FX初心者

FXで勝ち続けるために必須!自分だけの理想のトレード手法の作り方

今回は、今この瞬間から全ての人に意識をしてほしい「自分だけの理想のトレード手法」の作り方を1から順番に伝えていきます。

なぜ自分だけの手法を作る必要があるのか?といえば、当然トレードで勝ち続けるために必要なのですが、意外と知られていない本当の目的をもう少し突っ込んで言うと、

専業レベルになる、またはトレードだけで食べて行くレベルになる、そのために高いロットでトレードするためには絶対に欠かせないものだからです。

なぜなら、人から与えられた手法では負けが続いたときに信じてトレードができなくなったり、ロットを大きくすると僅かな値動きで、普通の人の月給分の金額が一瞬で動くので、恐怖を感じいつもと同じようにトレードが出来なくなるのです。(ここまでのレベルに達した人しかわからない話かもしれませんが)

それらの恐怖を乗り越えるためにも自信が持てる自分だけのトレード手法が必要なのです。

相場の値動きに合わせて常に最善の判断が求められる中、信じられるのは自分だけであり、トレード手法を自分のものにすることは、分析力を高めることにもつながるのです。

自分だけの理想のトレード手法を作り、自分のものにするために必要なことを順に話していきます。

理想のトレード手法を作るために、

  • どのように勝ちたいか?勝ち方を決める
  • 軸にするトレード手法の決め方
  • トレード手法のバックテストを行う
  • トレード手法の評価・本当に勝てるのか?
  • 深堀りをして自分だけのトレードルールを作る

これらを順番に話をしていきます。

理想のトレード手法を作るためには、いきなりトレード手法に注目するのではなく、まずは勝ち方から考える、というのが見落としがちですが大事なポイントなので、まずはそこから見ていきましょう。

どのように勝ちたいか?勝ち方を決める

なぜ最初に勝ち方を決める必要があるのか?というと、こんなトレードがしたい!という理想ばかり追いかけてもダメで、自分の生活の中に組み込むことができて、継続的にトレードができる必要があるからです。

そのためには、生活スタイルにマッチする現実的な勝ち方はなにか?を考え、自分のものにする必要があります。

この話はトレードの経験が浅い人にとっては、あまりピンとこない話だと思うので、よくわからない場合はサラッと読んで次に進んで大丈夫ですよ。(取り組んでいくとわかってくるので)

FXで勝つというのは、例えば1ヶ月など期間を決めて、その期間でトレードを繰り返した結果、トータルでプラスになることを指します。

『トレードなんて結果的に勝てればなんでもいいよね?全部一緒でしょ?』と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

トータルでプラスにする、と言っても、その中身は、100回トレードした結果プラスになっているのか、10回トレードした結果プラスになっているか。

トレード回数や勝率、リスクリワード、さらに毎日どのくらいトレードに時間を使うのか、チャート監視はどのくらいの頻度で行うのか?などが大きく異なります。

この様に一言で、FXで勝つと言っても、細かいトレードを見ていくと、全く異なり、漠然と勝ちたいとだけ考えていても、達成するのは難しいのです。

だからこそ、自分の理想とする勝ち方を明確にして、どんな勝ち方をしていくのか?トレードスタイルを決めていくことが大事なのです。

勝ち方を決めるということは、つまり、どの様なトレードをどの位(回数)繰り返すことで、プラスに持っていくのか?を決めることだと言い換えられます。

勝ち方のスタイルは大きく分けてスキャルピング、デイトレード、スイングトレードと3つありますが、例えば月に100pips獲ることを目標にした場合、100回トレードして獲りに行くのがスキャルピングであり、10回のトレードで獲りに行くのがデイトレード、1回のトレードで獲りに行くのがスイングトレード、というイメージです。

同じ100pipsを獲ることを考えても、選択するトレード手法によって、日々トレードに使う時間や、チャート監視の方法は大きく異なります。

こちらの記事で、トレードスタイルについて触れているので、さらに理解を深めたい方は参考にしてください。

FXトレード手法の特徴を知る7つの種類分けトレード手法と言うと順張りや逆張り、スキャルピングやデイトレスイング、または移動平均線やボリンジャーバンドなどテクニカル分析ツールを使っ...

