ダウ理論で相場が上か下かを判断するために絶対欠かせない2つの要素

Pocket

ダウ理論というのは、高値と安値が切り上がったり切り下がったりを見るだけで、きれいさっぱり上か下かを判断できると思っている人もいるかもしれません。

しかし、単純に高値と安値の切り上がり、切り下がりだけを見ていても、僕がいうダウ理論をマスターできている状態とは程遠いのです。

これでは完璧にダウ理論を理解したとはいえなく、不十分です。

じゃあ、ダウ理論をマスターするために、何が必要なのか?というダウ理論をマスターするために絶対欠かせない2つの要素について今回は話をしていきます。

この2つの要素を理解することができれば、ダウ理論をマスターすることができ、今の相場が上なのか下なのかを自分一人で判断できるようになるので、ここを目指して取り組んでいきましょう。

正確にトレンド把握をする秘訣を説明していきます。

ダウ理論でトレンドを「正確に」見つけるための具体的な話

ダウ理論でトレンドを把握する法則をもっと正確にするためには、新しい言葉を2つ使います。

新しい言葉といっても、これまで説明してきた話以外の理論を示す言葉ではなく、「安値」「高値」を示す中に含まれる具体的な言葉になります。

「人間」の中にも「大人」や「子供」とわけられるのと同じで(カテゴリ化とも言います)、「高値安値」の定義の中のある部分を明確な言葉でわけます。

それが、「戻り高値」と「押し安値」です。

図において説明をすると、戻り高値と押し安値は以下の場所になります。

現時点では、「こーゆーところに出来るのが戻り高値、押し安値ネ」と思っておいてください。

で、ここから具体的にしていきましょう。

まず、「戻り高値」と「押し安値」は、一つのチャートで必ず一か所にしか存在しません。

また、チャートの値動きと共にある条件を満たすと移動をするもので、★マークが過去押し安値だったところ、●マークが過去戻り高値だったところです。

そして、この「戻り高値」と「押し安値」が「トレンド発生している」、「崩壊している」を把握する時に極めて重要なものであり、恋人のように絶対に忘れてはいけない存在です。

絶対に覚えてください。

それでは、図を使って説明していきましょう。

まず、以下のチャートの状態で戻り高値と押し安値は以下の場所にあります。

でも、現時点の「戻り高値」、「押し安値」を見つけるためには過去の「戻り高値」、「押し安値」から見つけるのが一番良いです。

その過去の「戻り高値」と「押し安値」の探し方として、直近の最高値か最安値を探します。

以下の図でいうところの青丸のところですね。

そして、その最高値(最安値)を作ったところの起点となる一個前の安値(高値)を探します。

その起点となった一個前の安値(高値)が、押し安値(戻り高値)になります。

そして、その押し安値(戻り高値)のラインを抜いた時点(★マーク)で、その起点となる一個前の青○で囲んだ高値(安値)が戻り高値(押し安値)になります。

そして、その後トレンドが継続、高値と安値が切り下がっていく状態が続くと戻り高値(押し安値)は、以下の図のように移動していきます。

そして、ここから「戻り高値」と「押し安値」を使って正確にトレンドを把握する話に入ります。

先ほどの文章とチャート図を使って改めて見て行きましょう。

と、その前に一つだけとても大事な前提を覚えておいてください。

これから説明する中でたくさん出てくる、過去の高値安値を抜けた抜けない判断はソウソク足の終値で判断すべきで、ヒゲ足で判断していては勝てなくなるので絶対にダメです。

それでは見ていきましょう。

ダウ理論でアップトレンドが発生する条件

ダウ理論でアップトレンドが発生する時は、「戻り高値」を一回上に後に高値(赤○)を作った後に、安値(青○)を押し安値(黒○)に届かないところで作った後に改めて、直近の高値を上に抜けた時(背景黄色から青色に変わったところ)。

ダウントレンドが発生する条件

ダウ理論でダウントレンドが発生する時は、「押し安値」を一回下に抜けた後に作った安値(赤○)を作った後に、直近の戻り高値(黒○)を上抜けずに下に抜けた時(背景黄色から赤色に変わったところ)。

