします。

スキャルピングのトレード手法

では次にスキャルピングのトレード手法・コツを見ていきましょう。

スキャルピングのトレード手法は大きく分けて2つあります。

1つは逆張りトレード、もう1つは順張りトレードです。

今回はよりリスクを小さくし、初心者でもトレードしやすいスキャルピングのトレード手法ということで、逆張りの手法を紹介します。

また、逆張りのトレード手法も分けると2つありまして、トレンド相場でのスキャルピングとレンジ相場でのスキャルピングです。

あまり時間が取れなくて、わりと初心者の人でもトレードしやすいことを考慮して、レンジ相場のスキャルピングのトレード手法を紹介します。

レンジ相場は、ボリンジャーバンドを使うことで簡単に判断できるのと、多く出現するのでスキャルピングするなら、レンジ相場に絞りましょう。

ではここからより細かくどんな風にトレードしていくのかをチャートを使ってみていきましょう。

実践スキャルピングトレード

まずはじめに、使うテクニカル分析ツールは、ボリンジャーバンドとストキャスティクスです。

この2つを組み合わせることで、とてもスムーズなトレードができます。

ボリンジャーバンドはトレンドなのかレンジなのかを判断するために。

ストキャスティクスは具体的なエントリータイミングを取るために、使います。

そして使う時間足は5分足。

これからトレードする流れとしては以下の3ステップです。

ステップ1:ボリンジャーバンドを使ってレンジ相場を見つける
ステップ2:ボリンジャーバンドの2σタッチを待つ
ステップ3:ストキャスティクスでタイミングとを取りエントリー

より詳しくこの3つのステップを紹介していきますね。

ステップ1:ボリンジャーバンドを使ってレンジ相場を見つける

まずはチャートにボリンジャーバンドとストキャスティクスを表示させましょう。

ステップ1:ボリンジャーバンドを使ってレンジ相場を見つける

5分足にして、トレードできそうな場面を探します。

レンジ相場と判断する基準は以下の2つです。

・ミドルバンドの傾きがなくフラットである
・ボリンジャーバンドがミドルバンドに平行である

この2つです。

これを満たしている場面をレンジ相場とします。

例えばこの場面なんかがそれにあたります。

ステップ1:ボリンジャーバンドを使ってレンジ相場を見つける

まずはこのようにトレードする場面を絞り込みます。

次にエントリーする場面まで待ちます。

ステップ2:ボリンジャーバンドの±2σタッチを待つ

次にエントリーポイントを絞り込むのですが、エントリーは±2σタッチで行います。

なので、相場がこの水準に来るまで待つ必要があります。

待つといっても、見ているチャートは5分足なので、何時間も待つ必要はなく、数十分も待てばエントリーするところまできます。

今回の場面だとここですね。

ステップ2:ボリンジャーバンドの±2σタッチを待つ

そして最後にストキャスティクスでエントリーのタイミングを取ります。

ステップ3:ストキャスティクスでタイミングとを取りエントリー

ストキャスティクスのエントリータイミングの取り方は、2本のラインのゴールデンクロス・デットクロスです。

具体的なタイミングの取り方はこちらに詳しくまとめましたので、参考にしてみてください。

ストキャスティクスでの高勝率エントリータイミングの取り方

ストキャスティクスを使って具体的に今回はどこでエントリーするのか。

ここですね。

ステップ3:ストキャスティクスでタイミングとを取りエントリー

トレードはいたってシンプルですね。

スキャルピングトレードのコツ

スキャルピングでトレードする時のコツですが、1つは他の時間足を一切見ない、ことです。

例えば5分足でトレードするのに、1分足を見たり、15分足を見たりしない、ということ。

なぜかというと、他の時間足を見ることで頭の中が混乱するからです。

例えば今回の場面を15分足で見ると、こんな風になっています。

スキャルピングトレードのコツ

この15分足は5分足で見たレンジ相場とは異なりますよね。

両方見ると、どっちの時間足を信じたらいいのかわからなくなってしまいます。

5分足ではレンジ相場なんだけど、15分足ではトレンドが発生していて、バンドが平行になっていない。

この場合は5分足を信じてトレードしていいのです。

なぜなら、長くポジションを保有しないから。

スキャルピングトレードの良い点は長くポジションを保有しないところにあります。

もし30分以上ポジションを保有するのであれば、5分足だけではなく、15分足も確認してトレードする必要があります。

しかし、今回紹介したスキャルピングは数秒から数分しかポジションを持たないので、他の時間足を気にしなくていいのです。

よって混乱を避けるために、決めた時間足だけを見るようにしましょう。

スキャルピングトレード手法の損切りはどこ?

次に今回紹介したトレード手法で損切りはどこにおけばいいのか。

損切りは簡単で、±3σの外です。

3σを突破するということは、レンジ相場が終わりトレンド相場が始まる第一歩です。

なので、トレンドが発生しそうになったら、すぐに撤退、損切りしなければいけません。

レンジ相場は特に、1回の損切りで今までの利益を吐き出してしまうことがあります。

それは、こういうトレンドが発生した初期の段階で、いつまでも損切りをしないことによって起こります。

トレンドが発生すると、かなり早いスピードで相場は大きく動きます。

こうなる前にしっかりと決めたところで損切りすることで、積み上げた利益を守ることができるので、損切りはきちんとするようにしましょう。

トレンドが発生する直前でトレード一旦やめるのがベストです。

しかし、そんなにうまく相場はできていません。

レンジがどこで終わり、トレンドがどこから始まるのか、こればっかりは神のみぞ知ることです。

相場しか知らないんですね。

だから、トレンドが始まった時は損切りすることになりますが、必要な損切りだと割りきりましょう。

トレンドの始まりは完璧に予測するとは誰にもできません。

だからこそ、無理なことは受け入れて、できることをしっかりと1つ1つ行っていきましょう。

まとめ

今回はスキャルピングについて、トレード手法からコツまで話していきました。

スキャルピングはかなり短い時間で小さな値動きを取りに行くので、トレード回数が多くなります。

そのため、1日に何回もポジションを持つことに抵抗がある場合、スキャルピングは向いていません。

あなた自身の向き不向きもあるので、一度試してみて使えそうかどうかを確かめてみてください。

レンジ相場のスキャルピングは取れる時は面白いように取れるので、はまる人は結構はまると思います。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*