そして、どの勝ち方を選べばいいか?という問いに正解はありません。

それは、毎日使える時間には個人差があるし、そもそもの向き不向きもあるからです。

普段仕事をして兼業でチャートを見れる時間も限られているのであれば、オススメは、デイトレ~スイングで普段の生活にも負担なくトレードできるのが理想です。

間違えても選ばないでほしいのは、スキャルピングであり、なぜならずっとチャートに張り付いている必要があるし、そもそもかなり難易度が高いからです。

副業としてFXに取り組み、スキャルピングをした経験がある方はわかると思いますが、本当にいろいろ忙しくて値動きを追いかけるのも、値動きを予測するのも大変です。

使う時間足が短くなるほどテクニカル分析は効きにくくなりますし、精神的負担が大きく半年も続けたら疲弊しちゃいますからね。

FXで勝つ、トレードで勝つといったときに、単純に○○pips獲る、ということだけを考えるのではなく、そこからもう一歩踏み込んで。

普段の生活スタイルに合わせて、どんなトレードなら無理なく続けられそうか?勝ち続けられそうか?自分にあったトレード手法を考えることがとても大切です。

具体的には月10回~20回くらいで1回のトレードで30pips以上獲り、月辺り300pips以上残せる損小利大のトレードを目指すことです。

月10回~20回のトレード頻度と聞いて、少ないと感じる人が多いと思いますが、1日中チャートを見てトレードするタイプの専業トレーダーになりたいわけではないならば、このくらいが丁度良いのです。

なぜ目指すべき数字として300pips以上としているのか?

取れるなら1000pipsでも2000pipsでに大きく取れたほうが良いに決まっています。

しかし、安定して稼ぐことを第一に考えたら、頑張ってたくさんのpipsを取る事を目指すのではなく、自信を持ったトレードで、毎月200~300pips安定的に取ってロットを大きくする方が望む金額を稼ぐことが出来るからです。

また他の理由としては、トレーダーは長い年月をかけて資産を増やしていくのですから、日々の負担は最小限の方が良いですからね。

ただ、少し考えてほしいのですが『こんな日々の負担が少なく、頻度も少なく、勝てる手法を見つけたことありますか?もしくはどこかで売っているのを見たことがありますか?』

おそらくないですよね、少なくとも僕は見たことはありません。

というか、そもそも手法は誰かに与えられるものでもなく、誰かが見つけてくれるものでもありません。

自分で創り上げるしか、手に入れる方法は無いのです。

そのための第一歩として、先ほど示したような、どのくらいの頻度でどのくらいのリスクを背負ってリターンを狙うのか?を含めて勝ち方を決める必要があるのです。

軸にするトレード手法の決め方

自分の理想の勝ち方のイメージが湧いた次は、それに合いそうなトレード手法を決めていきます。

『合いそうな』というところがポイントで、なぜなら、いきなりピンポイントで自分にぴったりな手法が手に入ることは難しいからです。

ピンポイントで自分に合う手法を見つけようとして、逆に時間がかかってしまったり、なかなか先に進めないのは時間の無駄なので、これが合いそうかな?となんとなく感じるものを選びます。

もし手法を選んで、その手法が使い物にならなかったり、自分の生活スタイルに合わさなそうだと分かっても大丈夫です。

一見時間の無駄に感じるかもしれませんが、合わない手法が分かる事そのものが、自分で理想のトレード手法を作る為に欠かせない経験となるのです。

また、それから新たに手法を探してトレードしていけば良いので、あまり考えすぎずに『これなら大丈夫そうかな?自分に合うかも』と思えるものを選ぶのが良いです。

F-pediaで推奨してるダウ理論ルールを使ってみようと思ったらきっかけをメールでいただくのですが、

『このルールならシンプルで自分にもできそう』
『このルールはすごくしっくり来る気がする』

この様に自分にもできそう、と感じて自分のルールにしてくれている人が多くいます。

FXダウ理論だけで勝てる150pips獲る再現性の超高いトレード手法FXで1日15~30分のチャート分析で月150pips以上勝てる、再現性の高いトレード手法。実際のチャート・模式図などを使って解説していきます。使うテクニカル分析ツールはダウ理論だけで、超シンプルなトレード手法です。...

