エリオット波動でトレンド継続を見極める6つのチャートパターン

エリオット波動をトレードに取り入れるとなったら、15分足などでの短期足でトレンドが出ていることを確認する必要があります。

トレンドの調整場面で、そこからトレンドが継続するのか、それとも反転してトレンドが転換していくのかを見分けるために、エリオット波動の考え方が活躍します。

つまり、トレンドの調整場面を見てエリオット波動のパターンに当てはめてみれば、その後トレンドが継続しそうかどうかを予測することができるようになります。

今回紹介するチャートパターンは、エリオット波動の考えをそのまま使うのではなく、ちょっと応用したものです。

実際の相場でこれらのチャートパターンを認識できるようになると、トレンドに乗り遅れた、と思っても途中からトレンドに乗ることができるようになりますよ。

エリオット波動はトレンドの調整場面のパターン認識に使う

エリオット波動をどの場面で使えばいいのか、今回の狙う場面については、別の記事で紹介しているので、まずはこちらを読むことをオススメします。

エリオット波動が大活躍する短期足での狙う場面解説

簡単に言うと、短期足でトレードチャンスを逃した後、追いかけてエントリーするときに、エントリーしていいのかしちゃダメなのかを判断するためにエリオット波動を使います。

また、エントリータイミングを取るときの補助としても使えます。

追いかけてエントリーしていいのかダメなのかを判断するときに、注目すべきなのは、15分足で見たときのトレンドの途中の調整部分です。

チャートで言うと、ここの部分。

エリオット波動はトレンドの調整場面のパターン認識に使う

この部分、リアルタイムで相場を見ていると、ここから上昇するのか下落するのか、それともレンジになって、ダラダラ横に動くのか、これらを判断するのは難しいですよね。

調整場面では、当たり前ですが、先が見ええないので、調整しているロウソク足の形を見て、パターン認識する必要があります。

こういう調整だったら、この後上昇する可能性が高いな、こうなったら下落する可能性が高いからエントリーは控えて様子見しよう、という判断ができます。

この判断を下すためのツールとしてエリオット波動を使います。

と言っても、通常エントリーするときのチャートパターン認識とほとんど同じなので、エリオット波動という言葉はそんなに意識する必要はありません。

エリオット波動のオーソドックスな調整パターン

ここからは、エリオット波動を使った調整のパターン紹介します。

エリオット波動はこのような図で解説されます。

エリオット

で、今回注目するのは、a〜cです。

このa〜cの調整場面のチャートの形を見て、その後トレンドが継続するか反転するか、を見極めます。

1つ目のチャートパターンは通常のエリオット波動のセオリー通りの3つの波による調整です。

図で表すとこのようになります。

エリオット波動のオーソドックスな調整パターン

特に注目して見て欲しいのは、安値のところです。

この図だと安値は同じ位置にありますね。

このパターンの変形として、安値が切り上がっているもの、切り下がっているもの、があります。

全部並べるとこのようになります。

4

左から相場の勢いのある順に並んでいます。

一番右の安値が切り下がっているパターンは、ここから下落へ転換する可能性も考えられるため、上昇の勢いはあまり強くないです。

逆に安値が切り上がっている場合、まだまだ上昇の勢いがあることがわかると思います。

ここで一つ重要なポイントがあります。

それは、安値は直近の上昇幅のどのくらいにあるか、です。

直前の上昇を全部戻して安値をつけてしまうと、いわゆる全戻しと呼ばれるもので、上昇の勢いはほとんどありません。

下の図のような状態が全戻しです。

エリオット波動のオーソドックスな調整パターン

ここまで戻してしまうと、買いでエントリーすることよりも、ここから反転してしまうのではないか、と考えますよね。

このように、安値をつけるとき、上昇の値幅に対してどのくらいまでなら落ちてきても許容範囲なのかを考える必要があります。

この許容範囲の目安は50~65%くらいです。

ちょっと幅がありますが、ざっくりで大丈夫です。

上昇幅の50%戻しで安値をつけたのであればそこから上昇する可能性は高いです。

じゃあ、直前の上昇に対して戻しの割合を計るために何を使えばいいかというと、フィボナッチリトレースメントです。

便利なテクニカル分析ツールでとても簡単に使えるので使ったことがないのであれば、ここで使い方を覚えてしまいましょう。

フィボナッチリトレースメントはここにあります。

エリオット波動のオーソドックスな調整パターン

安値でクリックしたまま直前の高値まで持っていくと、このようになります。

エリオット波動のオーソドックスな調整パターン

これで戻しの割合が上昇に対してどのくらいかが一発でわかります。

このように、相場が短期足で上昇し押し目を形成したら、フィボナッチリトレースメントを使って安値と高値を結ぶことで、次にどの辺りで反転上昇しそうかの目安を知りましょう。

そして、50~65%の間で先ほど紹介したエリオット波動のチャートパターンを作り、上昇し始めたらタイミングをとってエントリーします。

エリオット波動の変則調整パターン

すべての押し目が50~65%戻して上昇してくれればいいのですが、相場によっては、50~65%%を下回って上昇する場合があります。

このパターンがこれから紹介するエリオット波動の押し目の2つ目のパターンです。

どのくらい押し目が入るかというと、50~65%より深く、直前の上昇に対して70%くらいまで入ることがあります。

で、70%くらいまで下落する場合、最初に説明したパターンより、上昇の勢いが弱いくなっています。

そうなると、ここから相場が上昇するためには、エネルギーを貯める必要があります。

深い押し目が入るときは、その後の上昇のエネルギーを貯めるために、押し目の波が3つではなく、5つになることがあります。

5つの押し目の波には図に表すとこうなります。

エリオット波動の変則調整パターン

これにもパターンが3つあって、今紹介したように安値がある程度一定になっている場合、安値が切り下がっている場合、切り上がっている場合があります。

9

先ほどと同じなので説明は不要かと思いますが、これも左から順に勢いの強い順となっています。

このようにトレンドが発生しているときの調整場面を今紹介したどのパターンに当てはまるのかを照らし合わせてチャートを見ます。

実際にチャートでどのように出てくるか見てみましょう。

こちらがチャートです。

エリオット波動の変則調整パターン

今回はダウントレンドでの場面を持ってきました。

ドル円の15分足です。

どこで5つの波のエリオット波動のチャートパターンになっているかわかりますか?

ちょうどこの場面です。

エリオット波動の変則調整パターン

①と書いているところが5つの波の戻しを形成しています。

そして、②は際最初に説明した3つの波のエリオット波動が発生しています。

さらに、5つの波のところにフィボナッチリトレースメントを表示させて下落に対してどのくらい戻しが入っているかを確かめました。

エリオット波動の変則調整パターン

数字が見にくいと思うのですが、38.2%で反転して折り返しています。

つまり、まだまだ勢いがある下落場面での戻しだと判断できます。

今説明したチャートのように、5つの波と3つの波が連続して発生することもあります。

3つの波と5つの波の発生頻度は圧倒的に3つの波による戻し、押し目が多いので、これからトレンドが発生して戻し、押し目を狙ったトレードをする際は、3つの波を探してエントリーのタイミングをとってみてください。

まとめ

今回話したエリオット波動の押し目、戻し場面でのチャートパターンはトレンドが発生した後、結構な確率で発生します。

ただ通貨ペアによって発生しやすい、しにくいがあるので、過去のチャートで検証をしてみて、よく発生する場合は、エントリーのタイミングをとる一つの補助として使ってみてください。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*