マルチタイムフレームで各時間足の役割を明確にし、大局観をつかむ

shutterstock_224817595

トレードにおいてトレンドに乗ることの重要性が分かったとしても、トレンドを確認するためにどの時間足を見ればいいのか。

また、トレンドが発生したからといって、突っ込んでエントリーしてはいけません。

ここでは時間足を大きく3つに分けて、マルチタイムフレームの基本である、それぞれの時間足の役割をみていきます。

え?チャートで見てる時間足は1つだけだよ?というあなたは注意が必要ですよ。

絶好のエントリー場面をどう見るか

例えばこんな5分足チャートがあったとします。

絶好のエントリー場面をどう見るか

あなたはどう思いますか??

エントリーできそうなところ、ありますか?

ちょっと考えてみてください。

たぶん、こんな風に考えたんじゃないでしょうか?

絶好のエントリー場面をどう見るか

この3つのポイントは、ちょうどアップトレンドの押し目に当たるところ。

移動平均線との絡みもあるので、エントリーできそうですね。

さてあなたはこのチャートをどう見ましたか?

チャートの見方は人それぞれ異なるものだ、とはよく言われます。

この5分足チャートももしかしたら、あなたは私と違うところでエントリーを考えたかもしれません。

エントリーしたいと思うところが私と違くてもいいんですが、これだけは外しちゃいけないチャートの見方があります。

それは、常にマルチタイムフレームで相場を観察すること

今回の場面、もし先ほど私がいったように考えたなら、まだまだテクニカル分析の勉強が必要かもしれません。

だって、5分足だけで相場を判断しようとしましたよね。

5分足だけをみて何の違和感も感じずにエントリー場面を探すのはマルチタイムフレームで相場を観察しているとは言えませんよね。

このチャートを4時間足で見ると、こうなっています。

4

この2本の陽線のところ、ここがさっきみた5分足でのアップトレンド場面です。

4時間足をみたところ、大きなダウントレンドの途中だということが、誰の目にも明らかですね。

ダウントレンドであれば基本的には売りエントリーを考えます。

マルチタイムフレームでチャートを見ることで、こういうミスをなくします。

ミスといっても、この5分足は買いでエントリーしても勝てますね。

ただ、勝ち続けるために重要なのは、トレンドの方向でエントリーすることです。

1回の勝ちよりも、その先に続く何百もの勝ちに繋がるトレードを考えなければいけません。

これらのことを頭に入れた上で、マルチタイムフレームについてみていきましょう。

マルチタイムフレーム・複数時間足を3つに分類する

ここでは、マルチタイムフレームについて時間足を3つに分けて話していきます。

応用することで、他の通貨ペアと比較したりすることもできますが、ここではそこまでは触れません。

時間足は普通、月足から始まり一番短い足は1分足ですね。

MT4を使っていれば、月足・週足・日足・4時間足・1時間足・30分足、15分足・5分足・1分足があります。

これらを大きく3つに分けます。

トレンド判断の長期足→(月足)・週足・日足・4時間足
ポイントを絞る中期足→4時間足・1時間足・30分足
タイミングを取る短期足→15分足・5分足・(1分足)

カッコにしたのは、普段あまり使わない時間足だからです。

また4時間足は相場の状況によって、トレンド判断にもポイントを絞るのにも使えるので、両方にいれました。

では、1つ1つ見ていきましょう。

トレンド判断をする長期足

常にトレンドが発生しているのかしていないのかを見る時は、週足・日足などの長期足です。

長期足で発生するトレンドは、中期足や短期足のトレンドに比べて、継続性がとても高いです。

1時間足や5分足でもトレンドはよく発生しますが、長期足と比べると、やはりトレンドの継続性は弱い。

トレンドの判断はその先のポイント絞り、タイミング取りの土台になる部分です。

この判断を誤ると、どんなにいいタイミングでエントリーしても、勝ちトレードにするのは難しくなります。

トレードにおいて最も重要なトレンド判断を行うのが長期足の役割です。

ポイントを絞るための中期足

長期足でのトレンド判断で、トレンドを確認し、買いエントリーか売りエントリーかが決まります。

次にすべきことは時間足を短くし、エントリーするポイントを絞り込みです。

エントリーする場面は、長期足のトレンドの押し目や戻しです。

押し目や戻しから相場がトレンド方向へと動きだす場面を事前に予測し、そのポイントに相場が来るまで待機します。

この動きだすポイントの目星をつけるのが中期足の役割です。

より具体的にはこちらの記事で勝率の高いエントリーポイントの絞り込みの話をしました。

勝率の高いたった2つのエントリーポイントを見つける方法

エントリータイミングを取るための短期足

ここまででトレンドの方向を確認し、どこでエントリーするのか、狙う場面も絞り込みました。

ここまできたら、最後は5分足や15分足でエントリーのタイミングをとります。

タイミングの取り方はかなりたくさんの方法があります。

ラインだけを使うシンプルな方法や、インジケーターを複数使う方法、事前に指値や逆指値注文を入れておく方法など様々です。

エントリーのタイミングの取り方でも特にシンプルなものをここで紹介しました。

これでもう迷わない!勝率の高いエントリータイミングの取り方

短期足の役割はトレンドを判断することでもなく、ポイントを絞り込むことでもなく、タイミングを取ることです。

まとめ

これら3つに分けた時間足をきちんと整理してチャートを見るところからテクニカル分析の第一歩が始まります。

最初はそれぞれのチャートのつながりが見えなかったり、全てのチャートが頭の中でごちゃごちゃになることがあるでしょう。

しかし、これは毎日続けてチャートを見ることで慣れてきます。

そして、慣れたら何も考えなくても自然とそれぞれのチャートが繋がって頭の中で整理されます。

ここまで出来て、実践開始になるので、もしこれまでは1つか2つの時間足しか見れていない、という場合は3つの時間足をそれぞれの役割をつかんだうえでつながりを意識してチャートを見るようにしましょう。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*