FXの勉強はスイングトレードから始めるべき2つの理由

FXを勉強し始めようと思ったとき、何から勉強したらいいのかわからない、となることがあると思います。

学校の勉強であれば、教科書があり、その通りに1から勉強していけば、テストである程度の点数が取れるようになります。

しかし、FXに関しては、教科書と呼ばれるものは、なかなか存在しません。

あったとしても、有料で、たくさんあるのでどれが本物なのか、見分けるのが難しいです。

そこで、今回はFXをこれから始めるなら、何から勉強したらいいのか、入口の部分について話そうと思います。

と言っても、結論は題名でも言っていますね。

FXの勉強はスイングトレードから始めるべきです。

ただ、いきなりこう言われても、いまいちピンとこないと思うので、なぜスイングトレードから勉強しなければいけないのかを話していきます。

スイングトレードはトレンドが命

スイングトレードから勉強し始めるべき理由の一つは、スイングトレードはトレンドが命だからです。

トレンドが発生していれば勝てるし、トレンドが発生していなければ勝てません。

ちなみに、ここでいうトレンドは日足・4時間足などの長期足で発生するトレンドです。

スイングトレードを勉強するということは、トレンドが発生しているかしていないかを自分で判断する力をつけることなのです。

逆に言うと、これ以外は特に必要なことはありません。

もちろん、どこでエントリーするかとかどこで決済するか、を考える必要はあります。

他にも資金管理、ポジション管理などもあります。

しかし、これらはほとんど機械的にできることであり、技術的なものは必要はありません。

決まったルールを守るだけ。

必要な技術はトレンドが発生しているかしていないか、を判断する力だけです。

スイングトレードはかなりシンプルなトレードスタイルだと言えます。

これがまずはじめにスイングトレードを勉強するべき理由です。

スイングトレードの技術はデイトレードでそのまま使える

もし、スイングトレードを勉強する前にデイトレードを勉強し始めるとどうなるか。

これは結構レベルの高いことだと言えます。

なぜならデイトレードは、まず長い時間足でトレンドの発生を確認してから、時間足を短くして、エントリーポイントを絞ります

この方法はデイトレードでは一般的なトレード手法になります。

スイングトレードと比べると、難易度が上がっているのがわかると思います。

スイングトレードはチャートからトレンドが発生しているかを確認するだけでいい。

多くの人は、FXを勉強し始めるとき、デイトレードやスキャルピングに手をつけます。

なんとなく、このくらいの短いトレードだったらできるような気がするんですよね。

トレードを始める多くの人は、長くポジションを持つことを嫌い、スイングトレードから勉強し始める人はかなり少ないように思えます。

しかし、実際はスイングトレードよりデイトレード、デイトレードよりスキャルピングがトレードで高い技術が必要になります。

中学校の数学で例えると、スイングトレードが一次関数の計算。

デイトレードが一次関数の文章問題、スキャルピングが利用(応用問題)という感じです。

普通、一次関数の計算を勉強して、それから文章問題にチャレンジして、最後に応用問題を解きますよね。

こうやって例えると当たり前のように感じると思うのですが、いざFXで考えると、わからなくなってしまいます。

スイングトレードで勉強したことはデイトレードで活かすことができ、デイトレードで学んだことはスキャルピングに活かすことができます。

もちろんあなたのレベルに応じて、無理に応用問題までできるようにする必要はありません。

計算問題(スイングトレード)だけで十分かもしれないし、文章問題(デイトレード)まででいいかもしれません。

大事なのは、それぞれで学ぶ順序があり、学んだことは次のステップで活かすことができることです。

だから、順番を間違えないで、少しずつ必要な技術をつければいいのです。

そしてそのための第一歩は、トレンドの発生を知ること、スイングトレードを勉強することなのです。

長期足はトレンドが綺麗に発生しやすい

最後に長期足は短期足に比べてトレンドが綺麗に発生しやすい、というのがあります。

15分足や5分足などの短期足チャートは長期足に比べてだましが多く、トレンドの継続性も弱いです。

なので、はじめにこのような短期足を使ってトレードの勉強をすると、うまくいかないことばかりで嫌になってしまいます。

しかし、逆に4時間足や日足だと、発生したトレンドが綺麗に、そして長く継続しやすいです。

なので、これからトレードを勉強していく、チャートを見るのにそこまで慣れていないのであれば、まずは長期足を使ったスイングトレードをオススメします。

まとめ

もし、今までにデイトレードやスキャルピングを勉強し実践したけどあまりうまくいかない、という経験をしているなら、それは勉強する順番を間違えているのかもしれません。

そもそもスイングトレードで重要なトレンドの発生、終了を見分けることができているか。

これができないことには、何をやってもうまくいきません。

もしうまくいったとしても、それはまぐれてあり、長続きするものではありません。

これからFXを勉強するなら、どこから何を勉強すればいいのか、これをもう一度考えてみましょう。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*