FX初心者が最短・最速でトレードスキルを上達させる勉強法

Pocket

今回はFX初心者が遠回りすることなく最短・最速でトレードスキルを上達させる方法を話していきます。

この記事のタイトルで言っている「最短・最速」には意味があります。

最短とはムダな遠回りをせず、FXで稼げるというゴールまで直線に近い道を通ること。

そして最速とは普通の人達よりもスピーディーにその道を進んでいく、つまり一つ一つ学んだことを素早く吸収するということです。

この2つが重なった時にFXのトレードスキルは一気に上達します。

トレードスキルを上達させようと思った時、上達のスピードはどうしても人それぞれ異なります。

上達の早い人、上達の遅い人がいます。

この2人は一体何が違うのか、どうすればトレードスキルを他の人よりも効率よく早く身につけ、FXで稼げるようになるのか

ここには決定的なある違いがあります。

今回はここに焦点を絞って話をしていきます。

FXに取り組み始めてちょっとずつトレードスキルが身についてきている気がするけど、上達スピードがまだまだイマイチだなと感じているなら、今すぐ先を読み進めてください。

実際にどうすれば自分でもびっくりするくらい上達スピードが上がるのかを話していきます。

素早くトレードスキルを上げたいなら実践・実践・実践

まず、FX初心者がトレードスキルを上達させようと思ったときに重要なものは、勉強と実践です。

この2つに関してはいろいろなことがいわれていますが、さっそく結論から行きましょう。

FXのトレードスキルを効率よく上達させようと思ったときに、勉強と実践の2つどちらを中心に取り組むべきか。

実践です。

トレードスキルをあげるためにどうやって勉強したらいいんだろう?ということに関しては正直ほとんど何も考えなくて大丈夫です。

というかむしろ何も考えないほうがいいです。

変にいろんなことを知らなきゃ勝てるようにならない、という気持ちが出てきてしまい学生時代に勉強ができていた人ほど、FXをしっかり勉強しなきゃいけない、と勉強することを中心にしてしまします

では、トレードスキルをあげるために中心に考えるべきFXでの実践とはなんでしょう??

過去検証?
デモトレード?
リアルトレード?

最も効率的にトレードスキルが上達するためにすべきものはリアルトレードです。

じゃあリアルトレードをひたすらやればそれだけでトレードスキルが上達するのか?そんなわけないのはわかると思います。

では、リアルトレードを中心にしてどのようにしていけばFXで勝つために必要なトレードスキルを効率的に上達させることができるのか。

上達において大切なのはリアルトレードでぶつかる壁

FXでトレードスキルを効率的に上達させるために、リアルトレードが大事だという話をしました。

リアルトレードは勉強と実践のうちの実践のことであり、FXに使う時間をここに全力で投入することでトレードスキルを一気にアップトレンドにのせることができます。

では、リアルトレードを中心にしてFXに取り組むことでどんなふうにトレードスキルを上達させることができるのか。

具体的に見ていきましょう。

例えばあなたがこれからダウ理論のトレード手法をマスターしようとしています。

おそらくこんなふうに考えますよね?

「このトレード手法をまずはしっかり勉強してマスターしよう!トレードはそれからだな」と。

そして、ダウ理論のトレード手法を勉強し始める。でもどこまで勉強したらデモトレードを始めればいいのかわからないし、ましていつリアルトレードに移ったらいいのかなんてわからない。だからこの勉強はいつまでも続く。。。

これでももちろんトレードスキルを上達させることはできますが、どうしても上達のスピードは遅いです。

じゃあどうするか。

最初からいきなりリアルトレードを始めるんです。

実際にお金を口座に入金してトレードを始めます。

もしまだリアルトレード用の口座を開設してないなら、どこでもいいので口座をつくって入金しましょう

証券会社はどこがいいですか?とたまに聞かれるのですが、はっきり言ってどこの証券会社にしても、あなたを勝たせてくれる会社はどこもありませんので、日本国内であなたが好きな証券会社にすればいいのです。

