これでもう迷わない!勝率の高いエントリータイミングの取り方

shutterstock_85682623

勝っているトレーダーであればあるほど、エントリーのタイミングにはそこまで慎重にならなくていい、という話を聞きます。

ただ、やはり実際にリアルトレードでエントリーするとなると、細かいタイミングはどうやってとったらいいのか、これはとても気になるところです。

勝率の高いエントリーの仕方なんて存在しないんじゃないか、と思うかもしれませんが、勝率の高いエントリータイミングの取り方は存在します。

しかし、気をつけて欲しいのですが、勝率が高いということは何かしらの犠牲を伴います。

勝率ばかりを追いかけて、1回の損切りで取った利益を吐き出してしまったら元も子もありません。

その辺の理解が深まると、勝率の高いエントリータイミングの取り方、さらにあなたにとってベストなエントリータイミングの取り方がわかるようになります。

今回はこれらについて詳しく話していこうと思います。

勝率が高いエントリーポイントが犠牲にしているもの

まず最初にエントリータイミングについて理解を深めましょう。

あなたはもしかしたら、勝率が高くて、損切りがないエントリーができるようになることを想像しているかもしれません。

しかし、それは幻想でしかありません。

完璧なエントリーというものは存在せず、なにかしらの犠牲が伴います。

つまり、勝率の高いエントリーをしようと思ったら、それに伴って犠牲になるものがあります。

それは、利益幅と損切り幅です。

どういうことかというと、勝率の高いエントリーポイントでは、利益幅はそこまで大きくなく、損切り幅も少し大きくなる、ということです。

逆に勝率がそこまで高くない、エントリー後もしかしたら逆行して損切りになるかもしれないポイントでのエントリーは、勝率が低くなる一方で、損切り幅は小さく、取れた時の利益幅は大きくなる傾向にあります。

そして、稀にではありますが、勝率が高くて、損切り幅は小さい、それなのに利益幅も大きく取れるポイントというのがあります。

しかし、これは大きな犠牲があり、エントリーチャンスがものすごく少ないです。

何かをとったら、それに伴って犠牲になるものがあることをまずは理解しましょう。

勝率の高いエントリータイミングの取り方

さて、ここからはチャートを使いながら勝率の高いエントリータイミングの取り方を紹介していきます。

前回紹介したエントリーの決め手となるチャートパターンの話で使ったチャートを使うので、もし前回の内容がよく分からない、もしくは忘れているのであれば、最初に復習も兼ねてこちらの記事を読みなおすことをお勧めします。

エントリーの決め手となる短期足3大チャートパターン

まずはこのチャートで、あなたがエントリーするならどこですか?

勝率の高いエントリータイミングの取り方

ピンポイントで、ここでエントリーという場所を探してください。

おそらくエントリーポイントとしては、この辺りになるのではないでしょうか。

勝率の高いエントリータイミングの取り方

あなたはどちらでエントリーしますか。

もし①でエントリーできれば、根っこの部分なので、大きく取れますし、損切り幅も大きくなりませんね。

一方②でのエントリーだと、損切り幅は少し大きくなりそう。それに、①ほど利益を取ることはできません。

あなたはどちらでエントリーしたいですか。

私なら①でエントリーしたいですね。利益も大きいし、損切りも小さくて済む。言うことなしです。

しかし、実はこの場面、勝率はあまり高くありません。

なぜなら、①のポイントは、そこで止まることが事前にわからないからです。

勝率の高いエントリータイミングの取り方

これが、①の直前ですが、あなたはこの時点で下方向を確信してエントリーできますか?

ここからラインで止まらずに上昇してもみ合う可能性も十分考えられるんですね。

実際にこのような場面でエントリーしたことがあるならわかると思いますが、エントリーに迷います。

「本当にこのラインで止まるのか。このラインを上に抜けないだろうか。」

この疑問がずっとあります。

実は①のポイントは最初に話した、利益が大きく、損切り幅が小さく、しかし勝率がそこまで高くない場面なのです。

ここを別の見方をすると、ライン付近にいるときは、まだトレンドの方向へ動きだす前なんですね。

勝率をあげようと思ったら、長期足のトレンド方向に短期足で動き出したことを確認した直後が最も勝率が高いです。

じゃあそれはどこなのか。

それが②のポイントです。

勝率の高いエントリータイミングの取り方

②のポイントは、ラインにタッチして、そこからトレンドの方向である下への動きを確認した後のエントリーになります。

こうなると、どうしても①のポイントよりは利益幅は小さくなるのですが、トレンド方向に動き出しているので、勝率は高く、エントリーした後、含み損を抱えることなく素直に利益がのりやすいです。

