セリングクライマックス後の2つの高勝率トレード戦略

セリングクライマックスとは、簡単に言うと売りの最終局面です。

ダウントレンドの中で、最後の大きな売りが起こる場面。

そのためセリングクライマックスは普通大きな陰線が出たのを見てその発生を確認します。

ここで、問題が出てくるのですが、セリングクライマックスがわかったところで、それ自体には意味はありません。

セリングクライマックスをどうトレード戦略に生かすことができるか?

ここが重要なところです。

セリングクライマックスを知っていたとしても、それを使って勝率の高いエントリーポイントを探し、エントリーできないと意味がありません。

そこで、今回はセリングクライマックスが起こると、相場はその後どのように動くのか特徴を説明しつつ、その中で有効なトレード戦略を紹介していきます。

セリングクライマックス後の相場の動きの特徴

セリングクライマックスが起こると、その後相場の動きはある程度予測がつきます。

大きく分けると、3つのステップを踏みます。

大きな反動→落ち着いてゆったりした動き→再び動きだす
です。

この3つの流れをつかむことで、セリングクライマックス後のエントリーチャンスの理解が深まります。

まず、セリングクライマックスの直後は、大きな反動が起こります。

大きな陰線が出て、そこから一気に戻すことが良くあります。

例えばこんな感じです。

セリングクライマックス後の相場の動きの特徴

日足で見るとひげになっているところ、かなり大きく戻しているのがわかりますね。

これがセリングクライマックス後の大きな特徴の一つです。

セリングクライマックスで売りが出尽くして、相場が不安定になっていることからこのような反動が起こります。

反動が起こった後は、相場はゆったりとした動きになります。

次の大きな動きに備えてエネルギーを蓄えていて、大きな動きはありません。

この辺りがそれにあたります。

セリングクライマックス後の相場の動きの特徴

赤枠の中を出ることなく、レンジ相場になっていますね。

そして、レンジ相場で次へのエネルギーを貯め、レジスタンスまたはサポートを破って再び動き始めます。

セリングクライマックス後の相場の動きの特徴

セリングクライマックス後の動きの特徴は以上の3つになります。

これらを理解することで、トレード戦略としてどこを狙ったらいいのかを具体的に見ていきましょう。

セリングクライマックス後のチャンスは最初と最後

さて、セリングクライマックスの後相場がどのように動きか、特徴が分かったところで、次に勝率の高いトレード戦略について考えていきましょう。

これは復習になりますが、セリングクライマックス後の動きは、
大きな反動→落ち着いてゆったりした動き→再び動きだす
です。

トレードの基本として、動きのある場面と動きのない場面、どちらで攻めるべきかといったら、動きのある場面ですね。

トレンドが発生している場面でエントリーを考えろ、とはよく言われますが、それはつまり、動いている相場の一部を取りに行け、ということになります。

ということは、今回の場面、チャンスはどの辺りにあるかというと、動きの活発なところ、それは最初の大きな反動と最後の再び動きだす場面です。

もちろん途中も取れるところはありますが、他の二つの場面と比べると、動きがそこまで活発ではありません。

なので、今回は、よく動く多く反動の場面と、再び動きだす場面でのトレード戦略を話していきます。

セリングクライマックス後のトレード戦略その1:急な反転の戻しを狙う

セリングクライマックス後の最初のトレード戦略は、反動で大きく戻した後を売りで狙います。

チャートを使って説明していきますね。

現在このような状態です。

セリングクライマックス後のトレード戦略その1:急な反転の戻しを狙う

この時点で、セリングクライマックスだという判断をするのはまだ難しいですね。

単純にダウントレンドが発生していて、結構下げてきている、というのがわかるくらいです。

ここがセリングクライマックスだと判断して、ダウントレンドの勢いがなくなってきている、と判断するためには、大きな反動の確認が必要です。

で、大きく上げました。

セリングクライマックス後のトレード戦略その1:急な反転の戻しを狙う

このヒゲの部分、15分足で見るとこのようになっています。

セリングクライマックス後のトレード戦略その1:急な反転の戻しを狙う

大きく上昇しているのがわかります。

これを見ると、このまま上昇して行ってしまうのではないか、と考えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

ダウントレンドがまだ終了していない状態で、一気に上げてきても、それが長く続き、V字で上昇していくことはほとんどありません。

なので、15分足でこの上昇を見たら、どこかのレジスタンスラインで止められて下落するだろうな、と考えてほとんど間違いありません。

結局その後下げました。

セリングクライマックス後のトレード戦略その1:急な反転の戻しを狙う

綺麗にチャートパターンが出ていて、赤丸をしたところはエントリーするのに絶好の場所ですね。

このような反動の場面は、かなりスピードがあり、どんどん落ちていくので、ストレスなく、素早く利益確定もできます。

下まで150pipsくらいあるので、かなり大きな値幅だと言えますね。

ここで一つだけ注意が必要です。

この場面、もちろん買いでエントリーしても構いません。

ただ、あえて紹介したのは売りの場面。

これには理由があって、あくまでもダウントレンドは継続しているからです。

セリングクライマックスが起こり、下落の勢いはそこまで強くはありませんが、それでもトレンドは下方向。

トレンドが下方向なのであれば、それに従ってエントリーするのがセオリーですね。

ということで、ダウントレンドであれば売りをお勧めします。

最初から売りと買い両方狙って相場を見ていると、どうしても目線が固定できないことで、迷いが生じたり、判断に迷うことがあります。

そうならないためにも、最初のうちはダウントレンドであれば売りに専念することをお勧めします。

セリングクライマックス後のトレード戦略その2:レジサポ突破を待つ

セリングクライマックス直後の大きな反動の場面を過ぎると、小さな動きのレンジ相場になることが多いです。

レンジ相場で、どこでエントリーするべきかについては、こちらにまとめてあるので参考にしてみてください。

セリングクライマックス後の2つの高勝率トレード戦略

ここでは2つ目のトレード戦略、相場がレジスタンスもしくはサポートを突破するまで待つトレード戦略を話していきます。

これはそこまで難しいことではなく、動いた方向についていくだけです。

つまり、下手にレンジ相場でエントリー回数を増やすのではなく、次の動きを待ち、動き始めたらその流れについていく、ということです。

この場面で気をつけることとしては、相場が動き出すまで待つことです。

待てずに変にエントリーしてしまい損を出してしまうことがよくあるので、ポジポジ病気味であれば、相場が動き出して、レジスタンスかサポートを越えるまではエントリーしない、というルールを決めるのもありですよ。

今回の場面だとこうなりました。

セリングクライマックス後のトレード戦略その2:レジサポ突破を待つ

今回は結果的にレジスタンスラインを突破して上昇していきました。

後は押し目を待ってエントリーしていきます。

この辺りに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

エントリーの決め手となる短期足3大チャートパターン
これでもう迷わない!勝率の高いエントリータイミングの取り方

まとめ

セリングクライマックスが起こったら、最初の大きな反動でエントリーするか、もしそれができなければ、再び相場が動き出すのを待つのが賢明です。

レンジ相場では、本当に狙い澄ましたところ以外ではエントリーせずに、後はひたすら待ちましょう。

無駄なエントリーを減らすことはトレーダーにとってとても重要なことです。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*