FX初心者には見えない勝ちトレーダーだけに見える景色とは

Pocket

今回はFX初心者と勝ちトレーダーが見ている景色について話をしていきます。

あなたもFXに取り組んでいる中で、自分と勝っているトレーダーの見ている景色がなんとなく違うな、ということを考えたことがあると思います。

昨日トレードを初めたFX初心者からトレード歴何十年にもなるベテランのトレーダーまで、見ているチャートはみんな同じです。

つまりみんな見ているものはたった1つのチャートです。

同じものを見ているのにもかからわず、そこから考えることはFX初心者と勝ちトレーダーでは異なっていて、最終的にそこからエントリーするかしないかの判断をするまでの過程も全く違うものになります。

この違いはなんであり、どうすればこの差を埋めることができるのかを話していきます。

勝ちトレーダーは自分のブラックボックスを持っている

でははじめにFX初心者には見えなくて勝ちトレーダーには見えているものについて話します。

これはブラックボックスと言い換えるとわかりやすいです。

チャートを見てから、最終的にエントリーするかエントリーしないかという判断をするのですがこの間にあるものがブラックボックスです。

ブラックボックスとは、そこで何かが起こっているけど、何が起きているのかよくわからない箱を指します。

トレードにおいては、

チャートをみる

ブラックボックス
(チャートを見ていろんなことを考えている)

エントリーするかしないかの最終決断をする

こんなふうになっています。

お気づきの方もいるかもしれませんが、僕がチャートを使って相場分析をする時に意識していることは、このFXにおけるブラックボックスをなるべくわかりやすくシンプルに伝えることです。

つまり、FX初心者が勝ちトレーダーになるということは、このブラックボックスの中身をある程度理解して、いま目の前のチャートでエントリーすべきかどうかを自分一人で判断できるようになることだといえます。

これができるようになって、FX初心者には見えなくて勝ちトレーダーに見えている景色が見えるようになります。

FX初心者がやりがちな間違ったブラックボックスの作り方

FX初心者が勝ちトレーダーになるために、ブラックボックスを何とかして完成させようとします。

しかし、ここで初心者が陥りがちな罠があります。

それは、ブラックボックスの中身を複雑にしようとすることです。

「ダウ理論は使えそうだからもちろん使う。移動平均線も使うしラインももちろん使う。ちょっと味付け的にRSIも組み合わせて使えたらもう言うことなんじゃない??」

こんなふうになんとなく良さそうだな、使えそうだなと思ったテクニカル分析ツールを複数組み合わせて、ブラックボックスを完成させようとします。

しかし、このように複数のテクニカル分析ツールを使うと、ほとんど間違いなく勝ちトレーダーになることはできません

理由は簡単で、複雑すぎてとてもトレードを初めたばかりの初心者にはそれらの情報を処理できないからです。

あなたはもしかしたら、FXで勝っている人はスーパーコンピューターもびっくりするような情報処理能力で、たくさんのテクニカル分析ツールを縦横無尽に使いこなしていると思うかもしれません。

でも実際にはそんなことはありません。

これは僕の経験からも、僕の周りの勝ちトレーダーを見ててもそう感じます。

イメージとしては、勝っているトレーダーのすごさはたくさんの分析ツールを同時に使いこなす凄さではなく、少ないけどとても強力なテクニカル分析ツールを1つか2つ使って、それらをかなり深く理解し、今の相場に当てはめて、これから上に行きそうか下にいきそうかまでつなげる力がすごいです。

ブラックボックスを複雑なものにしようとする多くの初心者は、勝っているトレーダーの相場分析に触れて「なんか難しいことを分析しているな」と感じるから、自分も難しい分析をできるようにならないといけない、と感じるのです。

でも実際に勝っているトレーダーが行っている相場分析は全然複雑ではないのです。

実際にはとてもシンプルであり、あなたが勝手に複雑だと決めつけているだけです。

僕が行っている相場分析は複雑だと感じますか??

「あんなの自分にはまだまだできないよ」と思うかもしれませんが、僕はあの分析をするのにテクニカル分析ツールとしてはダウ理論しか使っていません。

ダウ理論というとても強力な分析ツールをより深いところまで理解して、いまの相場に当てはめて上に行くのか下に行くのかを考えているのです。

僕のトレーダー仲間で月に1000pips以上平気な顔をして取る人はダウ理論とラインしか使ってないですからね。

ブラックボックスをつくる時にとっても大事なことは、テクニカル分析ツールをいろいろ組み合わせて複雑にすることではなく、シンプルだけど強力なツールを1つか2つ使って、それを誰よりも使いこなせるようになることなのです。

