ダウ理論で高値と安値が切りあがったらアップトレンド、はウソ

ダウ理論を勉強すると、なんとなく「高値と安値が切り上がって4点が決まったらアップトレンドで、切り下がったらダウントレンドだ」となんとなく覚えていませんか?

もしダウ理論についてその程度の理解力なら、むしろダウ理論を知らないほうがましです。

なぜなら、先ほどの理解では、全くと言っていいほどトレードで勝てるようにならないからです。

この考えだと、トレンドが発生していないのに、発生したと勘違いしてエントリーして損切りになります。

そうならないために、トレンド発生の時に気をつけてみるべきポイントを紹介します。

高値と安値が切り下がってるこの場面どう分析する?

まずはこちらの高値と安値が切り下がっている場面をみてください。

ユーロドルの日足チャートです。

高値と安値が切り下がってるこの場面どう分析する?

このチャートは、高値と安値が切り下がっていて、4点決まっていますね。

高値と安値が切り下がってるこの場面どう分析する?

高値と安値が切り下がっていればダウントレンド発生だと考えれば、この場面はダウントレンド発生場面です。

ここから目線を売りに考えて積極的にエントリーする場面、ということになります。

実際にこの後どうなったかというと、こうなりました。

高値と安値が切り下がってるこの場面どう分析する?

赤丸のところが先ほどの4点つけたところです。

少しもみ合ってアップトレンド再開となりました。

今回はダウントレンドが発生したけど、ダウントレンドが継続せずにすぐにアップトレンドに戻ったんだ、ということもできるかもしれません。

しかし、本当にダウ理論を理解すると、今回の場面は実はダウントレンドは発生していないのです。

ダウントレンドが発生していない、ということは、無駄に売りでエントリーする必要はなかったのです。

では、本当のダウ理論を使って分析するとどのような分析になるのかをここから見ていきましょう。

ダウ理論で大事なのは、直近の重要な安値(もしくは高値)を抜けたかどうか

ダウ理論では、4時間足や日足のチャートであれば、4点切りあがりが確認できればアップトレンドになるわけではありません。

4時間足や日足でトレンドの認識をするのは大前提なのですが、それに加えてとても大事なのが、そもそも直近の重要な安値(もしくは高値)を抜けたかどうか、です。

今回の場面で、直近の重要な安値はどこになるかというと、ここです。

ダウ理論で大事なのは、直近の重要な安値(もしくは高値)を抜けたかどうか

なぜここが直近の重要な安値になるのかよくわからないのであればこちらの記事でダウ理論の基本を勉強してください。

トレンドの発生と終わりを確実にとらえるために見るべき3つのポイント

で、今回はこのように波を分析しました。

ダウ理論で大事なのは、直近の重要な安値(もしくは高値)を抜けたかどうか

だから、先ほど丸をしたところが、高値を更新した起点になっている安値になるのです。

ダウ理論では、このポイントを抜けることがとても重要な意味を持ちます。

まずここを抜けた時点で直近のアップトレンドが崩壊します。

つまり、アップトレンド終了はちょうどここです。

ダウ理論で大事なのは、直近の重要な安値(もしくは高値)を抜けたかどうか

青いラインが直近の重要な安値でここを下に割ったところがアップトレンド終了になります。

で、この安値を下に抜けた瞬間にダウントレンが発生します。

つまり、この赤いラインを下に抜けた瞬間にダウントレンド発生になります。

ダウ理論で大事なのは、直近の重要な安値(もしくは高値)を抜けたかどうか

今回は、赤いラインを下に抜けられずに上昇していますね。

となると、下落の時に安値を更新した起点になっているラインを上に抜けるかどうかを見ます。

ダウ理論で大事なのは、直近の重要な安値(もしくは高値)を抜けたかどうか

この赤丸をつけたところを根拠にラインを引きました。

ダウ理論で大事なのは、直近の重要な安値(もしくは高値)を抜けたかどうか

①で重要なラインを上に抜けた(1回目の更新)後、②で2回目の更新をしたので、この時点でアップトレンド発生となります。

まとめ

今回の場面の結論としてはダウントレンドは発生していません。

トレンドが発生するためには、まず重要な高値(もしくは安値)がどこにあるのかを見極めなければいけません。

そして、その高値(もしくは安値)を割ったかどうかが重要です。

ただ単に安値を2回下に更新して、高値も下に更新してもダウントレンドにはなりません。

そのことを理解し、チャート分析ができるように練習しましょう。

トレンド認識を自信を持ってできるようになると、それだけで勝ちトレーダーの仲間入りすることもできますよ。

まずはトレンドから。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*