FXボリンジャーバンド1時間・5分足だけのデイトレ手法

(この記事は2017年1月5日に更新しました)

ここではボリンジャーバンドと1時間足・5分足を使ったデイトレードの手法を解説していきます。

1時間足と5分足でもトレードは可能ですが、さらに精度の高いエントリータイミングをつかむために、1分足を加えた具体的なトレード手法を紹介します。

もしボリンジャーバンドを使ったデイトレードで、より精度の高いエントリーをしたいのであれば、1分足を使うことをオススメします。

トレード手法は世の中に沢山あります。

日足・4時間足をメインのトレンドを把握するトレード手法は強力ですが、それが唯一勝ちトレーダーになる道ではありません。

そこで、今回は日足・4時間足などの長期足を一切使わずに、ボリンジャーバンドと1時間足、5分足、1分足だけを使ったデイトレード手法を紹介します。

今までに日足や4時間足などの長期足を使ったトレードをした経験があれば、
「日足のトレンドなんて全然発生しないじゃないか」
「いつになったらトレンドが発生するんだ?」
「トレンドが発生したのに、エントリーチャンスを逃してしまった」
「1週間経っても全然トレンドが発生しない」

こんな風に感じたことがあるかもしれません。

今回紹介するボリンジャーバンドを使ったデイトレード手法は、短期足を使うことからエントリーチャンスも多く、1分足も使うことで精度の高いトレードが可能になります。

これから話すトレード手法の大枠を伝えると、1時間足でトレンドの方向を把握し、5分足でトレンドの勢いを確認し、1分足でエントリータイミングを取る、というものです。

とってもシンプルかつ強力なトレード手法なので、デイトレードのトレード手法を探しているなら、この方法を一度採用してみてください。

エントリーチャンスも多く、いいトレードができますよ。

では早速内容に入っていきましょう。

FXでボリンジャーバンドを使ったデイトレードは4時間足以上は無視していい

これから紹介するボリンジャーバンドを使ったデイトレードの手法は、基本的に4時間足以上を見ません。

といっても、4時間足以上を見て、トレードに取り入れることで勝率を高くすることはできます。

しかし、勝率が高くなる、より良いトレードができそうだから、という理由で余計に見る時間足を増やすことはあまりオススメできません。

これから紹介するトレード手法を採用すると決めたら、1時間足と5分足、1分足以外は見ないようにしてください。

見ないというか、見てはいけません

見る時間足は増えれば増えるだけエントリーの精度が高くなるのが普通ですが、その代わりに混乱を招く可能性も高くなります。

トレンドの確認は1時間足だけを見ればいいのに、4時間足を見ることで、余計な情報が入ってしまい、なんの迷いもなくトレードしていい場面なのに余計なことを考えてしまい、エントリーを躊躇してしまうことがあります。

なので、長期足をたくさん見ることが一概にいいとは言い切れないのです。

もし4時間足や日足を取り入れてトレードをしたいのであれば、まずはこれから紹介するボリンジャーバンドを使ったデイトレードの手法をマスターしてからにしてください。

「1時間足だけで、トレンドの方向が把握できるの?」
と心配になるかもしれません。

結論を言うと、1時間足だけでトレンドを十分把握することができます。

安心して1時間足でトレンドを把握して、4時間足、日足はみなくて大丈夫ですよ。

FXでボリンジャーバンドと1時間・5分・1分足を使ったデイトレード手法

ではここからは、実際にチャートを使ってトレードするまでの流れを見ていきます。

先にエントリーまでの全体像、トレードの手順をみていきましょうか。

ステップ1:ボリンジャーバンドと1時間足でトレンドを確認する
ステップ2:5分足でトレンドの勢いを確認する
ステップ3:ボリンジャーバンドと1分足を使ってエントリータイミングを取る

