絶望感だらけなFX初心者だった頃の話〜オレはいつになったら勝てるんだ!?〜

Pocket

僕が実際に勝ちトレーダーになるまでの軌跡を、これから何回かに分けて話していきます。

今回はその第一弾として、僕がFX初心者だった頃について話をしていきます。

僕がどんなふうにFXと出会って、当時FXに対してどんなことを思っていたのか。

FXで勝てるということに、どんな希望を持っていたのか。

この辺をいつもとはちょっと違ったテイストで話していきます。

あなたがこれから通るであろう道について、具体的に話をしていくので、これらを知っておくことで、無駄な遠回りをすることなく、勝ちトレーダーへと一歩ずつ近づくことが出来ます。

今回の記事を読んで得られることは・・・

・あなたのトレーダーとしての成長スピードを確実に上げる方法
・このまま勉強を続けて、いつになったらFXで勝てるようになるのか、という不安への対処法
・勝ちトレーダーになるために、必要なたった1つの重要な考え方

他にも、読む人によって、読む時期によって得られるものが大きく変わるはずです。

しっかり真剣に読んだり、トレードの勉強のリフレッシュとして読んでもらうのでもいいです。

ぜひ何度も読んで、1つでも多くの気づきを得てください。

なんの希望もない、絶望感だらけでFX初心者だった2011年ころ

まずは僕がこのFXの業界に足を踏み入れた当時の話をしようと思う。

FXで個人がお金を稼げる、そのためにいろいろな情報サイトがあったり、勝っているであろう人たちがまとめた、FXの教材がたくさん売られている、ということを僕が知ったのは2010年ころである。

詳しくは仕事上の守秘義務があるので話せないが、2011年頃から、仕事としてFXの業界に関わることになった。

おそらく多くの人は「FXってよくわからないけど、なんか簡単に稼げるみたいじゃん、すげーな、興味あるわ」と言うところからスタートしていると思うが、僕はそんな多くの人とは、真逆のところからスタートしている。

もしかしたら、最近はこういう興味から入るよりも、より現実的な面を見てFXの世界に入った人も多いかもしれない。

「簡単に稼げるかはわからないけど、しっかり勉強してスキルを身につければ、自分ひとりでも稼げるようになるのかもしれない」こんなふうに。

僕は、仕事でFXに関わるようになったのだが、普通の人達がよく目にする、巷で売られている、いわゆるFXの教材をいくつも手にした。

そこで僕が感じたものは「ここに書いてあるとおりにやって本当に稼げるの??一時的にちょっと稼げたとしても、本当に稼ぎ続けられるの??」という疑いだった。

当時は疑いしかなかったが、しっかり勉強してスキルを身につけることで、FXで本当に稼ぎ続けられる、と今ならハッキリと言い切ることが出来る

多くの人は「勉強して、FXをマスターすれば、お金を好きなだけ稼げるかもしれない」という希望を見つけ、その希望の中にあり自分の手が届きそうなものを、なんとかつかむために、今日までこうしてFXの世界に留まっていると思う。

もし、あなたがFXの世界になんの希望も持っていなければ、こうして今このサイトを見ていないだろう。

さて、僕はあなたのようにFXの世界に、何かしらの希望を持っていたかというと、実はそんなことはなかった。

さっき話した通り、そもそもFXの世界に対して絶望しかなかったのである。

「2万円も3万円もする教材でこんなに簡単に稼げるって書いてあるけど、2〜3日でこのトレードの方法をマスターしてトレードしたとして、絶対に近いうちに勝てなくなる」

こんな風に思っていたが、僕は実際にFXの世界で教材や塾のようなものに数十万円遣ってきたが、FXで勝ち続けるためのスキルをほとんど学ぶことはできなかった。

こんな絶望感をいだきながら、FXの世界にいた。

FXの世界に足を踏み入れて、自信を持ってトレードで勝てるようになるまでに、約5年もの歳月を要した。

もともと絶望からスタートしたFXに対して、希望が見えたのはいつなのか。

その希望は本物だったのか、FXで勝てるという希望は裏切られなかったのか。

このあたりの話を今後いくつかの記事で時系列を追いかけながら話をしていく。

これかれら書いていくことは、僕自信がここ5〜6年の間に、実際に経験したことを、なるべくリアルに伝えたいと思っている。

変にかっこうつけたりすると、大事なところが伝わらない可能性がある。

よりリアルな面を出すことになるので、もしかしたら読む人によっては、気持ちのいいものではないかもしれない。

それでも、FXで勝てるようになるまでに、僕がどんな道を歩んできたか、このF-pediaを読んでくれている人には知ってほしいのだ。

あなたが僕と同じように、FXで勝てるようになるまでに、遠回りすることなく、最短距離で結果を出すために、しっかりと読み進めてほしい。

自分は一体いつになったらFXで勝てるようになるんだよ?

