日足・4時間足で移動平均線を使ったトレード戦略の立て方

ここでは、日足・4時間足を使って移動平均線をどうトレードに活かしたらいいか、チャートを使って解説していきます。

移動平均線はちょっとしたコツがつかめれば使いこなせるようになります

これから移動平均線を絡ませた2つのトレード戦略を紹介しますので、そのコツがなんなのか、考えながらじっくり読み進めてください。

勝率の高いエントリーポイントを探すために移動平均線を最大限に使い倒しましょう。

移動平均線にタッチしても止まるわけではない

移動平均線について勉強すると、チャートを見ると、どこでも移動平均線にぶつかればそこから反発する、と思い込むことがありますが、そんなことはありません。

移動平均線で止まってそこから反発する確率は、そこまで高くありません。

仮に移動平均線で止まるとしても、複数の移動平均線を表示していれば、どれで止まるのかを事前に予測するのはとても難しいです。

つまり、どの移動平均線でいつ止まるかは誰にも予測することはできないのです。

となると、移動平均線をどうトレードに活かせばいいのか、ちょっと混乱してしまうかもしれません。

この混乱を一つでも解消するために、これから日足・4時間足で移動平均線を使ってトレード戦略をどのように立てればいいのかを細かく説明していきます。

移動平均線と短期足を組み合わせる

ここでは移動平均線と短期足を組み合わせたトレード戦略の立て方を紹介していきます。

最初に話した通り、移動平均線だけだと、タッチしてもそこから反発するかどうかを判断するのは難しい。

そこで、移動平均線がタッチするところで、短期足で何かしらのチャートパターンが発生しないかをみます

もしちょうど移動平均線にタッチするところで転換のチャートパターンが出たらエントリーするのです。

具体的にみてみましょうか。

例えばこの場面、オージードルの日足です。

5

相場はダウントレンドでここから再度下落するところを狙います。

で、ここでは最初の移動平均線はすでに突破されているので、気にしなくていいです。

次にぶつかりそうな移動平均線は、真ん中の線ですね。

表示させているのは50期間移動平均線です。

6日足

ここから50期間移動平均線が近づいてきても、ここで反発する、と断定するのは難しいですね。

そこでさっき話した通り、短期足で何かのチャートパターンが出てないかをみます。

15分足を見てみましょう。

ちょうどここが50期間移動平均線に近づいて上昇している場面です。

移動平均線を使ったトレード戦略その1

15分足を見るとアップトレンドが形成されています。

まだまだ反転の兆しはありません。

ここからこのように動きました。

移動平均線を使ったトレード戦略その1

直近の高値を更新できずに、ダブルトップのチャートパターンが出ました。

このダブルトップが完成したことで、ここから相場は下落へと反転する可能性が高くなります。

チャートパターンに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

エントリーの決め手となる短期足3大チャートパターン

その後エントリー条件がそろいました。

移動平均線を使ったトレード戦略その1

で、この場面を日足で見るとこのようになっています。

7結果

ちょうど50期間移動平均線で反発してキレイに下落しています。

これが移動平均線を使ったトレード戦略の立て方の基本です。

簡単に復習すると、まず、日足・4時間足で次にタッチしそうな移動平均線を見つけ、その後短期足に切り替えて反転のパターンが出るのを待つ

パターンが出たらタイミングをとってエントリーします。

コツは、移動平均線だけで使うのではなく、短期足と組み合わせて使うことです。

次に、そこまで発生頻度は多くありませんが、出るとかなり勝率の高いトレード戦略を紹介します。

移動平均線とレジサポラインの組み合わせ

移動平均線を使ったトレード戦略の2つ目は移動平均線とレジスタンスとサポートの逆転の組み合わせです。

移動平均線の使い方はさっきと同じなのですが、そのポイントとラインが重なる場合、かなり強力エントリーポイントになります。

どんな場面か紹介しましょう。

移動平均線を使ったトレード戦略その2

この場面、ダウントレンドが発生していますね。

このようにラインが引けます。

移動平均線を使ったトレード戦略その2

赤が抜けたらダウントレンド終了のラインで、緑が直前のサポートラインです。

ちなみに赤い移動平均線は20期間移動平均線です。

この後の相場の予測は、緑のラインで反発するか、赤い移動平均線とぶつかって反発するか。

そして最後の可能性として、緑のラインと20期間移動平均線がぶつかるところでの反発があります。

で、結果的にこうなりました。

移動平均線を使ったトレード戦略その2

緑のラインと20期間移動平均線がぶつかるところで反発して下落しました。

15分足は載せませんが、反発して下落していくことを確認してエントリーするのは先ほどと全く同じで短期足のチャートパターンの形成を見ます。

このように日足・4時間足と15分などの短期足を組み合わせることで移動平均線はエントリーの大きな根拠になります。

まとめ

さて、最初に話した移動平均線にタッチして反発するポイントを見つけるためのコツはなんだかわかりましたか?

それは、移動平均線単体で使うのではなく、他の根拠になるものと一緒に使う、ことです。

これからいろいろなテクニカル分析ツールを知っていこうと思うなら、常に他のものと組み合わせて使えないか、を考えてみてください。

1つでは役に立たないものも、あるものと一緒に使うことですごい力を発揮することがあります。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*