トレンド終了かトレンド継続かを見極めるための3つのポイント

日足・4時間足でトレンドが発生している時、このままトレンドが継続するのか、それともレンジになって方向性がなくなるのか、それともトレンドが転換するのか、これらを予測するのはとても大切なことです。

ただ、相場がどのように動くかを完璧に予測することは誰にもできません。

完璧に予測することはできないのですが、トレンドが終了してレンジに移行するときの特徴はあります。

そこで、今回はチャートがどのような動きをしたらトレンドが終了しそうなのか、実際のチャートを使って説明していこうと思います。

これから話す3つの条件がそろったら、相場はトレンドが終了してレンジに移行する可能性が高くなります。

トレンドが発生しているときの基本戦略はトレンドは続くと考える

日足・4時間足でダウ理論を使いトレンド認識をした時に、トレンドが発生しているのであれば、トレードの基本戦略はトレンドは継続するものとして考え、トレンドに乗ります。

そして、相場が何かしらの動きをした時に、初めてトレンドが終了しそうだな、とかこれからレンジになりそうだな、という予測を立てます。

これからトレンドが終了するときはどんな動きをするのか、を話していきますが、大事なのは、とにかくトレンドが発生しているのであれば、そのトレンドに乗ることを考え、トレンドが転換しそうだとは考えないことです。

ここがわかっていないで、相場の動きにいちいち敏感に反応してしまい、素直にトレンドに乗ればいいのに、トレンドと反対にトレードしたりして大きな損切りをすることがあります。

まずは決してそうならないようにしましょう。

そもそもなぜトレンドの終了を知りたいのか?

これからトレンドが終了するとき、相場がどのような動きをするのか、3つのステップに分けて話していくのですが、そもそもなぜトレンドの終了を事前に察知したいのか?

これについて考えてみましょう。

トレンドの終了を知る理由は、トレンドの終了を察知できれば、無駄なトレードをなくすことができるからです。

もう少し詳しく話しますね。

普段トレードをするときは、日足・4時間足を見て、トレンドがどっちの方向なのかを見極め、その上でどの辺りでエントリーするかを決め、タイミングを計りますよね。

この時、トレンドが発生していて、まだトレンドが続きそうだ、という大前提があります。

トレンドが継続するから、そのトレンドにどうにか乗ることを考えます。

もしトレンドが発生していないのに、発生していると勘違いしてエントリーしてしまうと、思ったように相場が動かず損切りになります。

この、思った通りに動かない大きな原因はトレンドの認識にあるのです。

もし事前に今のトレンドが終了しそうだ、ということがわかれば、エントリーしないことで無駄な損切りをなくすことができます。

無駄なエントリーをなくし、無駄な損切りをなくすためにも、トレンドが終了しそうなサインは見逃してはいけないのです。

では、ここからはトレンドが終了するときのポイントをステップに分けてみていきましょう。

今回はダウントレンドを例に、話を進めていきます。

トレンド終了を見極めるポイントその1:大きなロウソク足(陰線)が出る

まずステップ1は、大きな陰線が出ます。

どのくらい大きな陰線かは難しいところなのですが、今までのダウントレンドの時に出ていた陰線と比べて大きい、つまり、相対的なものだと考えてください。

このような感じです。

トレンド終了を見極めるポイントその1:大きなロウソク足(陰線)が出る

ダウントレンドで発生した陰線と比べて大きな陰線がここで出ていますね。

大きな陰線が出る、ということは最後に売りが出尽くした、という意味にもなります。

この大きな陰線を確認するのがステップ1です。

トレンド終了を見極めるポイントその2:大きな反動が起こる

大きな陰線が出た次に、大きな反動が起こるステップ2の確認がとても重要です。

この動きがトレンドの終了場面においてよく起こります。

ダウントレンドにおける大きな反動とは、つまり上昇のことです。

ポイント1で大きな陰線が出た後に、大きく反動するのを確認します。

日足で見るとこんな感じです。

トレンド終了を見極めるポイントその2:大きな反動が起こる

もう少し短い足でこの上昇を見てみましょう。

こちらが1時間足です。

トレンド終了を見極めるポイントその2:大きな反動が起こる

この大きな反動のポイントなのですが、反動は下落よりスピードが速く、値幅も大きいという特徴があります。

今回の場面はかなりのスピードで上昇しているのがわかると思います。

この、反動のスピードの速さと、その値幅の大きさがトレンド終了をほのめかしています。

トレンド終了を見極めるポイントその3:安値を更新しに行くが失敗する

その後、相場は一直線に上昇するのではなく、一度安値を試しに行きます。

しかし、ここで安値を更新できずに折り返す流れになになります。

トレンド終了を見極めるポイントその3:安値を更新しに行くが失敗する

これが3つ目のポイント。

場合によっては安値付近まで落ちてきて、少し安値を更新することもあります。

もし、そのまま安値更新とともに下落していくのであればダウントレンド継続を意味しますが、トレンドが終了するときは、少しくらい安値を更新してすぐに上昇します。

この安値を更新できない、更新したとしてもすぐ戻ってくるのを確認したら、ダウントレンドは終了する可能性が高いです。

ダウントレンドが終了したらトレンドは転換する?

最後に注意して欲しいのですが、ダウントレンドが終了に向かうからといって、そこからトレンドが転換するとは限りません。

レンジを形成して元のトレンドと同じ方向に動き出すこともありますし、そのまま長い間レンジを形成する可能性もあります。

また、トレンドが転換するかのせいもあります。

今回の3つのポイントをつかむことでわかるのは、あくまでもトレンドの勢いがなくなり、終了する、ということだけです。

これがわかるから、無駄なエントリーをなくし、相場がまた動き出した時にエントリーを考えます。

トレンドの終了を察知できるので、無駄なエントリーを減らすことができるようにはなりますが、そこからどう攻めていくのかはまだ別の問題です。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*