ストキャスティクスでの高勝率エントリータイミングの取り方

shutterstock_147244238

オシレータ系のテクニカル分析ツールであるストキャスティクスについて解説していきます。

ストキャスティクスに限らず、普通オシレーター系の分析ツールは、だましが多い、トレンド相場では全く使い物にならない、などと言われることがあります。

しかし、きちんと理解を深めることで、だましに引っかかる回数を少なくすることができますし、トレンド相場でも機能する使い方はあります。

何と言ってもオシレーター系の弱点は使い方を間違えると全くと言っていいほど役に立たないことです。

ストキャスティクスは世界中で、たくさんの人が使っている、つまりそれだけ機能する可能性が高い人気の分析ツールです。

ここでは、どんな使い方をしちゃダメなのか、どうすればストキャスティクスがしっかり機能するのか、をチャートを使って具体的に話していきます。

特にエントリータイミングを取るのに苦労しているのであれば、すぐに使える話もしますので、ぜひ今日からあなたのトレードに取り入れてください。

ストキャスティクスのMT4での設定

では簡単にストキャスティクスをメタトレーダー4に表示させ、簡単な設定をしてましょう。

まずは、こちらからストキャスティクスを表示させましょう。

ストキャスティクスのMT4での設定

ストキャスティクスは英語で「Stochastic Oscillator」と書いてあるところです。

「挿入」→「罫線分析ツール」→「オシレーター」の中にあります。

で最初に設置画面が表示されますね。

ストキャスティクスのMT4での設定

ここの設定は初期のままで大丈夫です。

そのままOKをクリックしましょう。

少しストキャスティクスの説明をすると、ストキャスティクスはスローストキャスティクスとファストストキャスティクスの二つがあります。

まあイメージとしては移動平均線でいろんな期間を表示させられるのに近いです。

で、ストキャスティクスで最も使われているのは、スローストキャスティクスの方。

そして、初期設定はよく使われているスローストキャスティクスの数字になっています。

よって、ここから数値を変更する必要はありません。

もし、ストキャスティクスをより勉強して使いこなしたい、という場合は設定もいろいろ変更してみるといいですが、お手軽に使うなら、そのままの設定で大丈夫です。

で、設定が完了するとこんな風に表示されます。

ストキャスティクスのMT4での設定

下に表示されているのがストキャスティクスですね。

ストキャスティクスを使う前に少しだけ注意

これからストキャスティクスの3つの使い方について話していきますが、その前に少しだけ注意事項があります。

それは、今回ストキャスティクスを使う時間足です。

基本的にこれから話すことは全て短期足、5分足や15分足が前提です。

なぜかというと、オシレーター系のテクニカル分析ツールの中でも、ストキャスティクスは特にエントリーのタイミングを取るのにぴったりだからです。

もちろん長期足でもストキャスティクスは機能するでしょう。

しかし、短期足での使い方と長期足での使い方をごっちゃにすると、ただ惑わされるだけなので、ここでは短期足の、それもエントリーのタイミングを取るためにストキャスティクスを使う、と考えてください。

では、具体的に使い方を見ていきましょうか。

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

これはストキャスティクスの中でもオーソドックスな使い方です。

移動平均線などでよく聞くゴールデンクロスとデットクロス、あれと考え方は同じです。

エントリーのタイミングを取るために使います。

ただ、ストキャスティクスのゴールデンクロス、デットクロスが5分足ででたらとにかくエントリーする、なんてことは絶対にしません。

やったことないのでわかりませんが、そんなに簡単に勝てるほど相場は易しくはありません。

ストキャスティクスのクロスだけを見て、エントリーするかどうかを考えているようではいつまでたっても相場にだまされ続けます。

だまされないためにストキャスティクスの数値の設定をどうしたらいいか?と考える人がいますが、そんなの考えても意味ありません。

そもそもストキャスティクスだけを見てエントリーすれば勝ち続けられると考えるのが間違いなので、ぜひその考えは改めてしてください。

長期足でトレンドの確認もできた、さらにエントリーするポイントも絞り込んで、エントリー条件はそろった。

後はタイミングを合わせてエントリーするだけ、ここまで来てストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロスの出番です。