で、リアルトレードをします。

「確かダウ理論のトレード手法は、まず日足のダウ理論をみてアップトレンドかダウントレンドかを確認するんだよな、、、」

「あれ??ここヒゲで抜けててローソク足実体では抜けてないけど、アップトレンド発生なのか?ヒゲじゃダメなのか?ヒゲでもいいのか??」

はい。

ここで壁が出てきましたね。

「やばい、どう判断したらいいのかわからない」

この「わからない」というのが壁です。

で、この壁がトレードスキル上達にとても重要な役割をします。

壁にぶつかったらその疑問を解決するために勉強をするのです。

いいですか。

順番が逆なんです。

多くの人が学校の勉強をしていたときから刷り込みをされているように「勉強が先で次に実践(テスト)」じゃないんです。

勉強してから実践するのではなく、実践を先にしてそこでぶつかった壁を乗り越えるために勉強をするのです。

実践が先、勉強があとです。

ちなみに、ヒゲで抜けたらトレンド発生としていいのかどうなのか、と言うのはこちらの記事で解説しています。

FXダウ理論で高値と安値の更新はローソク足の実体で判断しろ!

こうやって勉強からスタートするのではなく実践(リアルトレード)から始めることでトレードスキルはおもしろいほど早いスピードで上達していきます

学校の先生は教科書と問題集を使ってテスト範囲の勉強をすれば、テスト(実践)でいい結果が出せることは教えてくれましたが、学校を卒業して社会で勉強することのほとんどはこの方法では太刀打ち出来ないよ、ということは教えてくれません。

なぜなら社会に出てからする仕事やFXには勉強しなければいけない範囲は厳密に決められていないので、ここまで勉強すれば万事オッケーです、と言えるものがないのです。

だから勉強から始めるといつまでも終わりがなく上達は遅くなってしまうのです。

これは仕事においても同じですよね???

先にすべてのことを教えてもらって(勉強して)それから実際の業務に入りましょう、と言うのはなかなかありません。

ほとんどの仕事は、概要を理解したらあとは実際にやってみて、わからないことがあればその都度解決していく、ここでも実践から始まり必要に応じて勉強をしているから上達のスピードが早いのです。

あともう一つここで伝えたいことがあります。

それは、実践する中で壁を感じたら絶対にエントリーしないこと

これだと絶対に勝てるようにはならないので、絶対ダメです

繰り返しになりますが、壁を感じてもまあいいかとエントリーしているようではいつまでたっても絶対に勝てるようになりません。

多くの人は実践で壁を感じたとしても、トレードして稼ぎたいと本能的に思ってしまうので、エントリーしてしまいます。

まぐれで勝つことはあっても、これでは継続してトレーダーとして勝ち続けること、FXで稼ぎ続けることは不可能です。

壁にぶつかるということは、自分のトレード技術に未熟な部分があるということであり、そこから目をそむけてはいけません

できない自分、つまずいている自分には向き合いたくない、目をつぶりたいと思うのが人間ですが、ここから目をそらして大きな利益ばかり夢見てもいつまでもそれは夢のままであり、決して手に入ることはありません。

しっかり見つめるべきものは、遠くにある大きな利益ではなく一番近くにいる自分自身なのです。

壁にぶつかったらできない自分と向き合い、その壁をしっかり乗り越えて勝ち続けられるトレーダーに必要なスキルを身につけましょう。

「勉強になりました」じゃトレードスキルは上達しない

「今日の内容も勉強になりました。ありがとうございます」というメッセージをメールでよくいただきます。

こういうメッセージをいただくと本当にうれしいです。

しかし同時にこんな想いもあります。

「勉強になりました」じゃトレードスキルはなかなか上達しないんだよな、と。

F-pediaの記事は基本的にあなたが勉強するために書いているのではありません。

ダウ理論のトレード手法を実践している人はこんなところでつまずくだろうな、ここでつまずいた壁はこういうふうに考えると乗り越えることができるんだよ、という風に実際のチャートをみてトレードをしている人を対象に書いているのです。

がんばってダウ理論のトレード手法で勝てるようになりたい、そう思って真剣に動いているチャートに向き合い、自分のできる範囲のチャート分析をしている、でも壁にぶつかってどうしていいかわからなくなっている。