さらに、エントリーから利益確定までのスピードも速いです。

まとめると、最もシンプルなエントリータイミングの取り方は、短期足でチャートパターンがでて、重要なラインを抜け、その後一旦戻したときに引いた切り上げ(もしくは切り下げ)ラインを抜けたところでのエントリーが勝率の高いタイミングになります。

エントリーをより自信を持って行うための補助

エントリーするとなったときに、安値の切り上げラインの突破だけを根拠にエントリーするのはもしかしたら、ちょっと不安かもしれません。

これは過去検証を行えばわかることなのですが、先ほど話したエントリータイミングの取り方でも十分利益を上げることができます。

しかし、さらに自信を持ってよりエントリーを確実なものにするために、補助として使えるものが2つあります。

それが、レジスタンスとサポートの逆転と移動平均線タッチです。

そこまで難しい話ではないので、より自信を持って確実な場面でエントリーしたいという場合、これらも参考にしてみてください。

レジスタンスとサポートが逆転した場面はチャンス

これから話すレジスタンスとサポートの逆転は、それ自体がエントリーのタイミングを決めるものではなく、これが発生したときはより自信をもってエントリーしていいというものになります。

つまり、あくまでもエントリータイミングを取る時の補助です。

レジスタンスとサポートの逆転はどういうことを言うかというと、こんな時です。

レジスタンスとサポートが逆転した場面はチャンス

先ほどのチャートがそのままレジスタンスとサポートが逆転していますね。

このようにエントリーする短期足でレジスタンスとサポートの逆転が確認できたら、その後の安値切り下げラインでは自信を持ってエントリーしていいことの根拠になります。

また、少し関連した内容として、レジスタンスとサポートが逆転したらそのポイントでエントリーする、というエントリーロジックもあります。

それはそれでいいのですが、今回はこのエントリーは扱いません。

これについては先ほど取り上げましたね。

移動平均線タッチでの反転はチャンス

次の補助は移動平均線です。

ここではそこまで詳しく移動平均線について話はしません。

とりあえずどの期間の移動平均線でもいいのですが、移動平均線にタッチして反転している場面があれば、そこはチャンスです。

例えばこの場面。

移動平均線タッチでの反転はチャンス

これも先ほどの場面になります。

移動平均線について、移動平均線で反発して転換してく場面を見ると、こんな風に言う人がいます。

「今回は移動平均線で反発するのかどうかわからない」

これはもちろんです。

移動平均線の一つの使い方としては、エントリーの根拠を高めるための補助ツールにすることです。

今回のようにエントリーする短期足で、エントリー直前に移動平均線で反発してトレンド方向に動き出したらそれを根拠にエントリーすることもできます。

考え方は先ほどのレジスタンスとサポートと同じで、それが起こったからエントリーするのではなく、あくまでもエントリーのタイミングは安値切り上げラインの突破。

そのエントリーの根拠の一つとしてエントリーに自信を持たせるための補助としてレジスタンスサポートの逆転と移動平均を使います。

まとめ

勝率を上げることばかりを気にすると、それによって犠牲になるものがあります。

その辺りを考えて一番迷いなくバランスのとれたエントリータイミングは売りであれば安値切り上げラインの突破です。

また、補助として安値切り上げライン突破前にレジスタンスとサポートの逆転が起こる、もしくは移動平均線で反発する、ということが起これば、エントリーした時に思った方向に伸びる可能性は高まります。

最後に、今回はラインを使ったエントリー方法を紹介しましたが、こちらにオシレーター系のテクニカル分析ツールであるストキャスティクスを使ったエントリータイミングの取り方をまとめました。

ローソク足とラインだけじゃエントリーのタイミングのなかなか決めきれない、という場合、使い方も簡単なストキャスティクスを使ってみてください。

ストキャスティクスでの高勝率エントリータイミングの取り方

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*