FX初心者がブラックボックスを手に入れる近道

今の話から分かる通り、FX初心者がブラックボックスを手に入れる最もベストな方法は強力な分析ツールを1つか2つに絞って、それらを徹底的にマスターすることです。

これは僕がダウ理論のトレード手法でトレードをしているからというのもありますが、ダウ理論は最強です。

ダウ理論のトレード手法を本気で取り組んでいる人はそろそろ実感していると思いますが、ダウ理論はあなたのトレードスキルを一気に押し上げてくれます。

しかもかなり高いレベルまで。

実際にダウ理論のトレード手法でトレードするようになって成績が良くなったという話はもちろんですが、トレードに自信が持てるようになって無駄なトレードで利益を吐き出すこともなくなりました、という嬉しい声を毎日のように頂きます。

また、ダウ理論はFXを勉強し始めた人のほとんどが最初に通る道のりであるにも関わらず、ダウ理論を本気で取り組んでトレード判断にまで結び付けられるようになる人はほとんどいません。

これはちょっと極端かもしれませんがブラックボックスをつくるのに、ダウ理論以外は必要ない、くらいの気持ちで全く問題ありませんよ。

ハッキリ言って「ダウ理論についてこれ以上学ぶことはありません」となるまでにはそれなりの時間がかかります。

しかしここまでくれば「あ、他に分析ツールなんてなくても大丈夫だ」ということが理解できるでしょう。

どうしてもダウ理論以外がいいという場合は

とはいってもダウ理論以外の分析ツールも使ってトレードしたい、そんな風に思うかもしれません。

そんな人にオススメの方法が一つあります。

自己流でブラックボックスをつくるのではなく、勝っているトレーダーをそっくりそのまま真似ることです。

例えばあなたがある勝ちトレーダーに惚れ込んだとしてその人から教えてもらおうとします。

その勝ちトレーダーはダウ理論と移動平均線、MACDを使うとします。

使うものと使い方がわかったらあとは自分でやる!というのは最も危険です。

なぜなら、これらの分析ツールをどう使うかがわかったとしても、どのくらいの重要度で使うのかがわからないからです。

移動平均線を最も重点的に使って、MACDは2番目に重要視してダウ理論はおまけ、という風にトレードをするかもしれません。

こういう細かいところまでしっかり理解して使わずに、自己流に走るとおまけ程度に使っているMACDにばっかりこだわって、変なトレードをすることになります。

これではいつまでたってもあなたが惚れ込んだトレーダーに近づくことはできません。

同じことを教えてもらっているのに、勝てるようになる人と勝てるようにならない人の差はこういうところにもあります。

なので、もしいろいろな分析ツールを使ってトレードしたいなら、その人の真似をして全く同じところでトレードしてやる、くらいで勉強をしてください

勝ちトレーダーにだけ見える景色のまとめ

今回の話をまとめると、まずはあなたの持っているブラックボックスをシンプルなものにしましょう、ということです。

もしいろいろなテクニカル分析ツールを使わないとダメだと思っているのであれば、そんなことはないので、強力な分析ツールを1つか2つに絞って徹底的にマスターしましょう

そうすることで、勝ちトレーダーがチャートを見た時にどんなふうに考え、エントリーすべきか見送った方がいいのかをどう判断しているのかを理解することができます。

これによって、無駄なエントリーは減り、1回1回のエントリーに自信を持つことができます。

僕のダウ理論のトレード手法で言えば、ダウ理論の理解が深まれば深まるほど、勝ちやすいところでエントリー出来るようになるし、勝った理由負けた理由、また大きく伸びた理由やあまり伸びなかった理由なども説明できるようになります。

こうなれるように1つの分析ツールを徹底的にマスターしましょう。

Pocket

秘密メルマガ&リアルタイム相場分析配信プレゼント

fpe_cta



FXで勝つ方法は簡単です。

なぜなら、FXは、
「目先の相場が上に動いたらどうやってエントリーをするのか?」
「下に動いたらどうやってエントリーをするのか?」

といった計画が正しく固まっていて、実行できればいいのですから。


多くの勝てないトレーダーは、この簡単な事が出来ていないだけのお話しなのです。

と言ってもほとんどの人は、頭で分かっていても、実際には出来ないでしょう。

そもそも、偏った表現の書籍や、現役を退いていた専門家による情報が多く出回る世の中なのですから、正しい分析ができないのは仕方のない事なのです。

このF-pedia通信では、正しい分析を知ることで、FXで勝つのが簡単だと知ってもらい、ほとんどの人が知らない勝ち続ける為に必要なことを伝えていきます。

具体的にはブログには書けない内容を届ける秘密メルマガと、F-pedia管理人である僕のリアルタイム相場分析を無料で届けます。

興味があれば、今すぐ下記のフォームにメールアドレスを入力し、登録を完了させてください。

また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*