ぜひあなたもあまり考えすぎずに『これは自分に合いそうだな』と感じた手法を一つ決めてください。

また、以下の記事では勝てるトレード手法とはどういうものか?その特徴をまとめていますので、参考にしてください。

FXトレード手法で勝ち続けるために絶対に必要な3つの要素とは?今回は、FXで勝てるトレード手法に絶対に必要な3つの要素を話していきます。 トレード手法というと「どこでエントリーをするのか?」を...
伸びるところを狙って獲る!FXで勝てるトレード手法のメカニズム今回は相場の伸びるところについて、どうすれば事前に予測して狙って獲れるようになるのか?を話していきます。 伸びるところが事前にわか...

で、手法を選んだらそれで終わりではありません。

そこからその手法が本当に勝てるのか?を確かめ、勝てる実感を得る必要があります。

そして見込みがあれば、そのトレード手法の精度を高めていくための取り組みをしていく必要があります。

決めた手法が『勝てる手法なのか?』『勝てない手法なのか?』

その手法でいいかどうか?の判断、評価はどの様に行えば良いのか?を次に話していきます。

トレード手法のバックテストを行う

トレード手法を一つに決めたら、次にやることは、バックテストです。

バックテストをして、結果をだし、その手法が本当に勝てるものかどうか?を評価していきます。

過去チャートで通貨ペアと期間を決めて、MT4を使い、どこでトレードできるのか?トレードした結果の成績はどうか?をみていきます。

バックテストをするために必要なもの、決めることは、

  • MT4を1つに決めて準備する
  • バックテストする通貨ペアを決める
  • バックテストする期間を決める

まずバックテストに使うものはMT4という無料のチャートソフトで十分可能です。

他には有料のもので、FT2やFT3といった検証ツールがありますが、最初のうちは無料のMT4で十分です。

使っていく中でもっと高度な検証がしたい、となったときに検討するのが良いでしょう。

で、無料のMT4を使うと言っても、実は日本国内の証券会社だけでも結構な数があって、どのMT4を使ったら良いのか?最初のうちは迷うはずです。

今後トレードする中でMT4はずっと使っていくものなので、一つ決めて、それを使い続けるのが良いでしょう。

MT4を1つに絞った方がいい理由は、証券会社によってレートが微妙に変わったり、それこそローソク足の形が全然違う事があるからです。(会社によっては、1週間に作られる日足の数が6本のところもあります)

その結果、チャート分析が異なる事があり、本来トレードすべきところを見逃したり、トレードすべきでない場面でエントリーして無駄な損失を出したり、成績に大きく影響する、勝ち負けが変わってしまいます。

そのため自分が決めたMT4を1つに決めて、そのチャートで分析をして行くことが大切なのです。

どの様な基準でMT4を選べばいいか?については以下の記事でまとめていますので参考にしてください。

FXのトレードスキル向上に絶対必須なメタトレーダー4の選び方メタトレーダー4の選び方について。「どこの証券会社を使っても同じでは?」と感じるかもしれませんが、決定的なある違いがあります。その違いと、どれを選ぶのがベストか?話をしていきます。...

使うMT4を決めたら、通貨ペアと期間を決めてバックテストをしていきます。

通貨と期間はどうやって決めれば良いのか?ここはバックテストをするにあたって気になるポイントだと思うので、目安を提示しておきますね。

まず通貨ペアはドルストレート7通貨がオススメです。

ドルストレートとは具体的には、USD/JPY、EUR/USD、GBP/USD、AUD/USD、NZD/USD、USD/CAD、USD/CHFの7つです。

ドルストレートに絞って検証したほうがいい理由は、取引量が多いということ、そして多くのトレーダーが注目していて、テクニカル分析も効きやすいからです。

FXでは30種類以上の通貨ペアがあるので、取引する通貨は選び放題なのですが、あまり有名ではない通貨でトレードすると突発的な予測不能な動きに巻き込まれて、大きく損することもあるので、最初はドルストレートに絞るのが良いです。

そして、次にバックテストの期間は、まずは半年以上が良いです。(もちろん長い期間をやるに越したことはありません)

半年以上としている理由は、レンジ相場でトレードできなかったり、逆にトレンド相場で連勝、連敗することがあったりして、半年あればバランスよくデータが集まり、その手法が勝てるかどうか?の評価ができるからです。

半年バックテストをしてみて、いい感じであれば、もちろん期間をどんどん広げて結果を見ていくのがオススメです。

ダウ理論ルールを例に話すと、日足のトレンドが発生する場面を見ていくために、半年くらいあると、トレンドが発生したり、終了したりを繰り返していて、トレード回数も適度にあるので、このくらいの期間が理想です。

半年くらい検証すると、通貨ごとにプラスになる月、マイナスになる月と波があり、成績をある程度評価できるレベルになります。

トレード手法の評価・本当に勝てるのか?

