いつまでも勝てないFX初心者は今すぐダウ理論をマスターしろ!

Pocket

今チャートを目の前に出されて、「ダウ理論で分析してアップトレンドかダウントレンドか、トレンドレスかわかりますか?」こう言われて1分以内に確信を持って答えられますか??

「方向はわかるかもしれないけど、確信までは持てないかな」
「ダウ理論はなんとなく知っているけど、できるかどうか心配」
「細かい所の判断にあまり自信がない」

こんなふうに思っているなら、あなたがまだFXで勝てない原因はダウ理論をマスターできていないからでしょう。

ダウ理論すらもマスターできていないのであれば、FXについて他のことをいくら勉強しても、いつまでも勝てるようにはなりません。

ダウ理論でアップトレンドとダウントレンドとトレンドレスをどう判断するのか、FXを始めたばかりの初心者が、中級者になるために必要なことを実際のチャートを使って話していこうと思います。

またダウ理論の練習問題もありますので、問題を解いてみて自分がダウ理論をしっかり理解できているかも確認してみてください。

勝ちトレーダーに必須のスキルであるダウ理論の基本をマスターしましょう。

あなたはダウ理論でトレンド判断できますか??

さて、まずはあなたがどれくらいダウ理論を理解しているか、お手並み拝見と行きましょう。

このチャートを見てください。

ドル円の週足のチャートです。

今一番右にいるとして、トレンドは上ですか?下ですか?

1分で答えられますか?

それとも見た瞬間にわかりますか?

アップトレンドでしょうか?
ダウントレンドでしょうか?
トレンドが発生していないでしょうか?

この3つのどれですか??

しっかり分析してくださいね。

ここから先は考えて結論がでてから、読み進めてください。

順番に見ていきます。

まずダウ理論でチャートを分析するために、波形をとらえる必要があります。

そこで、波形をこんなふうにみました。

で、一番左の時点ではトレンドが発生していないとします。

ここでの戻り高値はここになります。

ここからスタートです。

次の図の横のラインを抜けたところがなんですか??

はい、ここがダウントレンド発生のポイントです。

ダウントレンドが発生したら、戻り高値が下に移動します。

青い丸のところが戻り高値になります。

そして安値を更新するたびに、戻り高値が下に移動します。

次の戻り高値はここですね。

その次がここ。

こんなふうにダウントレンドが継続しているのがわかると思います。

さて、ここまではいいですね。

ここから、一番右の時点でトレンドはどっちなのか?もしくはトレンドは発生していないのか。

答えは、

ダウントレンドです。

これはまだまだダウ理論の基本です。

で、今回問題にしたいのはこのチャートです。

これ、ダウ理論に基づいてチャート分析できますか??

時間を取っていいので、しっかり考えてみてください。

問題を解き終わって、アップトレンドかダウントレンドかトレンドが発生していないかがわかったら、こちらの記事で答え合わせをしてみてください。

FXダウ理論の練習問題の答えと波形をどうとらえるかについて

ダウ理論をなめてる人が多すぎる

トレーダー仲間の中に、FXを始めたばかりの初心者から中級者くらいのトレーダーにトレードを教えている人がいるのですが、彼がこんなことを言っていました。

「なんか、ダウ理論ってすごく大事なんだけど、それがわかってなくて、なんとなくで大丈夫かな、みたいにダウ理論をなめてる人が多いんだよね。重要性がわかってないからなのか、いつまでもダウ理論がマスターできなくて先に進めない人が多いんだよね」

と。

ダウ理論なめてませんか??

もし、ダウ理論の重要性がわかっていて、さっきの2つのチャートを難なく分析できたなら大丈夫です。

でも、たぶんあなたはできなかったんじゃないですか??

不安だらけじゃないですか??

「たぶんこれで合ってると思うんだけど、自信ないかもしれないなー」
こう思いながら分析しているなら、はっきりいってダウ理論をマスターしたとは言えません。

ダウ理論をしっかりマスターできれば、トレードで利益を残せる、勝てるトレーダーになることはできるのですが、なんでダウ理論が大事かって考えたことありますか??

なんでFX初心者にダウ理論がすごく大事なのか?

