トレードというギャンブルで勝つために押さえておくべきこと

shutterstock_11803678

エントリーしているときは全く気がつかなかったのに、後から振り返ったら、反対方向へエントリーすればよかったのに、なんてことはありませんか?

不思議なことですが、エントリーすると自分のポジションのことばかり気にして、思った方向に行く理由ばかり探します。

もっと他の情報が見えれば、すぐに損切りすべきだということがわかるのに、それはポジションを閉じた後にならないと気がつかないんですね。

じゃあ、しっかり相場をみて判断できるようにテクニカル分析を学べばいいか、と言ったらそうでもありません。

自分のポジションに都合のいい解釈ばかりをする背景には、苦痛を回避する人間の性質があります。

人間は何か間違いをしたとき、それを認めるよりも、自分は間違えをしていない理由を探し、自分を正当化します。

つまり、間違いを認めたくない生き物なのです。

トレードにおいては、自分がポジションを持ったら、そのポジションが利益にならないと、間違いをした、と認識しまします。

損切り=間違いという認識をしている限り、正しく相場を見ることはできません。

ではどうすれば相場から正しい情報を手にすることができるか、今回はそのあたりを話していきます。

はじめに、この考え方を変えないと、その先を変えてもどうしようもない部分からいきますね。

それは、勝ちトレーダーになるために、次のトレードで利益を出さなくてもいいということです。

トータルで勝つトレーダーになるためには、1回1回のトレードの結果はどうでもいいのです。

これは前にここで話しましたね。

トレードはギャンブルと同じだと心から信じれば勝てる

トレードはギャンブルであり、ギャンブルの世界での勝ち方は、1回1回のゲームでの結果は予測できないけど、優位性のある手法を使いこなすことでトータルでは勝てる、というものでした。

理解できていてもしっかり相場で実践できないと意味がありません。

もし、このことを理解していても、トレードするときは心臓ばくばく、相場の上下動に一喜一憂してしまうのであれば、理解しているけど、実践できていない典型的な状態です。

こうなってしまう原因は、1回1回のトレードへの固執です。

エントリーするポジションでは利益にしてやるぞ!という意気込みが負けを呼び寄せているのです。

次のトレードで勝とうと思う気持ちがあると、その時点で、利益になったら正解で損切りになったら間違え、という考え方になっていまいます。

すると、さっき話した通り人間は自分の決めたことと違った結果になると、なかなかそれを受け入れることはできません。

ポジションが含み損を抱えた場合、勝ちトレーダーはこの1回のトレードで利益をなんとしても出してやろう、とは思っていません。

なので、損切りすべきところまできたらしっかり損切りを行い、次のトレードへ備えます。

しかし、目の前のトレードで勝とうと思っていると、損切りすべきところまで相場が来ても、自分の正解、今回だと利益になること、に固執してたくさんの情報の中からこのポジションがプラスで終わる可能性がある情報ばかりを拾います。