ダウ理論でダウントレンドが崩壊する条件

ダウ理論でダウントレンドが崩壊する時は、戻り高値を終値(ロウソク足確定後)で上に抜けた時(背景赤色から黄色に変わったところ)。

ダウ理論でアップトレンドが崩壊する条件

ダウ理論でアップトレンドが崩壊する時は、押し安値を終値(ロウソク足確定後)で下に抜けた時。

そして、トレンドが継続する時も見ていきましょう。

ダウ理論でアップトレンドが継続する条件

ダウ理論でアップトレンドが続くときは、押し安値(青○)を(終値で)下抜けずに、高値を(終値で)上抜ける度に、押し安値が新たに出来た安値に移動していく。

ダウ理論でダウントレンドが継続する条件

意外と単純に考えられるようで注意深く見ていかないといけない場合があるので、次のチャートは少し難しくところで説明をしましょう。

ダウ理論でダウントレンドが続くときは、戻り高値(青○)を上抜けずに、安値(赤丸)を下抜ける度に、戻り高値が移動していく。

もし、この図を見て「あれ?」っと思った人は、「ロウソク足の終値で見ていく」という大前提が抜けている恐れがあるので意識してくださいね。

ここまで、ダウン・アップトレンドが発生する定義と、終了する定義、継続中の定義、合計6つを説明しました。

最初は、時間がかかるかもしれませんが、この押し安値、戻り高値を正しく認識した上で、この6つを正しくチャートで見れればダウ理論においてのトレンド判断は確実に出来ますので、必ず意識するようにしてくださいね。

そして。

あなたはダウ理論でトレンド判断できますか??

さて、まずはあなたがどれくらいダウ理論を理解しているか、実際のチャートでお手並み拝見と行きましょう。

このチャートを見てください。

ドル円の週足のチャートです。

今一番右にいるとして、

アップトレンドでしょうか?
ダウントレンドでしょうか?
トレンドが発生していない(終了中)でしょうか?

この3つのどれでしょうか??

理想は、瞬間的に、1分で答えられることです。

とはいうものの、最初は確実に、しっかり分析してくださいね。

順番に見ていきます。

まずダウ理論でチャートを分析するために、波形をとらえる必要があります。

そこで、波形をこんなふうにみました。

そして、次にすべきことは、右側からなるべく近い最高値か最安値を探すことなので、上の図でどこでしょうか?

以下の図で赤丸で囲んだところが右側からなるべく近い最安値です。

そして、次にこの最安値を作ったところの起点となる一個前の高値、戻り高値を探します。

せっかくなので、次の図を見る前に上の図で考えてみてくださいね。

考えたら次を見ていきましょう。

戻り高値はここです。

後々、絶対に必要で便利なので図の様にラインを引くようにしていってください。

さて、この時点で既にトレンド判断は出来る状態で、以下の3つのうちどれでしょうか?

アップトレンドでしょうか?
ダウントレンドでしょうか?
トレンドが発生していないでしょうか?

もし、分からなければ先ほどの6つの定義を思い出してください。

答えはダウントレンド発生中です。

戻り高値のラインを上抜けそうではあるものの、抜けていない以上、ダウントレンドは継続しています。(上抜けたらダウントレンド崩壊ですね)

このように、チャートを見て今の相場でトレンドがどっちに出ているのか?または、トレンド崩壊中なのかを判断できるまで繰り返しチャートを見て分析するようにしていってくださいね。

まとめ

ダウ理論をマスターするために必要な考え方はすべてこの記事にまとめました。

ダウ理論にもとづいてトレンド判断をするために絶対に欠かすことのできないものが押し安値と戻り高値です。

押し安値と戻り高値の考え方をマスターすることができれば、今の相場が上なのか下なのかをほとんど裁量をいれることなく、機械的に判断できるようになります。

もし、チャートを見てダウ理論にもとづいてトレンド判断をしようと思ったけど、
「どこが戻り高値でどこが押し安値なのかわからない」
「次はどうなったらトレンドが発生するのかわからない」

もし実際のチャートを前にしてこのように感じることがあれば、この記事にもどってきて、どこが押し安値で、どこが戻り高値で、どこからトレンドが発生するのか、どこを抜けたらトレンドが終了するのか、ということを一つ一つ丁寧に振り返ってみてください。

この記事の中に疑問を解決する答えが載っているはずです。

Pocket

高勝率リアルタイム相場分析配信&勝ちトレーダーの頭脳をインストールする読者限定レポートプレゼント

僕の頭の中をお見せします。


僕が日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

トレードで高い勝率を実現するためには、正しい分析が必要です。

では、その正しい分析とは何なのか?

既にサイトで公開をしているシンプルで超強力なトレードルールを基に、チャートを前にどう分析すればいいのか。

正しい相場分析とは一体どういうものなのかをお見せします。

僕の分析を元にトレードして勝ってもらうのはもちろん、最終的にはあなた一人でも僕と同じチャート分析ができるように、そのために必要な知識、考え方をレポートやメールマガジンで詳しくお伝えしていきます。


『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
『思うようにトレードで勝てない・・・』
『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』


こんなふうに思っている人には、目からウロコな話ばかりなのでオススメです。

具体的に得られるものの一部を紹介します。


▼登録すると得られるもの▼

・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
・秘密のメールマガジン



メールに登録してくれた人限定で、これらをテーマにしたレポートを作り出来上がり次第プレゼントしようと思っています。

あ、一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。











SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*