これらの期間、決めた通貨ペアでルール通りにトレードしたら、どのくらいの結果が出るのか?を見ていきます。

トレードルールが決まっていれば、どこでエントリーするのか?どこで損切り、利確を行うのか?が決まっているはずなので、そのとおりにトレードして、どのくらいの数字が出るかを見ていきます。

で、評価基準としては、
・勝率が6~7割くらいになること
・収支がプラスになること

上記の条件をクリアできるかを確かめてください。

この評価方法は人それぞれ異なるところであり、トレーダー仲間に「どうやってトレード手法を評価しているか?」を聞いてみたところ、

『同じようなアプローチで入れるトレードルールを用意して、25トレードを1セットと考え、その1セットの集計が勝率5割、リスクリワードが1:2以上のパフォーマンスである事。

そして、それを2セット繰り返しても結果が良好であればトータル勝てる手法と評価する。』

という意見もありました。

半年で良い結果が出たら、先程も少し話しましたが、期間を広げたり、さらに通貨ペアもドルストレートから広げて30近くの通貨ペアでバックテストをしてみて、どの通貨と相性がいいか?を見ていくのもオススメです。

この様にバックテストを取り組んでいくことで、より自信を持ってトレードできる様になるからです。

いずれにしても、まずバックテストで大事なのは一定数のトレードできる場面を出して、望む数字(結果)がでるかを評価すること。

そしてこの条件をクリアできれば、そこから本格的にトレード手法に磨きをかけるために、さらに深堀りの検証をしていきます。

で、バックテストをする際に一つ意識してほしいポイントが、自分の生活スタイルに合わせてトレードできるかどうかです。

例えば、良いエントリーポイントが東京時間にばかり訪れるトレード手法だと、日中仕事をしている人はトレードするのが難しいですし、逆に夜中の時間のエントリーは寝ているので難しいですよね。

もちろん、成り行きエントリーではなく、指値や逆指値の予約注文を入れておくことができれば問題ありませんが、この様に、そもそも自分の生活スタイルに合わせたときにトレードできるかどうか?チャートを見ていられるかどうか?も考慮する必要があります。

この様に、バックテストでは、トレード手法が勝てるものなのか?を判断するために、通貨ペアと期間を決めて、どのくらいの結果が出るのか?を見ていき、更に自分の生活スタイルに合わせてトレードできるのか?トレードする時間帯も一緒に見ていくことが大切です。

バックテストについて色々話をしたので少し整理していくと、まずは期間を半年、通貨ペアをドルストレートに絞って取り組んでみてください。

良い結果であれば、次に生活スタイルと照らし合わせて、自分が起きている時間に(仕事の合間にチャートを見れるか?なども含め)トレードできる箇所がどのくらいあるか?時間帯を見ていきます。

そして期間と通貨ペアを更に広げていき、その手法が本当に勝てるかどうか?を評価していくのです。

バックテストの結果、いい数字が出ることで『これならいけそうだ!』と確信と自信を持つことができれば、その手法を信じて育てていくことが出来るのです。

深堀りをして自分だけのトレードルールを作る

自分なりの勝ち方を決め、トレード手法も決め、バックテストを行い、結果が出ることがわかった辺りから、実際にトレードをしていくことになります。

ただ、トレード手法はここで完成ではありません。

この記事の冒頭でも触れた様に、負けが続いたときに立ち直ることができたり、常にチャートを目の前に最善の判断ができること、そしてロットをあげても恐怖に打ち勝つために。

