スイングトレーダー必見トレンドが続く時のチャートパターン解説

ここでは、スイングトレードをする上で、知っておくべきトレンドが継続する時のチャートパターンを紹介します。

スイングトレードはトレンドが継続することを前提にトレードを行いますので、トレンドが継続する場合、チャートがどうなることが多いのか、傾向を知っておくのはとても大切なことです。

ただ、チャートパターンは2つしかないので、この2つを頭に入れて、スイングトレードでトレンドに乗っていきましょう。

一般的なチャートパターン

チャートパターンとしてよく見るものに、こういうものがあると思います。

一般的なチャートパターン

これをチャートパターンと呼んでいいのかわからないのですが、こういうチャートはよく見ると思います。

チャートは一直線に上昇するのではなく、波形を作りながら上昇する、と言った説明もよく聞きますよね。

で、これが頭の中に染み付いていると、エントリー後思った通りに相場が動かずに、すぐに決済してしまいます。

なぜなら、多くの相場はあなたが思っているよりも、上昇するのに時間がかかるからです。

エントリーしてすぐに上昇すると思ってチャートを見てたけど、エントリーポイントを行ったり来たりして利益じゃなく、含み損を抱えている、なかなか上昇しないから決済した。

そしたら、決済した後思ってた方に相場が大きく伸びていった。

こういうことはよくあります。

さっき見たチャートばかり見ていると、エンントリーしてからすぐに相場は動き出すと思ってしまうのです。

ただ、これはあなたの都合です。

あなたがエントリーしたから、早くそこから相場が動いて含み益になってほしい、という願望が出てきます。

しかし、相場にとってあなたがエントリーしたかしてないか、なんてのは全く関係ないのです。

相場にとってそんなことはどうでもいい。

だから、相場がどういうチャートパターンを作りながら上昇していくのかを理解して、エントリーしたら、怖くてもポジションをしっかり保有し続けなければいけないのです。

よくあるトレンド相場でのチャートパターン

では次に、よく起こるトレンド相場でのチャートパターンを紹介します。

こちらです。

よくあるトレンド相場でのチャートパターン

さっき見たチャートより、かなりゆっくり上昇しているのがわかると思います。

こんな風に、トレンドが継続する時は、一気に上昇していくよりも、間にレンジを挟んでちょっとずつ上昇することが多いです。

そして、何度もいいますが、あなたがエントリーした後どのタイミングで相場が上昇し出すかは誰にもわからないのです。

エントリーしてすぐ上昇するのはかなり稀でしょう。

エントリーしてからもレンジが続き、何日かしてからブレイクすることの方が多いです。

さっきのチャートで見ると、ここがレンジになりますね。

よくあるトレンド相場でのチャートパターン

スイングトレードでは、こういうことが普通に起こるので、大前提として、エントリーしても、相場が動き出すまでには時間がかかる、というのを頭に入れておくべきです。

このことを理解した上で、エントリー方法は大きく分けて2つあります。

1つはさっき話したとおりで、レンジの下限あたりでエントリーして、そのままブレイクするまでポジションを保有するスイングトレードです。

もう一つは、目線を長期から短期に切り替えて、レンジの下限から上限までを狙う。

この2つがあります。

2つ目の方法は、スイングトレードというよりもデイトレードの手法になります。

スイングトレードなら最初の方法を採用します。

長くポジションを保有したくないからデイトレードがいいと思うかもしれません。

しかし、デイトレードでも日足・4時間足などの長期足は重要になります。

デイトレードでどうトレードしたらいいのかは、後で勉強すれば大丈夫なので、まずはスイングトレードに必要な長期足のチャートの見方を身につけてください。

レンジはトレンド方向にブレイクしやすい

トレンドの途中にレンジが発生する場合、ブレイクした後にエントリーするのがもっとも勝率は高くなります。

しかし、収益を考えるとブレイクアウトする前にエントリーしたほうが大きくなります。

ここは勝率の高い確実な方を選ぶか、大きく利益になる方を選ぶか、になります。

どっちが正解、というわけではなくあなたのスタイルに合っている方を選んで大丈夫です。

レンジブレイクアウトする前にエントリーして待っている場合、レンジはトレンドの方向にブレイクする可能性が高いです。

なので、アップトレンドが確認できていればレンジの下限で買い、ダウントレンドであれば、レンジの上限で売りをするのが理想です。

そして、損切りは各ラインの外に設定します。

スイングトレードでは、このように事前にエントリーし、ブレイクアウトを待つ方法をオススメします。

まとめ

スイングトレードをしていくのであれば、今回紹介したチャートパターンはしっかり覚えておいてください。

トレンドは思っているよりも綺麗にできないことが多く、レンジが間に挟み、どっちに行くのかわからない状態が続くことがよくあります。

ブレイクアウトには思っているよりも時間がかかるので、焦らずじっくりポジションを保有しましょう。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*