絶対抑えたいFXのチャート分析で最強なラインの3つの役割

今回はライントレードについて話をしていきます。

もしかしたら、FXで勝つためには何かしらの秘密があり、ライントレードをマスターすることでその秘密を手に入れられると思っているかもしれません。

残念ながらラインをきちんと引ける力を身につけるだけではFXで勝つことはできません。

しかし、いつまでもラインをなんとなく引いているだけでは、他にどんな力を身につけたとしてもまず勝てるようにはなりません。

ラインが引けなくても、勝てるようになる方法は実際にはあるのですが、その方法で勝てるようになるのはかなり大変なので、ぜひあなたにはFXのトレードにおけるラインの引き方をマスターしてほしいと思います。

まず、そもそもラインを引くとはどういうことなのか、なんでラインを引かなければいけないのか、なぜラインが重要なのか。

トレードでラインと上手に付き合ったていく上で大事な3つの基本について話していきます。

まずはラインの役割、ラインについて考えてみましょう。

ラインはチャート分析の基本中の基本

shutterstock_386993284

トレードを少しでも勉強したことのある人なら分かると思います。

トレードで勝つためにはいくつかの力が必要なのですが、その中でもまずパッと思い浮かぶのは、相場の現状分析だと思います。

「環境認識」と呼んでもいいです。

これらが指すものは同じであり、それは相場が今どんな状況であり、トレードするにふさわしい状況なのか、トレードしない方がいい状況なのか、です。

この力が必要なのはなんとなくわかると思います。

もし、「そんな力必要なの?」と思ったなら、F-pediaの過去の記事をしっかり読み込むことをオススメします。

そして、このラインをしっかり引けるようになる力が、直接的に相場の今を映し出す力なのです。

ただ、このラインを引く力ですが、これ単体で力を発揮するのではありません。

ラインを引く力は、あるものと一緒に使うことでその効果が最大になります。

それは、ダウ理論です。

ラインを引く力とダウ理論のどっちが大事か、みたいな話がされますが、僕はこの2つはどちらもトレードにおけるド基本として、とても重要なものだと考えています。

僕はトレードするときに、ライン・ダウ理論・移動平均線の3つを主に使いますが、もしこの中のどれか一つが明日から使えなくなる、と言われたら、迷わず移動平均線を投げ捨てます。

もちろん、移動平均線はとても大事なものですが、それよりももっと大事なのはダウ理論とラインです。

あなたもいくつか、相場を読み解くためのツールを使っていると思います。

それらにはしっかりとした優先順位がありますか?
トレードに必要ない余計なものを表示させていませんか?

ラインはトレードでとても重要な役割をし、ダウ理論と手を組むことで最強になります。

このことをまずはしっかりと理解してください。

この力が身につかないことには、エントリーのタイミングをいくら気にしても、一向に勝てるようになりませんよ。

相場の流れを知るために必要なラインは1〜2本程度

shutterstock_107977196

「ラインが大事なんだな、わかった、じゃあたくさんラインを引こう!」というのは多く人がやってしまう間違いです。

もちろん、最初のうちはラインをたくさん引くのもいいのですが、どこかで気がつかなければいけないことがあります。

それは「ラインが多すぎると、ただ混乱するだけだ!」ということ。

ラインはお酒みたいなものです。

「酒は百薬の長」と言われます。

適量飲むなら、お酒はとてもいいものだ、と。

しかし、飲みすぎるとどうなるか、あなたも一度は身を持って体験したことがあると思います。

つまり、ほどほどがいい、ということ。

ラインもこの考え方と同じで、少し使う分にはすごくいい効果をもたらしてくれるけど、引きすぎると混乱して何が何だかわからなくなります。

酒を飲むときに自分にとっての適量がどのくらいなのかを理解しなければいけないのと同じように、どのくらいのラインを引くのがいいのか、適度なラインの数を理解する必要があります。

僕の経験上、相場の状況を判断するのにラインを使おうと思ったら、必要なラインの数は1〜2本です。

ほとんどの場合は1本あれば十分だ、と思っています。

もちろんラインが1本も引けないところもあります。

僕の場合逆にラインが4本以上引ける、というのはまずあり得ません。

あなたは実際にチャートを目の前にしたとき、トレードをするにあたって何本のラインを引きますか?

過去検証したチャートでもいいです。

実際に数えてみてください。

そして、そのラインを引くことで、明確なチャート分析ができていますか?

今はトレードするに適した状況なのか、トレードしないほうがいい状況なのか、これが瞬時に判断できますか?

もし出来ないなら、そのラインはただ引いているだけで、なんの意味もないことになります。

もし心当たりがあるなら、ラインを1本も引かないでチャート分析をしてみてください。

大して変わらないと思います。

現状分析をするために、ラインは長期足で引く

shutterstock_216381091

これはもしかしたらどこかで聞いたことがある話かもしれません。

ラインは短期足より長期足の方が信頼できるから、短期足で引くのではなく長期足で引くようにする、という話です。

もちろん、長期足でラインを引くことを僕もオススメするのですが、その理由は明確です。

僕は日足か週足でラインを引くのですが、その理由は日足と週足で相場の状況がどうなっているかを知りたいからです。

日足で買いが強いのか売りが強いのか、それともどっちの方向にも勢いがついていないのか、相場が今どういう状況なのかを日足レベルで知りたいのです。

日足より短い時間足でラインを引くのは構いませんが、短期足で引くラインは何のために引いているのか答えられますか?

もし短い時間足での方向性を知りたいというのが理由であれば、それでもいいですが、短期足は移り変わりが早くその速さについていくのが大変です。

一日中チャートに張り付いてトレードできるならいいかもしれませんが、それだとトレードで効率的に稼いでいくのは難しいでしょう。

毎日会社に拘束される生活が嫌でトレードを始めたのに、今度はチャートに拘束され、毎日会社にいるよりも長い時間チャートとにらめっこしなければいけない、というのはあんまりじゃないですか。

こうならないためにも、余裕を持ってトレードするためにもゆったりとした流れである、日足の流れをつかむことをオススメします。

日足の状況を知るために、日足でラインを引き、相場がいまどういう状況なのかを判断する力をつける必要があります。

ただ日足でラインを引きますが短期足を見ないか、というとそれは違います。

日足でラインを引き日足でエントリーしてもいいですし、日足でラインを引いて、時間足を短くしてエントリーしてもいいのです。

これは完全にトレーダーの性格の問題であり、どっちじゃないと勝てない、ということはありません。

大事なのは長期足の大きな流れをつかむためにラインを引くのであって、ここを外さなければ、エントリータイミングを取るのに長期足を使っても短期足を使っても勝ち負けにはそこまで関係ありません。

日足で相場の状況を判断できるようになる力を身につけられれば、他にどの時間足を使っても、トレードで勝つために必要な大きな力になります。

だからまずは長期足、特に日足でしっかりラインを引き、相場が今どんな状況なのかを判断できる力を身につけましょう。

まとめ

shutterstock_353531531

今回は、チャート分析において最強なツールであるラインの役割について、ラインがどういうものなのかを話しました。

どのテクニカル分析ツールよりもラインが強力であり、ラインは相場がいまどういう状況なのかを知るために必要不可欠なものです。

相場がどう動こうとしているのか、流れをつかめるようになれば、エントリーのタイミングがちょっとくらいずてたとしても、方向は間違えていないので、利益になる確率が高まります。

もちろんエントリーする場面の絞り込みやタイミングの取り方も重要ですが、そこばっかりを勉強したとしても、今回話した相場の方向性を理解できないことには、全く使いものになりません。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*