自信を持ってトレードができるように、更にここからトレード手法に磨きをかけていく必要があります。

バックテストで出た結果をより良くするために、例えば1回で獲れる利益を大きくしたり、勝率を高くするために深堀りをしていく必要があるのです。

そのためにすべき事の一つが、エントリーの精度を上げる、勝ちやすいところ、負けやすいところの特徴を掴むことです。

ほとんどの人は、検証というとバックテストを思い浮かべますが、真の意味での検証は、トレード手法をより良くしていくために行う、深堀りの検証なのです。

具体的にやることは例えば、

勝ちやすいところと負けやすいところの共通点を見ていき、それぞれの法則を軸にしているテクニカル分析を使って見つけていくこと。

わかりやすい特徴としては例えば、

  • トレンドに乗っていく手法であれば、長期足がもみ合っていたら負けやすい
  • 意識されている値段を抜けたら大きく伸びやすい
  • ローソク足の組み合わせやチャートパターンなどから値動きを予測する

こうしたわかりやすい特徴を掴み、ルールに組み込んでいくことで、1回で獲れる利益を大きくしたり、勝率を高めることができるのです。
(ただ、注意が必要なのが、この特徴を掴むためのテクニカル分析の理解やチャート認識力が曖昧だと再現性が無くなるので気を付けた方が良いでしょう。)
さっき説明したバックテストをやってもらえれば、ダウ理論ルールだと半年間、各通貨ペアで合計50箇所以上のトレードできる場面が出てくるはずです。

それらの勝った場面、負けた場面を見ていき、勝っている場面の共通点はなにか?負けた場面の共通点はなにか?を考えていきます。

そして、見つかった共通点をルールに組み込み、実際のトレードで試すことで、優位性があるのかどうか?を確かめてルールをより良いものにしていくのです。

この様に、

沢山の場面を見つける→その中で共通点を見つける→ルールに組み込む→良さそうならそのまま実践、微妙ならルールをもとに戻す→沢山の場面を見つける→

というサイクルをテーマを変えたりしながら繰り返すことで、自分だけの理想のトレード手法を創り上げていきます。

こうした自分だけの理想のトレード手法は、少し取り組んだら作れるものではなく、どうしても時間や労力がかかるものです。

ただ、こうした苦労を乗り越え、自分だけのトレード手法を創り上げた暁には、普段忙しい兼業トレーダーだったとしても、

少ない時間のチャート監視で勝率高く、1回のトレードで狙って大きく獲れる、マーケットからお金を稼ぎ続ける力を手に入れることができるのです。

ぜひこの状態を目指して、自分だけのトレード手法を創り上げていきましょう。

自分だけの理想のトレード手法の作り方まとめ

今回の記事では、FXで稼ぐ、そして稼ぎ続けるために必要なものとして、自分だけの理想のトレード手法の作り方について1から話をしていきました。

内容をおさらいすると、

  • どのように勝ちたいか?勝ち方を決める
  • 軸にするトレード手法の決め方
  • トレード手法のバックテストを行う
  • トレード手法の評価・本当に勝てるのか?
  • 深堀りをして自分だけのトレードルールを作る

これらをそれぞれ解説していきました。

これからトレードの世界で稼ぎ続けるためには、トレード手法を手に入れたら終わり、ということはなく、その手法を磨き続けることで生き残ることができます。

自分だけの手法を創り上げるためにも、この様に手法を磨き上げる、自分だけの手法を創り上げることを意識して、何度も今回の記事を読み、手を動かしてくださいね。

「配信があるときは勝てるんです・・・」
と好評の相場分析配信を受けませんか?

僕が日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

トレードで高い勝率を実現するためには、正しい分析が必要です。

では、その正しい分析とは何なのか?

既にサイトで公開をしているシンプルで超強力なトレードルールを基に、チャートを前にどう分析すればいいのか。

正しい相場分析とは一体どういうものなのかをお見せします。

僕の分析を元にトレードして勝ってもらうのはもちろん、最終的にはあなた一人でも僕と同じチャート分析ができるように、そのために必要な知識、考え方をレポートやメールマガジンで詳しくお伝えしていきます。

『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
『思うようにトレードで勝てない・・・』
『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』

こんなふうに思っている人には、目からウロコな話ばかりなのでオススメです。

具体的に得られるものの一部を紹介します。

▼登録すると得られるもの▼

・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
・秘密のメールマガジン

メールに登録してくれた人限定で、これらをテーマにしたレポートを作り出来上がり次第プレゼントしようと思っています。

あ、一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。

合わせて読むとより理解が深まります