フィボナッチリトレースメントで押し目をとるトレード手法

shutterstock_343215632

テクニカル分析の一つであるフィボナッチリトレースメント、フィボナッチ、という名前から、少し難しいイメージがあるかもしれません。

しかし、使い方はとても簡単です。

フィボナッチリトレースメントは見方もとてもシンプルです。

長期足で上昇トレンドが出ているが、短期足では下落トレンドが出ている。

こんな時は、短期足が上昇トレンドに切り替わるタイミングを見計らってエントリーするのがいいエントリー方法です。

この短期足のトレンドが下落から上昇へどのタイミングで切り替わるのか、切り替わるタイミングを事前に予測できるのがこれから紹介するフィボナッチリトレースメントです。

基本的な使い方から実際のエントリーまでチャートを使って紹介していきます。

MT4でフィボナッチリトレースメントを表示させる方法

MT4でフィボナッチリトレースメントを表示させる方法はとても簡単です。

具体的には、ここをクリックすると一発で表示させられます。

MT4でフィボナッチリトレースメントを表示させる方法

もしくは、「挿入」から「フィボナッチ」を選んで、その中にある「リトレースメント」をクリックすれば、同じように表示させることができます。

MT4でフィボナッチリトレースメントを表示させる方法

最初に紹介した方法が簡単なので、こちらを使うことをお勧めします。

また、引き方ですが、ここでは上昇場面を例に説明していきます。

もちろん下落場面でも逆にしただけでそれ以外は同じです。

引き方は3ステップだけです。

まず①フィボナッチリトレースメントをクリックした後、②安値をクリックしたまま③高値まで持っていってマウスを放します。

図で表すとこんな感じです。

MT4でフィボナッチリトレースメントを表示させる方法

このようにすると、フィボナッチリトレースメントをMT4上に表示させることが可能になります。

MT4でのフィボナッチリトレースメントの初期設定

MT4でフィボナッチリトレースメントを表示させると、最初は必要のないものまで表示されます。

これでもいいのですが、1度に何本かフィボナッチリトレースメントを引く場合にチャートがごちゃごちゃになってしまうので、そうならないためにも必要最低限だけ表示させるようにします。

まずフィボナッチリトレースメントを表示させると、このようにたくさんのラインが出てきます。

MT4でのフィボナッチリトレースメントの初期設定

ここにはラインが6本ありますが、6本全てのラインは必要ありません。

さらに、このチャートでは見えませんが、他にも3本見えないラインがあります。

これらの中で使わないラインがあるので、初期設定で必要ないラインは非表示にします。

まず、フィボナッチリトレースメントの上の丸い点で右クリックします。

そこから、「Fiboのプロパティー」をクリックします。

MT4でのフィボナッチリトレースメントの初期設定

表示されたプロパティーの「フィボナッチレベル」をクリックします。

ここに表示されているのものが、チャートに表示されるラインです。

ここから、必要なもの以外は削除します。

必要なものは、0、38.2、50、61.8、100の5つです。

これ以外は全て削除します。

すると、こんな風にスッキリました。

MT4でのフィボナッチリトレースメントの初期設定

これで初期設定は完了です。

これで必要なものだけが表示され、いらないものは表示されなくなりました。

MT4でのフィボナッチリトレースメントの初期設定

フィボナッチリトレースメントから相場の勢いがわかる

フィボナッチリトレースメントを使うことで、トレンドがどこで切り替わってトレンドの方向に転換するのかがわかります。

例えばこの場面。

フィボナッチリトレースメントから相場の勢いがわかる

4時間足チャートですが、現在はアップトレンドで一旦調整をしていて、どこかでまた上昇の勢いがつくことが予想されます。

どこまで下落してトレンドが上昇に戻るのかの目安をフィボナッチをみて判断します。

フィボナッチリトレースメントで使うのは、基本的に、31.8、50、61.8の3つです。

相場が31.8で反転、上昇したら、相場の勢いは強いと判断できます。

50で反転したら、勢いは普通。

もし61.8で反転した場合、そこまで相場の勢いは強くない、と言えます。

これは、ボリンジャーバンドのところでも話したのですが、押しが深く入れば入るほど相場の勢いは弱いことを意味しています。

なので、31.8%で反転した場合はかなり強気でエントリー可能であり、逆に61.8%まで押しが入ってから反転した場合は、きちんと相場の勢いがあることを他のテクニカル分析でも確認してエントリーする必要があります。