ダウ理論では思った方向とは反対方向へトレンドが発生しているのに、その情報は無視されます。

そして、散々反対方向へ相場が動いて損切りをし、後から振り返ると、なんでここで損切りをしなかったんだろう、と自分を責めることになるのです。

これはあなたが悪いというよりも、1回のトレードで勝ちにこだわるあなたの気持ちに問題があります。

もし1回1回のトレードにこだわらなければ、利益になっても損切りになってもほとんどダメージは受けないので、正しい判断ができるようになります。

勝ちトレーダーになるためには、1回1回のトレードの結果はどうでもいい、と考えて、淡々とトレードを行う必要があります。

そして月末にトータルでどのくらい増えたか、どのくらい減ったかだけを確認すればいいのです。

最終的には資金を増やすことが目的なので、数字にこだわりますが、数字を大きくすることばかり考えていると、トレードで数字を減らす損切りが受け入れられなくなります。

結果、想定していたよりも大きな損切りをすることになるので、それだけは避けましょう。

1回1回のトレードの結果にはこだわらず、しかしトータルではプラスにするために、相場との付き合い方を見直す必要があります。

具体的にどうやって相場と付き合っていったらいいのか、次に見ていきましょう。

相場との付き合い方は社会で人間と付き合うのとは少し異なります。

かなりの額を稼いでいるトレーダー達がみな社交的というわけではありません。

稼いでいるトレーダー達がみな社交的な人か、もしくはオタク気質のある人たちのどっちかに偏っていてくれれば簡単なのですが、両方がいます。

つまり、普通の人間関係がうまく築けない人も、上手に築ける人も、トレーダーの努力次第で相場と仲良くなる可能性もなれない可能性もあるのです。

人間関係は基本的に一貫したものが根底にあります。

例えば誰かのことが好きになれば、期間の長さには人それぞれ違いがありますが、一定期間は好きでいます。

好きという感情が一貫して一定期間存在します。

しかし、相場は基本的に確率で考えています。

人間的ではなく、どちらかといえば機械的です。前回の記事で話した通りトレードはギャンブルの性質を持っています。

今日は好きで、明日は嫌いかもしれない。でもトータルで1ヶ月単位で見たら好き、という感じです。

ちょっと前に流行った言葉で言うなら、ツンデレでしょうか。

ツンツン怒っている時もあれば、デレデレしてくる時もある。相場はこれを確率に基づいてやってきます。

そして僕らは、相場がデレデレしているとき、もしくはツンツンしているところを狙って、利益を手に入れるのです。

この、ツンツンしているとき、デレデレしているときを的確に察知し、利益を得るためにテクニカル分析を行います。

ただ、何度も言ってる通り、相場は確率に基づいて行動するので、次がツンツンしているかデレデレしているかはわかりません。

わかるのは、トータルでツンツンしている回数とデレデレしている回数どっちが多いかということです。

さて、次にもう少し具体的に相場と付き合うに当たってどんな考え方が必要かを見ていきましょう。

目指す状態は、気楽にトレードできるような精神状態です。

もちろん多少の緊張感は必要ですが、その緊張感が、視野を狭めてしまっては意味がありません。

まして、その緊張感が次のトレードで利益を出さないといけない、というプレッシャーからきているなら、トータルでプラスを出すのは難しくなります。

理解すべき心構えの1つは利益を出すために次に何が起こるかを知る必要はないこと。

あなたがたった今買いエントリーしたとしましょう。

買いエントリーしたということは、ここから相場が上昇することを見越しているわけですね。

相場はこの先上昇しそうだということが、テクニカル分析からわかるから、買いエントリーした。

つまり、ここから相場が上昇することを期待しています。

このように相場がこれから先上昇することを見越してエントリーするのは構いません。

しかし、あくまでもこの先相場がどうなるかはわからないということをしっかり理解している必要があります。

次の瞬間相場がどう動くかは誰にもわからないことなので、思った通りに上昇するかもしれないし、相場はここからダウントレンドを形成し徐々に下げていくかもしれません。

もし、上昇を見越してエントリーし、利益になることだけを期待すると、逆行した時に身動きが取れなくなります。

買いエントリーし、上昇すると思っていたのに、相場は下げている、自分が描いていた正解は上昇だったのに、含み損がどんどん膨らんでいる。

こうなると、自分の正解を正当化し、間違えから目をそらし始めます。

明らかに相場はダウントレンドを形成し、下落し始めているのに、その事実を無視し、他の上昇しそうな材料ばかりを探します。

全く相場に影響ない些細な上昇の情報を過大に解釈してしまいます。

これは、相場が次の瞬間どう動くかはわからない、ということを理解していないから起こります。

相場には常にどう頑張っても把握できない不確実な要素が存在します。

これを簡単に説明すると、どのくらいの人間が相場に参加していて、誰がどのくらいのポジションを持っているのか、そしてそのポジションをいつ決済するのか。

これは常に誰にもわかりません。

そして、こうした人間の集合が相場を動かしています。

ということは、相場が次の瞬間にどう動くのかがわかるということは、誰がいつどのくらいのポジションを決済するのかを理解している、ことになります。

これが不可能なことから、相場が次の瞬間どう動くかはわからない。なので、エントリーした後、思った方向とは逆に相場が動いたとしても、それは普通に起こり得ることなのです。

そうなった時は、なぜなのか理由を考えるよりも先に、決めたところですぐにポジションをなんのためらいもなく決済すること。

決して深刻になる必要もないし、焦る必要もありません。

決済するポイントまで相場が動いたので、後は淡々と気楽に決済すればいいのです。

この、相場が次の瞬間どう動くのかを知りたい、理解したい、つまり相場を支配したい、という人がトレーダーにはとても多いです。

それも勝てないトレーダーに。

相場は支配するものではなく、上手に付き合っていくものです。

支配しようとすればするほど勝ちトレーダーからはどんどん遠ざかっていきますので、気をつけましょう。

次のトレードで利益を出してやる、と意気込むのは悪いことではありませんが、そうすることで、反対方向へ相場が動いた時に、本来すべきところで損切りをせず、1回のトレードで退場になるかもしれません。

相場から退場する人の特徴は、20連敗して資金を失うのではなく、たった1回のトレードで今までの利益のほとんどを飛ばし、退場していく人が圧倒的に多いのです。

このことを理解し、1回1回のトレードは気楽に、相場がこの先どう動いても構わない、という気持ちでトレードしましょう。

相場の世界は常にプレイヤーが変わり、保有するポジションも変わるので、同じ場面は2度ときませんから。

何が起きてもいい準備をしておくにかぎります。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*