そんな人に読んでもらって、実際のトレードに活かしてもらいFXのトレードスキルを少しでも上達させてほしいのです。

だから、F-pediaの使い方としては「勉強するため」にサイトをグルグル回るのではなく、実践でぶつかった「壁を乗り越えるため」に使ってほしいのです。

壁にぶつかった時にF-pediaの記事のタイトルをパラパラと見ていって、今の自分のぶつかっている壁を乗り越えるヒントが書いてありそうな記事を読んでいく、こうした使い方がいいですね。

あくまでも、自分がぶつかった壁があるのが大前提で、それを乗り越える手助けをするものがF-pediaなのです。

同じF-pediaを使ったとしても、使い方が違うだけでトレードスキルの上達のスピードはまるで変わります。

大事なのはリアルトレードを軸にして、ぶつかった壁から目をそむけずに乗り越えようとする姿勢なのです

デモトレードじゃトレードスキルは上達しない??

デモトレードかリアルトレードかどっちがいいのか?どのタイミングでリアルトレードに移行すればいいのか、この問題は常に多くの人を悩ませてきました。

どっちかがいいか、と言う問いに対してはどっちでもいいというのが僕の答えです。

どっちでもいいけど、大事なのは「手に汗握るかどうか」です。

別の言い方をするなら「エントリーする時に程よい緊張感を持てるか」です。

僕がトレードを始めたばかりの頃はデモトレードでたとえ損切りになってもお金を1円も失うことはないのにもかからわず、エントリーしたあとはドキドキでした。

過去の僕のようにデモトレードでも緊張感を持ってエントリーできるなら、デモトレードでも問題ありません。

また、リアルトレードからはじめてください、といってもいきなり貯金を全部突っ込んで証拠金いっぱいのロットを持て、ということを言っているわけではありません。

もしいきなりリアルトレードをすると言っても、最初は1000通貨(1pip約10円)か1万通貨(1pip約100円)でいいのです。

ここから始めることをオススメします。

トレードするのが小額だとしても、お金が増えたり減ったりするので1回のトレードで程よい緊張感を持って、真剣になります。

目の前のトレードに真剣であれば、ぶつかった壁を何とかして乗り越えようと、どうすればいいのかを本気で考え、解決策を探します

この時が最も吸収率が高いときであり、トレードスキルが一気に上るときなのです。

FX初心者がトレードスキルを最短・最速で上達させる方法のまとめ

今回トレードスキルを上達する方法としてお伝えしたかったことは、とにかく実践を中心にしようということです。

実践を中心にFXに取り組むことで、自然と壁にぶつかります。

そこで初めて、壁を乗り越えるために勉強をすればいいのです。

勉強から始める勉強と、実践から始めて壁にぶつかってからする勉強では、たとえ全く同じことを学んだとしても吸収率が違うのでスキルの伸び率が全然違います。

もしいつまでもFXを勉強していて、実際のトレードはいつからやったらいいのかわからない、こんなふうに感じているなら、いますぐトレードを始めましょう。

勉強は壁にぶつかったときにすればいいのです。

Pocket

高勝率リアルタイム相場分析配信&勝ちトレーダーの頭脳をインストールする読者限定レポートプレゼント

僕の頭の中をお見せします。


僕が日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

トレードで高い勝率を実現するためには、正しい分析が必要です。

では、その正しい分析とは何なのか?

既にサイトで公開をしているシンプルで超強力なトレードルールを基に、チャートを前にどう分析すればいいのか。

正しい相場分析とは一体どういうものなのかをお見せします。

僕の分析を元にトレードして勝ってもらうのはもちろん、最終的にはあなた一人でも僕と同じチャート分析ができるように、そのために必要な知識、考え方をレポートやメールマガジンで詳しくお伝えしていきます。


『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
『思うようにトレードで勝てない・・・』
『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』


こんなふうに思っている人には、目からウロコな話ばかりなのでオススメです。

具体的に得られるものの一部を紹介します。


▼登録すると得られるもの▼

・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
・秘密のメールマガジン



メールに登録してくれた人限定で、これらをテーマにしたレポートを作り出来上がり次第プレゼントしようと思っています。

あ、一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。











SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*