フィボナッチリトレースメントを使った実践エントリー場面紹介

ここからは、フィボナッチリトレースメントを使った実際のエントリー場面を見ていきましょう。

まず今このチャートの一番右側にいるとしましょう。

フィボナッチリトレースメントを使った実践エントリー場面紹介

ここから相場が31.8%のラインで反発して上昇すれば、相場の勢いがあることがわかります。

この場面、進めてみるとこのようになりました。

フィボナッチリトレースメントを使った実践エントリー場面紹介

38.2%で止まって上昇することなく、50%まできて、さらに50%も割ってきました。

となると、ここからは61.8%もわって下降の勢いが強くなるか、もしくは、61.8%で反発してそこから上昇トレンドに戻るか、のどちらかになります。

この後61.8%に対してこのような動きになりました。

フィボナッチリトレースメントを使った実践エントリー場面紹介

一旦下に割って、そのまま下落するのではなく、すぐに次の足で戻してきました。

まだ、この段階ではここからどうなるかはわかりませんが、ここから上昇の勢いを確信するためには、大きく上昇するローソク足の出現を待たなければいけません。

待っていると、このような大きな陽線が出現しました。

フィボナッチリトレースメントを使った実践エントリー場面紹介

ここで、一時的に上昇の流れに戻ったことに確信が持てます。

この判断で重要なのは、あくまでも一時的に上昇の流れに戻ったということで、ここから長期的に上昇するかがわかるわけではない、ということです。

つまり、必ずここから上昇して高値を更新する動きになるわけではないのです。

もしかしたら高値を更新するかもしれないし、もしかしたら高値を更新しないで、ある時期を境にダウントレンドに切り替わることもあります。

つまり、このフィボナッチリトレースメントでわかるのは、直後の相場の動きを少し予想するにとどまるのです。

間違えても、61.8%で反発して大きな陽線が出たから、ここから必ず高値を抜きに行く、と考えてはいけません。

大きな陽線のローソク足が確認できたら、向こう少しの間は上昇する可能性があるので、タイミングをとって買いエントリーを狙う、となります。

フィボナッチリトレースメントの長期足での役割はまずここまでとなります。

フィボナッチリトレースメントがサポートと同じ役割をしている、と考えてもらえれば大丈夫です。

ここまでで買いエントリーしていい条件がそろいました。

次にすべきなのは、タイミングをとりエントリーですね。

ここからは短期足に切り替えてタイミングをつかみましょう。

これがちょうど大きな陽線が出た直後の15分足チャートです。

フィボナッチリトレースメントを使った実践エントリー場面紹介

さて、この後、いきなり移動平均線タッチの場面が訪れます。

フィボナッチリトレースメントを使った実践エントリー場面紹介

あなたはここでエントリーしますか??

それともエントリーを見送りますか??

なぜエントリーするのか、もしくはなぜエントリーしないのか、理由も一緒に考えてみてください。

ちなみに、移動平均線タッチでのエントリーに関してはこちらの記事で詳しく話しましたので、参考にしてみてください。

移動平均線タッチエントリーでトレンド転換を取るトレード手法

ここではトレンド転換場面での移動平均線タッチエントリーがメインなので、今回の場面とは少しずれていますが、移動平均線タッチでエントリーする場合、どうすればいいのかは理解できると思います。

この場面、エントリーはしません。

理由はいくつかあります。

もっとも大きな決め手になるのは、移動平均線にタッチした時の価格の動き方です。

移動平均線タッチでのエントリーは、タッチしたから上昇するのではなく、もともと相場に勢いがあって、ちょっと相場が休憩していて、そこからいつまたいつ上昇しようか、タイミングを見計らっています。

つまり、反発する時は、移動平均線をきっかけにしているに過ぎないので、きちんと相場の勢いを確認してからじゃないとエントリーできません。

この場面は、移動平均線にタッチした時に、上昇するそぶりを全く見せていません。

フィボナッチリトレースメントを使った実践エントリー場面紹介

上昇の勢いは全く感じられず、移動平均線がないかのように、キレイに移動平均線を割ってしまいましたね。

こういう時はエントリーしません。

また、直前の高値まで上昇してから、移動平均線まで落ちてくる時のスピードも気になりますね。

スピードが速く、大きなローソク足で移動平均線に近づいています。

こういう形状は移動平均線で反発しにくい、というのがあるので、これら2つの理由からエントリーをしない判断ができます。

その後は移動平均線の傾きがなくなり、レンジになっていますね。

ちなみに、こういうレンジ相場でもエントリーできますよ。

詳しいエントリー方法についてはこちらにまとめてあります。

ボリンジャーバンドでレンジ相場をとる3ステップエントリー

今回の場面だと、ここでエントリーできます。

フィボナッチリトレースメントを使った実践エントリー場面紹介

ここから15分足でレンジ相場が続けば、このロジックでトレードできます。

しかし、相場はそのままレンジになることなく高値を更新しました。

フィボナッチリトレースメントを使った実践エントリー場面紹介

ここでエントリーできるとしたら、赤いレジスタンスラインだったところがサポートラインに切り替わり、レジサポ転換が起こった場合ですね。

また、移動平均線も近くまで来ているので、これらが重なればエントリー可能です。

実際にはこれらの条件が重なったので、エントリー可能です。

フィボナッチリトレースメントを使った実践エントリー場面紹介

まとめ

フィボナッチリトレースメントはそれだけでエントリーするといものではありません。

フィボナッチリトレースメントを使って、長期足の相場の勢いを把握して、そこから短期足でタイミングをとり、エントリーしていく、というのがフィボナッチリトレースメントの使い方です。

もしかしたら少し難しいと感じたかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

相場全体の把握と、タイミングを絞り込んでエントリーする2つの視点を持てればきちんとした根拠を持ってエントリーできます。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*