さっき僕が、FXで自信を持って勝てるようになるまでに、約5年を要したという話をした。

今この話を読んでいるあなたは、まだトレードを始めて数ヶ月しか経っていないかもしれない。

もしくはもう何年もFXの世界にいて、もうすぐ10年近くもの歳月が経とうとしているかもしれない。

まだFXを始めたばかりの初心者の人は、僕がFXで自信を持って勝てるようになるまでに、約5年かかったという話を聞いて、「自分も勝てるようになるためにそんなに時間がかかるのかな?そんなに続けてられるかどうか心配だ」と思うかもしれない。

一方で、もう何年もFXを勉強していて、5年以上経っている人なんかは「自分は一体いつになったら勝てるようになるのか。もしかしたらこのままFXを勉強し続けても、いつまでも勝てるようにならないのではないか??」こんな風に不安になることもあるだろう。

しかし、ここで一つ言っておきたいことがある。

それは、

で勝てるようになるか、ならないかに年数は全く関係ないFX」

ということだ。

これは僕がいろいろなところで話しているので、すでに知っているかもしれないが、僕の周りにいる、いわゆる勝ちトレーダーと呼ばれる人たちが、FXを始めてから勝てるようになるまでにかかった時間は、人それぞれ全く異なっている。

僕が知っている中で最も早い人は、FXという言葉を知ってから、3ヶ月で勝てるようになっている。

彼はその後さらに2ヶ月経つ頃には、月に1000pips以上相場から利益を上げる、豪腕トレーダーへと豹変した。

今では1ヶ月の最大獲得pips数を2000pipsに伸ばすなど、現在進行形でその力を伸ばしている

また別のトレーダー仲間に目を向けてみると、FXを始めて10年してやっとのことで勝てるようになった、シニアトレーダーもいる。

彼はFXで勝てるようになるまでの10年間で本当にたくさんの教材を買い、たくさんの勝ちトレーダーの元で学び、自分にぴったりなトレードスタイルがどんなものかを一つ一つ確かめながら、自分のスタイルとトレードルールを確立するまでに至った。

そんな彼と過去の話をすると、「どんなにFXを勉強しても、いつになったら勝てるようにならなくて、がんばってもがんばってダメで、何度FXを諦めようと思ったことか」という話を聞く。

僕が勝てるようになった、5年間というのが長いのか短いのかと言う話は別にして、もしFXで自信を持って勝てるようになるまでにあと5年かかるいわれたら、僕自身続けられたかどうかとても怪しい。

こんな風にFXを勉強し初めた初心者の状態から、勝てるようになるまでにかかる時間は人それぞれ本当に異なる

FXで勝ちトレーダーになるために、絶対外せないたった一つのある考え方

こんな話をしたら、まだFXを始めたばかりの初心者の方は「自分はFXで勝てるようになるまでに、あとどのくらい時間がかかるんだろう」と不安になったかもしれない。

もう何年もFXに取り組んでいる人は「自分はこの先いつまで続ければ勝てるのか、光のない真っ暗闇にいるようだ」と感じるだろう。

いずれにしても「いつになったら勝てるようになるのだろう」という未来に対する漠然とした不安を抱えるはずだ。

大事なことはこの漠然とした不安と上手に付き合って行くために、なるべく今後一切考えないようにすること

なぜか??

