エリオット波動が大活躍する短期足での狙う場面解説

エリオット波動を勉強する際に、いきなりエリオット波動の全てを理解しようとしてはいけません。

一から勉強しようとすると、何を言っているのかチンプンカンプンになってしまいます。

そうならないためにもエリオット波動が今日からトレードで使える場面はどこなのか。

どんな場面で役に立つのかを説明していきます。

まずはエリオット波動の基本を知ることと、使う場面を理解しましょう。

エリオット波動とは?

まず最初にエリオット波動の説明を簡単にします。

エリオット波動という名前を知っていれば、もしかしたらこの図は見たことがあるかもしれませんね。

エリオット

エリオット波動といったらこの図が出てきて、こんな説明がされます。

「トレンド方向への動きは5つの波(1〜5)で形成され、その後修正波が3つの波(a〜c)形成される」

最初にこのように説明され、その後はよく分からない複雑なチャートが出てきて、頭の中が混乱する、というのがエリオット波動の説明でよくあるパターンです。

私自身もエリオット波動を知ったばかりの頃は、こんなものがなんの役に立つのか?と思いました。

しかし、実際に勉強してみると思いのほか使える場面がありました。

ちなみに、最初に説明した、トレンド方向へ5つ、修正波が3つで合計8個の波で形成される、という話でわかって欲しいのは、波を5つに分けることができれば、その方向がメイントレンドだ、ということです。

つまり、アップトレンドがもうすぐ終わりそうだな、というところで、下落の波が5つの波で形成されていたら、下方向への勢いが強くなったと判断し、アップトレンドを追いかけるのをやめます。

エリオット波動が大活躍する短期足の場面

エリオット波動が短期足で活躍する場面は、ある程度限られています。

今回紹介する場面は、今までに話してきた勝率の高いポイントと近いので、その復習をしながら話を進めていきます。

勝率の高いポイントは相場がトレンド方向に動き出した直後です。

詳しくはこちら記事を参考にしてみてください。

勝率の高いたった2つのエントリーポイントを見つける方法

上の記事を読んでもらえれば分かりますが、勝率の高いエントリーポイントを絞り込もうと思ったら、今の相場のトレンドを分析して、トレンドの方向に相場が動き出した直後にチャートパターンを見つける必要があります。

ここが最も勝率の高いポイントなのですが、ここである疑問が出てきます。

もしこのポイントを見逃したら、エントリーできないのか?ということ。

次に同じような場面が来るのを待つとなると、1週間くらい待つのは普通で、下手するとそれ以上待たなければいけないこともあります。

相場で勝つ秘訣の一つに待つこと、というのがありますが、そんなに待っていたら、全くエントリーできなくなってしまいます。

トレンド方向に動き出した直後はエントリーできなかったが、相場はまだまだトレンドが継続しそうだ、となったとき。

こんな時にエリオット波動が活躍します。

ざっくりチャートで表すと、こんな感じになります。

エリオット波動が大活躍する短期足の場面

まとめ

エリオット波動に限らず、ほとんどすべてのテクニカル分析は活躍する場面と活躍できない場面に分かれます。

エリオット波動も同じで、すべての場面で使えるのではなく、トレンドの初期に乗り遅れた時、その後少し遅れてトレンドに乗ろうと思った時に非常に役にたちます。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*