スイングトレードは押し目か戻しでエントリーすべき2つの理由

スイングトレードをするなら、エントリーの基本は押し目か戻しのどちらかです。

このどちらかでエントリーしなきゃいけない、というわけではありませんが、押し目と戻しでエントリーできるようになると、取れる利益が大きくなります。

また、これからデイトレードやスキャルピングをしていくに当たっても、押し目と戻しのエントリーはとても重要です。

大切な資金を効率的に増やしていくためにも、必要な考え方なので、スイングトレードでは、押し目買い、戻り売りが基本だということを抑えましょう。

押し目買い戻り売りをしない場合

スイングトレードでは、トレンドの発生を確認して、その流れに乗って利益を上げます。

この
トレンドの発生を確認して、トレンドに乗る
というのは絶対のルールです。

もっとも単純なルールは、トレンドを確認したらエントリーして、トレンドが終わるまで保有する、というものです。

とてもシンプルですね。

ただ、これだけだと、利益が最大化しません。

エントリーから含み益になるまでに時間がかかったり、損切りの金額が大きくなることがあります。

例えばこの場面。

押し目買い戻り売りをしない場合

まず、どこからトレンドが始まっているかわかりますか。

自分なりに分析してみてください。

今回はダウ理論に基づいてトレンド分析をしますね。

ちょうどここからトレンドが発生になります。

押し目買い戻り売りをしない場合

ダウントレンド発生なので、安値に注目してラインを引いていきます。

するとこうなりますね。

押し目買い戻り売りをしない場合

次にエントリーについて考えます。

押し目買い戻り売りをしない場合

黒い縦のラインより右側がダウントレンドで、矢印のところでエントリーしたとします。

先ほど話した通り、スイングトレードでは、トレンドの方向にエントリーするのが絶対のルールです。

この5つのエントリーポイントでトレンドに沿ってエントリーしているのは何個ありますか?

ちょっと考えてみてください。

答え合わせをしますよ。

答えは5つ全てトレンドに沿ってエントリーしています。

よって、全ての場面でルールは満たしています。

しかし、全てのトレードがエントリー後すぐに利益が乗っているかというと違いますね。

特に最初の3つは結構な含み損を抱えて、時間が経ってから利益になっています。

このように、押し目や戻しでのトレードを考えないと、エントリーして長い間含み損を抱えた状態が続きます

そして、損切りになる場合、含み損をかなり抱えていることからわかるように、損切りの金額は大きくなります。

こうならないためにも、押し目と戻しでエントリーできるようにしましょう。

押し目戻しのエントリーはどこ?

今回紹介した場面で綺麗に押し目戻しを捉えているのは、ここです。

押し目戻しのエントリーはどこ?

ちょうど前回の安値に引いたラインまで相場が戻ってきている、戻り売りには絶好の場面です。

こういうところでエントリーできるようになれば、損切りまでのpipsも少なくなり、エントリーしてから、早い段階で利益が乗ります。

よってストレスの少ないトレードができるようになります。

エントリーの場面の絞り込みをする場合、ほとんどはこの押し目と戻りを判断する方法だと考えていいです。

インジケーターを使ったりテクニカル分析ツールを使ったりしていろんなことをしますが、結局はすぐに含み益になるポイントを探して、エントリーしているのです。

押し目買いや戻り売りにはこういう考え方が根本にありますので、テクニカル分析ツールを使う場合は、いろいろなものに振り回されないようにしてください。

常に考えるべきは、どこが最もベストな押し目・戻しになるのかな、という一点だけです。

また、押し目買いや戻り売りの場面を絞り込む時、常にピンポイントで絶好の位置をつかむのは至難の技です。

どんなにプロのトレーダーでもいいポイントでエントリーするために、何度かエントリーと損切りを繰り返すのはよくあることです。

今回はラインだけを使ってシンプルに戻しを探す方法を紹介しましたが、他にも使えるものがあったらどんどんあなたのトレードに取り入れることをオススメします。

そして、その中で、ほどほどの押し目、戻しが見つけられるツールを手に入れることができればいいのです。

まとめ

押し目や戻しでトレードしなきゃいけないのは、そのほうが全てにおいてプラスになるからです。

精神的にも、取れる利益にしてもプラスになります。

細かいところは気にしたくない、という場合は無理に押し目や戻しでエントリーする必要はありません。

また、押し目や戻しでエントリーできるようになるまでにはそれなりにエントリーを経験して、体で覚える部分もあります。

すぐに完璧にできるようになるか、といったら難しいですが、チャレンジするだけの価値のある技術です。

ぜひエントリーするときは、このことを頭に入れておいてください。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*