あなたがいつFXで勝てるようになるのかは、誰にもわからないことだからである。

チャートをみて相場分析をして、ここは自信を持って買える、という場面をいま目の前にしているとする。

エントリー直前に、本当にここで買いエントリーしたら、相場は上昇するのか?もしかしたらエントリーした2分後には大暴落して大きな損切りを食らうのではないか??こんな不安にかられたことが一度や二度はあるだろう。

あなたがエントリーした後に、相場が上がるか下がるのかは、結局のところ誰にもわからないことであり、これは後になって振り返らなければ答えは出ない。

あなたがいつ勝てるようになるのかを考えることは、エントリーしたらチャートが上がるのか、下がるのかを事前に知ろうとしているのと全く同じなのだ。

あなたがFXで自信を持って勝てるようになるのがいつになるのかは、結局時間が経ってあなたが勝てるようになったころから、振り返らないと絶対にわからない。

結局エントリー直前に相場が上に行くのか下に行くのかは誰にもわからない、だからそんなことを考えるのはやめるべきだ、という考えと同じで、自分がいつFXで勝てるようになるのか、これは誰にも絶対にわからないことだから、そんな余計なことを心配するのは全くもって無駄なことなのだ。

そして、この未来を思い煩うことについて、もう少し言わせてもらうと、はっきり言ってこれは無駄というよりも、あなたがFXで勝てるようになるために有害でしかない。

なぜ、自分がいつ勝てるのかと未来に思いを馳せることが有害なのか?

とても簡単なロジックではあるが、あなたがFXに取り組み、本来なら目の前の自分の問題と向き合い、具体的にどんなスキルを身につければ勝ちトレーダーに近づけるのか、考えるべくことがたくさんあるのにもかかわらず、そんなことをそっちのけにして「自分はいつになったら勝てるのだろうか」と漠然と考えてしまう。

こうして目の前のことではなく、ずっと先のことばかりを考えていると、本来トレードスキルを少しでも高めるために使わなければいけない、とても貴重な時間を、答えの出ない無駄な部分に使ってしまうことになる。

これではどんなに時間があっても、いつまで経っても勝てるようにならない。

だからこそ、いつまで考えても答えの出ない、未来について考えるのはやめて、いま自分は何をしなければいけないのか、ここを全力で考えるべきである。

僕はFXに関して人に何かしらのアドバイスをする時にこんな言葉をよく使う。

焦らず自分のペースでがんばっていきましょう

この方法が、あなたがFXで勝てるようになるための最短の道だと、僕は確信を持っているから。

これは別に適当に、こう言っているのではない。

人間が何かに追われていると、火事場の馬鹿力がでるからFXに関しても、例えば生活に追われていて、どうにか生活費を稼ぐ必要があるからがんばらなければいけない、というのは一見理想のようにも思える。

しかし、僕はFXを学びスキルを身につけるために、「何かに追い込まれている状態」は好ましくないと考えている。

なぜなら、こうした焦りはトレードするときのメンタルに大きく影響するからだ。

本来はエントリーを見送るところでエントリーしたり、しっかり利確しておくべきところで利確をしなかったり、損切りすべきところで損を受け入れられずに、損を大きくしてしまう。

この根本的な原因の多くは余裕の無さ、焦りから来ている。

こういう視点から、FXに取り組む上でそれなりの緊張感を持つことは必要だが、必要以上に焦って取り組むことは、トレード成績にマイナスの影響しか及ぼさない。

ということで、勝ちトレーダーに向けて今日もがんばっているあなたにはこの言葉を贈りたい。

「これからも焦らずに自分のペースでがんばっていきましょう」

次回は、僕がFXの世界に入って、どういうことから勉強し始めたのかを話していく。

どんなふうに考え、どんなふうにチャートを見ていたのか。

この辺をかなり具体的に話そうと思う。

Pocket

高勝率リアルタイム相場分析配信&勝ちトレーダーの頭脳をインストールする読者限定レポートプレゼント

僕の頭の中をお見せします。


僕が日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

トレードで高い勝率を実現するためには、正しい分析が必要です。

では、その正しい分析とは何なのか?

既にサイトで公開をしているシンプルで超強力なトレードルールを基に、チャートを前にどう分析すればいいのか。

正しい相場分析とは一体どういうものなのかをお見せします。

僕の分析を元にトレードして勝ってもらうのはもちろん、最終的にはあなた一人でも僕と同じチャート分析ができるように、そのために必要な知識、考え方をレポートやメールマガジンで詳しくお伝えしていきます。


『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
『思うようにトレードで勝てない・・・』
『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』


こんなふうに思っている人には、目からウロコな話ばかりなのでオススメです。

具体的に得られるものの一部を紹介します。


▼登録すると得られるもの▼

・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
・秘密のメールマガジン



メールに登録してくれた人限定で、これらをテーマにしたレポートを作り出来上がり次第プレゼントしようと思っています。

あ、一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。











SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*