この3つのステップでトレードを行います。

ステップ1:ボリンジャーバンドと1時間足でトレンドを確認する

まずは1時間足とボリンジャーバンドを使ったトレンドの確認の仕方を説明していきます。

これから話すトレンドを把握する方法は、1時間足を使っているので、4時間足や日足を使ってトレンド認識をする場合と決定的に違うことがあります。

それは、
トレンドが継続する時間が短い
ということです。

日足でトレンドが発生したら、そこから数日間はトレンドが継続するのが普通です。

しかし、1時間足を使ってトレンド判断をした場合、継続しても2〜3時間くらいです。

早いと1時間以内にトレンドが終了することもあります。

つまり、1時間足を使ったトレンド判断では、1日のうちに何度もトレンドが発生して、終了して、を繰り返すことがある、というのを抑えておきましょう。

「1時間足でトレンドが発生したから、今日1日はずっとトレンド発生中だ」と考えることはできません。

さて、お待たせしました。

ボリンジャーバンドと1時間足を使ってトレンドを確認する方法は、
終値が±1σの外側にあるかどうか
です。

アップトレンドであれば+1σより上で、ダウントレンドであれば−1σより下で、ローソク足が確定すればトレンドが発生している、と判断します。

チャートで確認してみましょう。

01

今回は−1σより下で終値が確定しているので、ダウントレンドが発生している、と考えます。

難しいことではありませんね。

大事なのは終値で確認するということです。

1時間足を見て判断するので、1時間に一回1時間足が確定するときにチャートを見れればいいとなります。

これでボリンジャーバンドと1時間足でトレンドを把握するのは終わりです。

次に5分足に切り替えて、トレンドの勢いがあるかどうかを確認しましょう。

ステップ2:5分足でトレンドの勢いを確認する

次にチャートを1時間足から5分足に切り替えて、トレンドの勢いを確認します

5分足をみて知りたいことは、トレンドの勢いはしっかりあるか?です。

ボリンジャーバンドと1時間足をみてトレンドが発生していることが確認できたけど、5分足で勢いが確認できない場合は、エントリーしません。

では、5分足でトレンドに勢いがあるかどうかを何を見て判断するのか?

これもとっても簡単です。

5分足が移動平均線を境にしてトレンド方向で推移しているか、です。

もしアップトレンドであれば移動平均線よりも上、ダウントレンドであれば移動平均線よりも下で推移しているかどうか。

ここを見ます。

実際のチャートで見てみましょう。

02

このチャートは先ほど1時間足が確定したところの5分足のチャートです。

ちょうど赤い縦線のところが1時間足が確定したところで、1時間足ではダウントレンドが発生していることが確認できています。

ダウントレンドなので、5分足は移動平均線の下で推移していますね。

これでトレンドの勢いが確認できました。

さて、ここまでを少しまとめますね。

まず1時間足とボリンジャーバンドを見て、「トレンドは発生しているか?」を確認しました。

さらに5分足にして、「このトレンドは勢いがあるか?」を見ました。

最後にボリンジャーバンドと1分足を使ってエントリータイミングをとります。

ステップ3:ボリンジャーバンドと1分足を使ってエントリータイミングを取る

では最後に1分足に切り替えてエントリータイミングをとりましょう。

1分足のエントリータイミングの取り方は、トレンドと反対側の2σタッチでエントリー、です。

もしアップトレンドであれば、−2σタッチで買いエントリーで、ダウントレンドであれば+2σタッチで売りエントリーします。

さっきの1時間足が確定したところで、5分足でトレンドの勢いが確認できている場面の1分足がこれです。

03

で、この場面はダウントレンドなので、+2σにタッチしたところで売りエントリーします。

ちょうどこのチャートの一番右側でエントリーですね。

04

その後このように動きました。

05

この1時間足と5分足と1分足を使ったボリンジャーバンドのデイトレード手法は、エントリーは逆張りです。

トレンドの方向に進んでからエントリーするのではなく、1分足を見て、トレンドと反対側に引きつけられたところでエントリーします。

ただ、1時間足と5分足でトレンドの方向と勢いを確認しているので、トレンドの方向に対してエントリーしている、という意味では順張りです。

エントリーに関しては、できるなら逆張りでエントリーできるといいです。

なぜなら、逆張りができるようになると、リスクリワードがめちゃめちゃいいところでエントリーできるようになるからです。

逆張りでエントリーできると、損切りまでのpipsが小さくなり、利益を大きく狙うことができます。

つまり、損小利大になりやすいポイントを狙ってトレードできるのです。

もしかしたら、

逆張りのエントリーはやっちゃダメ!