なんで多くのFX初心者が勝てないかというと、「なんとなく上がりそう」、「なんとなく下がりそう」という感覚に頼ったトレードをするからです。

もしかしたら、あなたは「もうこの段階は超えたよ、さすがに上がりそうか下がりそうかでトレードすることはないよ」と思ったかもしれません。

でも、ダウ理論をマスターしないでトレードするということは、僕からしたら、なんとなく感覚的にトレードしているのとなんら変わりません

つまり、感覚的なトレードはダウ理論をマスターしない限り超えられていないのです。

ダウ理論をマスターすることで、相場が上なのか下なのかをハッキリと明確に判断できるようになります。

なぜダウ理論で上なのか下なのかを判断できるようになる必要があるのか。

それは、ダウ理論を使うことで、あなた以外の世界中にたくさんいるトレーダーたちが相場をどう見ているかがわかるからです。

結局トレードとは、資金をより多く持っている、相場を動かしている人たちと同じ方向についていくことが大事なのです。

でも、どのくらいの資金を持っている人が、いつどこでエントリーするのか、エグジットするのか、という情報はどうがんばっても手に入れることはできません。

僕らにわかることは、彼ら世界中のトレーダーたちも、僕らと同じようにチャートを見て、上なのか下なのかを判断して、その方向にポジションを持つということです。

彼らと同じ方向にエントリーするために、トレーダーの共通の言語の一つであるダウ理論を理解して、使いこなせるようになる必要があるのです。

そのために、どこを超えたらアップトレンドが発生するのか、ダウントレンドが発生するのか。

どこを超えたらアップトレンドが崩壊するのか、ダウントレンドが崩壊するのか、明確に判断できなければいけないのです。

しっかりダウ理論でチャート分析ができるようになれば、今の相場がアップトレンドなのか、ダウントレンドなのか、方向感がないのかがひと目でわかるようになります。

こうなると、常に同じ目線で相場が見えるので、「なんとなく」というのが一切なくなります。

そして、明確にトレンドが出ているときに、その方向に乗ってエントリーすることができるようになるのです。

ダウ理論ができないと、下がっている相場を見たら「なんとなくダウントレンドっぽい」という判断しかできないのです。

これじゃ、「なんとなく下に行きそうだから売った」人と同じです。

この状況を乗り越えるために、ダウ理論が必要なのです。

ダウ理論を甘く見ていると、いつまでたっても勝てるようになりませんよ。

ダウ理論をマスターするために

ダウ理論の重要性を理解していただけたでしょうか?

「ああ、もしかしたら今までダウ理論をなめていたかもしれない」と思ったかもしれません。

では、実際にダウ理論をどうやってマスターすればいいのか。

残念ながら近道はありません。

ダウ理論をマスターするためにはチャートを目の前にして手を動かすのが一番早いです。

僕も過去にチャートを何十枚も印刷して、波形を描いて、トレンドがどこから始まってどこまでなのか、を書き込みました。

今回はせっかくなので、さっき載せたチャートを練習問題にしましょうか。

先に言っておきますが、結構難しいですよ。

覚悟して取り組んでください。

このチャートです。

このチャートに波を書き込んで、どこでトレンドが発生して、どこでトレンドが終わるのか、押し安値はどこで見るのか、戻り高値はどこで見るのか、これらを考えてみてください。

Pocket

秘密メルマガ&リアルタイム相場分析配信プレゼント

fpe_cta



FXで勝つ方法は簡単です。

なぜなら、FXは、
「目先の相場が上に動いたらどうやってエントリーをするのか?」
「下に動いたらどうやってエントリーをするのか?」

といった計画が正しく固まっていて、実行できればいいのですから。


多くの勝てないトレーダーは、この簡単な事が出来ていないだけのお話しなのです。

と言ってもほとんどの人は、頭で分かっていても、実際には出来ないでしょう。

そもそも、偏った表現の書籍や、現役を退いていた専門家による情報が多く出回る世の中なのですから、正しい分析ができないのは仕方のない事なのです。

このF-pedia通信では、正しい分析を知ることで、FXで勝つのが簡単だと知ってもらい、ほとんどの人が知らない勝ち続ける為に必要なことを伝えていきます。

具体的にはブログには書けない内容を届ける秘密メルマガと、F-pedia管理人である僕のリアルタイム相場分析を無料で届けます。

興味があれば、今すぐ下記のフォームにメールアドレスを入力し、登録を完了させてください。

また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*