絶対知っておきたいデイトレードで見るべき時間足とコツ

今回はデイトレードに絞って、全体像から具体的なエントリーについて話していきます。

スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、と大きく分けて3つのトレードスタイルがありますが、やっぱり人気なのはデイトレード。

デイトレードは特に全体像をつかむのが難しいトレードスタイルなので、まずはデイトレードで利益を上げるイメージをしっかり持って、トレードを始めましょう。

スキャルピングなら、相場の大きな流れをそこまで考えなくても勝てるんですけど、デイトレードではそんなことはありません。

全体像がつかめない状態では、なんとなくトレードしてもいつまでたっても勝てるようになりません。

じゃあ、具体的にどんなことを知らなければいけないのか、を中心に今回は話していきます。

デイトレードで中心にすべき時間足

まずデイトレードで見るべき時間足について。

FXのチャートメタトレーダー4では、1分足から月足までたくさんの時間足があります。

スキャルピングであれば、5分足あたりを見ればトレードできますし、スイングトレードでは日足を使うでしょう。

じゃあデイトレードではどの時間足を使うべきなのか。

メインで見るべき時間足は1時間足です。

4時間足・日足じゃないの?と思ったかもしれません。

割と最近FXを始めたのであればこの考え方って普通だと思います。

まずは日足から見て、徐々に時間足を短くして5分足とか15分足でエントリーする。

これ、言葉で言うのは簡単なんですが、いざやってみると、ごっちゃごちゃになって、何が何だかわからなくなった経験、ありませんか??

実は私自身もトレードを始めた時はこうなってました。

デイトレードでも日足が大事、4時間足が大事、と言うのはよく聞くけど、どうやってトレードに生かしたらいいのかわからないんですね。

そこで、これからデイトレードを始めるあなたには、日足・4時間足は一旦見ないで、1時間足をメインに見ることをオススメします。

まずは1時間足でどんなうにトレードするのか、感覚的なものを掴んでもらいます。

これが、日足や4時間足を使うとなると、トレードしようにもトレードできずに、なかなか経験値がたまりません。

理由は簡単で、相場がなかなか動かないから。

相場が動かないとトレードできないわけで、経験値もたまりません。

トレンドを制するものがデイトレを制する

デイトレードで勝とうと思ったら、トレンドに乗ることで最も効率のいいトレードができます。

トレンド相場とレンジ相場、どっちが難しいかと言われたら、私はレンジ相場の方が難しいと思っています。

もちろん人それぞれトレンドが得意な人もいればレンジが得意な人もいます。

以前スキャルピングのコツでも話した通り、スキャルピングをするなら、レンジ相場の方がいいです。

ただ、デイトレードである程度の時間ポジションを保有する場合は、トレンドに乗った方が大きく利益を取れる可能性が高くなります。

レンジはやはり利益を伸ばすことが難しいです。

そこでデイトレードで頭の真ん中に置いて欲しいのは、トレンドを見つけて、そのトレンドに乗ること

デイトレードでやることはたったこれだけ。

つまり、トレンドの発生のポイントを見つけることができれば、トレードはかなり楽になります。

細かいエントリーポイントをどうするかを考えている暇があるなら、トレンドがどこで発生するか、どこで終了するのかに目を光らせていた方がいいです。

そのくらいトレンドが大事。

じゃあ次にトレンドをどうやって見分けるかですね。

デイトレードでトレンドを見分けるコツ

デイトレードにおいてトレンドを見分けるのが大事だという話をましたが、トレンドを見分ける方法はいくつかあります。

もっとも有名な方法はダウ理論を使ってトレンド判断をする方法です。

この方法は世界中の多くのトレーダーが採用しているトレンド判断の方法です。

ダウ理論については、これからトレードをするのであれば勉強しておいて損はありません。

初心者でも簡単!トレードの上達に必須なダウ理論まとめ

そして、もう一つ、ダウ理論とはちょっと違うトレンドを見分ける方法があります。

それが、ボリンジャーバンドを使ったトレンド判断の仕方です。

ボリンジャーバンドでトレンドの勢いを一目でつかむ方法

いずれの方法でも大事なのは、トレンドがどこで始まるのか、トレンドがどこで終わるのか、に関する基準をしっかり持っていることです。

そしてトレードでは、トレンドの発生が確認できたらエントリーし、トレンドの終了が確認できたら、持っているポジションは全て決済する。

つまりデイトレードで勝とうと思ったら、手法がどうのこうのと言う以前に、どこでトレンドが始まるのか、どこでトレンドが終了するのか、がわからなければいけません。

そしてトレンドを見分けるコツは先ほど紹介したページでチャートを使って紹介しているので、もしあなたがまだトレンドの判断基準を持っていないのであれば、まずはそこからです。

トレンドなのかトレンドじゃないのかが判断できるようになって初めてデイトレードをする資格があります。

まとめ

これからデイトレードをしようと思っているのであれば、まずは1時間足を見て、トレンドの発生がわかるかどうか、が勝負の分かれ目になります。

ダウ理論を使っても、ボリンジャーバンドをつかっても、他のテクニカル分析ツールを使っても構いません。

何を使ってもいいので、とにかくトレンドの発生をトレンドの終わりを見つけられるようにする。

そうすれば、デイトレードで勝つことは難しくなくなります。

あとはタイミングを取るだけなので。

1時間足チャートを開いて、トレンドを確認しましょう。

そして、1時間足でトレンドの発生とトレンドの終了がわかるようになったら、日足や4時間足を見てみてください。

日足・4時間足を見るのは、1時間足でトレンド判断ができるようになってからで全然遅くありませんよ。

秘密メルマガ&リアルタイム相場分析配信プレゼント

fpe_cta



FXで勝つ方法は簡単です。

なぜなら、FXは、
「目先の相場が上に動いたらどうやってエントリーをするのか?」
「下に動いたらどうやってエントリーをするのか?」

といった計画が正しく固まっていて、実行できればいいのですから。


多くの勝てないトレーダーは、この簡単な事が出来ていないだけのお話しなのです。

と言ってもほとんどの人は、頭で分かっていても、実際には出来ないでしょう。

そもそも、偏った表現の書籍や、現役を退いていた専門家による情報が多く出回る世の中なのですから、正しい分析ができないのは仕方のない事なのです。

このF-pedia通信では、正しい分析を知ることで、FXで勝つのが簡単だと知ってもらい、ほとんどの人が知らない勝ち続ける為に必要なことを伝えていきます。

具体的にはブログには書けない内容を届ける秘密メルマガと、F-pedia管理人である僕のリアルタイム相場分析を無料で届けます。

興味があれば、今すぐ下記のフォームにメールアドレスを入力し、登録を完了させてください。

また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*