トレード戦略

Pocket

Pocket

FXトレードでデモで勝てるのにリアルで勝てない知られざる致命的な理由

Pocket

『デモトレードだとあんなに勝てたのに、リアルトレードになった瞬間に全然勝てない。それどころか損切りが増えて、どんどん資金が減ってしまう』

これはかなり多くの人が経験していることかと思います。

トレードすればするほど、自分の大切なお金がどんどん減ってしまうので、なんとかしたいんだけど、エントリーすればするほど資金が増えずにどんどん減っていってしまう、という悪循環に陥ってしまうのがほとんどのケースです。

そこで、今回はデモトレードだと勝てるのに、リアルトレードになった途端に勝てなくなる原因と、その対策を話していきます。

「あの人は本番に強いよね」と言われる人があなたの周りにもいると思いますが、そういった人がなぜ本番に強いのかと関連する話でもあります。

そして、今日から簡単に実践できて、なおかつあなたのトレード技術を高めてくれる方法から、より効率よくこの壁を乗り越えるための、この事象の詳しいメカニズムについても話をしていきます。

続きを読む

Pocket

エントリー直前に不安と恐怖で自信が持てない原因はメンタルじゃない

Pocket

自分が手に入れたトレード手法で過去検証をしてどこでエントリーできるのかを理解した。

そして、実際のリアルタイムのチャートで分析をして、エントリーできる場面まで相場が来た。

『よし、エントリーしよう!』と心に決めたエントリー直前に、あなたは自信を持ってマウスをクリックすることができますか?

エントリーの直前は自信満々の状態とは正反対で、いつも不安と恐怖で押しつぶされそうになっているのではないでしょうか?

これまでにエントリー直後にすぐに逆行して、最初から含み損を抱えそのまま損切りになった経験をしてきたなら、その記憶が鮮明に記憶にあるぶん、なおさらエントリー直前に襲ってくる不安と恐怖は大きいでしょう。

今話したように、エントリー直前になかなか自信を持つことができず、いつも不安を抱えながら『エントリーしようかな?本当にここで良いのかな?』と考えているなら、自信を持ってエントリーできるようになるために、必要なものは何なのか?ここを具体的に話していきます。

エントリーするときに襲ってくる恐怖を克服したいと思っているなら、じっくりと読み進めてみてください。

続きを読む

Pocket

エリオット波動を使いこなして相場の転換ポイントを予測する方法

Pocket

今回はエリオット波動について、あなたのトレードスキルを一気にレベルアップさせる「ある使い方」を紹介します。

このエリオット波動の「ある使い方」とは現在の値段から相場がどう動くのか、少し先のシナリオを立てる使い方です。

FXで勝ちトレーダーになるためには、これから話をする少し先のシナリオを立てる力が必須です。

この力に身につくと、現在の値段から相場がどう動いたら、どこでエントリーすればいいのか。

ここがわかるようになります。

そして、この少し先のシナリオを立てる力は、エリオット波動を使うことでスムーズに身に着けられるのです。

どうやって相場の先を予測するシナリオを立てればいいのか、チャートを使って具体的に話していきます。

続きを読む

Pocket

FXで勝つために絶対必須なテクニカル分析ツールをマスターする方法

Pocket

今回は前回の続きとして、僕がいろいろなテクニカル分析ツールに手を伸ばした経験について、掘り下げて話をしていきます。

トレードの勉強をしていると、どうしても何かしらのテクニカル分析ツールを、使わなければいけなくなります。

チャートを見て全くなんの分析もせずにトレードをするのは、ただのギャンブルでしかありません。

そこで、FXで勝ち続けるために、何かしらの分析方法を身に着け、そのとおりにトレードをして勝てるようになる必要があります。

じゃあ、最強のテクニカル分析ツールがあって、それを手に入れればあなたも一気に勝ちトレーダーになることが出来るのか

そんなことはありません。

これは僕自身がしてきた経験、そしていま現在、あるテクニカル分析ツールを使って勝てるようになっていることからも断言できます。

今回の記事をしっかり読んでもらえれば、相場を分析するためのツールとどう向き合わなければいけないのか、どうすればテクニカル分析ツールを上手に使いこなし、勝ちトレーダーになることが出来るのか。

ここを理解して、勝ちトレーダーになるために必要な分析ツールがわかります。

また、その分析ツールをどうやって自分のものにするのか、具体的な方法も話していきます。

続きを読む

Pocket

ダウ理論の応用で1発140pips狙えるエントリー場面

Pocket

今回は日足を使ったダウ理論のトレンド判断について、ちょっと応用的な話をしていきます。

具体的には、波形を大きくとらえるか小さくとらえるかで、同じ場面をアップトレンドと見ることもできるしダウントレンドと見ることもできます。

ちょうどオージードルの日足でいい場面があったので、実際にチャートを使って話をしていきます。

ただどうしてもダウ理論の考え方の応用になりますので、まだダウ理論でのトレンド判断が固まっていない場合、余計な混乱を招く可能性があります。

その心配がある場合は「こういう見方もあるのか」という程度に流し読みしてもらって構いません。

しかし、応用ということもあり、これから話すことが理解でき実践することができれば、ダウ理論のトレード手法を軸にして、かなりおいしい場面でしっかりエントリーできるようになります

具体的にはタイトルにあるように目線の切り替えができればこの場面であれば最大で140pips狙うことができます。

おいしい場面を取り逃がさないためにも、ダウ理論の基本に自信のある人はチャレンジしてみてください。

続きを読む

Pocket