一目均衡表

一目均衡表の遅行線でトレンドとレンジを一目で見極める方法

ここでは一目均衡表の中でもとても便利な遅行線について話していきます。

遅行線を使うことで、一目でトレンド相場なのかレンジ相場なのかを見極めることができます。

また、トレンドが大きく動き出すところ、転換する場面も遅行線を使えば捉えることができます。

そんなとってもシンプルな方法を紹介していきます。

遅行線でトレンドとレンジを見極める

まずはじめに遅行線を使ってトレンドとレンジを見分ける方法について話していきます。

これは本当に簡単な方法です。

見る時間足は長期足をオススメします。

1時間足以上で、あなたが普段採用しているトレンドを確認する時間足ですね。

ポイントはローソク足と遅行線の位置関係です。

遅行線がローソク足よりも上にあればアップトレンドで、遅行線が下にあればダウントレンドと判断します。

チャートで見るとこんな感じですね。

遅行線でトレンドとレンジを見極める 遅行線でトレンドとレンジを見極める

次にレンジ相場はどうやって判断するか、というと、ローソク足と遅行線が絡まっている場面

こういう場面はレンジ相場と判断します。

例えばこんなところですね。

遅行線でトレンドとレンジを見極める

遅行線は、かなり信頼性が高いので、トレンドを見極めるのがあまり得意ではない場合、この方法でトレンドかレンジかを判断し、短期足でトレードを行ってみてください。

次に短期足で相場が動き出す場面、トレンド転換する場面を捉える方法を話しますね。

勢いのある相場は遅行線がローソク足を突き抜ける

相場が動き出すところは、遅行線がローソク足を突き抜けます

こういう場面はとても勢いがついているので、そのまま勢いのある方向について行っていいです。

例えばこんな場面です。

遅行線でトレンドとレンジを見極める

赤丸をつけたところ、遅行線が勢いよくローソク足を上に抜けています。

こういうとことは勢いがかなり強いので、買いでついていくのがいいです。

ローソク足と遅行線の位置関係をみるだけでトレンド判断を行うことができます。

トレンド相場かレンジ相場かを見分ける方法はいろいろあります。

ラインを使う方法もあれば、移動平均線を使った方法もあります。

それらに比べ、今回紹介した遅行線での判断は、シンプルかつ、かなり強力だというのが今までの経験で明らかになっています。

なので、いろいろ表示させてごちゃごちゃになるのがいやだ、という場合は、この遅行線だけを使ってトレンド判断する方法をオススメします。

「配信があるときは勝てるんです・・・」
と好評の相場分析配信を受けませんか?

僕が日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

トレードで高い勝率を実現するためには、正しい分析が必要です。

では、その正しい分析とは何なのか?

既にサイトで公開をしているシンプルで超強力なトレードルールを基に、チャートを前にどう分析すればいいのか。

正しい相場分析とは一体どういうものなのかをお見せします。

僕の分析を元にトレードして勝ってもらうのはもちろん、最終的にはあなた一人でも僕と同じチャート分析ができるように、そのために必要な知識、考え方をレポートやメールマガジンで詳しくお伝えしていきます。

『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
『思うようにトレードで勝てない・・・』
『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』

こんなふうに思っている人には、目からウロコな話ばかりなのでオススメです。

具体的に得られるものの一部を紹介します。

▼登録すると得られるもの▼

・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
・秘密のメールマガジン

メールに登録してくれた人限定で、これらをテーマにしたレポートを作り出来上がり次第プレゼントしようと思っています。

あ、一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。