という話を聞いたことがあるかもしれません。

でも、逆張りと一言でいっても、どういう場面でどういう状況でエントリーするのかで、とても使えるものになります。

今回のデイトレード手法でいうと、1時間足と5分足がダウントレンドで勢いを確認しているのに、買いでエントリーするというような逆張りは絶対ダメです。

これは自殺行為です。

しかし、1時間足と5分足のトレンドの方向に対して逆張りをするならいいのです。

損を小さく、利益を大きく取れそうなエントリーポイントは、いわゆるおいしいところです。

こういうおいしいエントリーポイントは、多少反対に行くリスクが高かったりします。

今回の場合だと、1分足ではトレンドの方向に動き出す前に、ボリンジャーバンドの2σタッチでエントリーするので、そのまま3σを超えて上昇するリスクはあります。

しかし、1時間足と5分足で下方向にトレンドを確認していて、さらに勢いがあることも分かっているので、自信を持ってエントリーできるのです。

結局のところ、エントリーしたあと相場がどうなるか、なんてことはあとにならないと誰にもわからないので、自分の分析を信じて、検証して勝率が高そうだ、と分かっているポイントでエントリーするしかないんですね。

もちろん、勝率100%にはなりませんが、負うリスクに対して大きな利益が期待できるので、おいしいポイントですね。

こんな風に、1時間足や5分足ではトレンドに沿っているけど、1分足では逆張りでエントリーするのはいいトレード方法なので、ぜひ検証をしてみてください。

FXでボリンジャーバンドを使ったトレード手法のまとめ

今回紹介したやり方でデイトレードができるようになると、1時間足の相場の流れをつかみ、その流れに乗れます。

なので、トレードチャンスがぐっと増えます。

4時間足以上だと、なかなかトレンドが発生しないことが多いので、トレードチャンスが少なくなってしまいます。

トレードチャンスを増やすためにも、1時間足でトレンドを把握して、5分足で勢いを確認し、1分足でエントリーする、というのはかなり有効なトレード手法です。

今回話した中には、デイトレードをする上でとても大事なマルチタイムフレームの考え方がふんだんに取り入れられています。

しっかり勝てるトレード手法なので、興味があればまずは過去1週間のチャートを見て、実際にエントリーできるかどうか、エントリー場面がどのくらいあるか、見てみてください。

そして、何度も練習して、あなたのものにしてください。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

秘密メルマガ&リアルタイム相場分析配信プレゼント

fpe_cta



FXで勝つ方法は簡単です。

なぜなら、FXは、
「目先の相場が上に動いたらどうやってエントリーをするのか?」
「下に動いたらどうやってエントリーをするのか?」

といった計画が正しく固まっていて、実行できればいいのですから。


多くの勝てないトレーダーは、この簡単な事が出来ていないだけのお話しなのです。

と言ってもほとんどの人は、頭で分かっていても、実際には出来ないでしょう。

そもそも、偏った表現の書籍や、現役を退いていた専門家による情報が多く出回る世の中なのですから、正しい分析ができないのは仕方のない事なのです。

このF-pedia通信では、正しい分析を知ることで、FXで勝つのが簡単だと知ってもらい、ほとんどの人が知らない勝ち続ける為に必要なことを伝えていきます。

具体的にはブログには書けない内容を届ける秘密メルマガと、F-pedia管理人である僕のリアルタイム相場分析を無料で届けます。

興味があれば、今すぐ下記のフォームにメールアドレスを入力し、登録を完了させてください。

また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*