例えばこんな場面で使います。

これは、ユーロドルの4時間足。

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

ちょうどダウントレンドが発生していて、一旦勢いは落ち着いたかな、というところ。

ローソク足をみると、直前のダウントレンドの戻しというよりも、レンジっぽくなっていますね。

レンジになっていることから、下方向へのトレンドの勢いがそこまで強くないことがわかります。

補足ですが、もしローソク足以外に長期足のトレンドの勢いを確認したいなら、ADXというテクニカル分析ツールが役に立ちます。

トレンドの勢いを確かめるADXのシンプルで効果的な使い方

では今回の場面、ここではちょうどラインを引いたところまで戻ってくるのを狙います。

ちなみに、この段階でストキャスティクスを表示していますが、まだストキャスティクスは使いません

15分足にするとチャートはこんな風になっています。

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

ここから上のラインまで上昇するのを待ちます。

で、待っていたら上まで来ましたね。

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

ここでラインを上に思いっきり抜けていけば、エントリーは見送りますが、今回は止まり、下落へと転換しました。

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロスここでストキャスティクスの登場です。

エントリーの際タイミングを取るためにストキャスティクスを使います。

ちょうどこのクロスして下落するところでエントリーです。

そのあとはきれいに下落しました。

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

ちなみに、このあとも同じラインに何度か戻ってきて、ストキャスティクスを使ってさっきと同じようにエントリーできるところがありました。

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

ちょうど赤い丸で囲んだところですね。

最後に最初の4時間足の続きを載せておきますね。

ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

赤い楕円になっているところが15分足で先ほど載せたチャートの部分です。

このように狙った場面まで待ち、エントリーの条件がそろってからタイミングを取るのがストキャスティクスの一つの使い方です。

ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

次にストキャスティクスが買われ過ぎ、もしくは売られ過ぎの場合、ストキャスティクスをどのようにトレードに生かすことができるか。

ここではトレンドが発生しててても、ストキャスティクスが使える場面を紹介します。

ここで話すトレンドとは、長期足ではなく、5分足や15分足などの短期足だということをもう一度頭に入れておいてくださいね。

例えばストキャスティクスが買われ過ぎである80以上にあったら、あなたはこの後どうなると思いますか?

「買われ過ぎたなら、いずれ相場は下落する。」

悪くない答えです。

ただ、これだと説明できない相場が多すぎます。

チャートを見てみればわかりますが、ストキャスティクスが買われ過ぎにずっといても、そのまま上昇するケースがたくさんあるんですね。

だからと言って、買われ過ぎのときは、いつも再上昇するわけではありません。

再上昇する時もあるし、そこから下落して勢いがなくなることもある。

このどっちになるのかを判断するのが難しいんですね。

じゃあ、どうすれば良いかというと、ストキャスティクスの条件を絞ります。

これから話すストキャスティクスの使い方は、その時の短期足の状態をみて、その場でエントリーするかどうかの判断をする必要があるので、ちょっと難易度が上がります。

先ほどのゴールデンクロスとデットクロスは、待ち伏せしてエントリーする使い方ですが、今回は相場の出方をみます。

慣れるのに少し時間がかかるかもしれませんが、慣れると短期足の早い段階でしっかりトレンドに乗れるようになります。

使い方を見てみましょう。

まず、長期足でトレンドが発生しているのを確認します。

そして、狙う場面の絞り込みはいつものように、押し目や戻しからトレンド方向へ動きが反転するところを狙います。

これから説明するストキャスティクスの使い方は、長期足のトレンドの勢いが強いことが大前提です。

トレンドが強い場面なので、狙ったところまで相場が戻って来る前に大きく動き出すことがあります。

この勢いのあるトレンドにローソク足とストキャスティクスを使って絶妙なタイミングでエントリーします

では、短期足でストキャスティクスを使ってどうやってエントリーしていくのか、説明していきますね。

(ダウントレンドの場合)ストキャスティクスが売られ過ぎ(20以下)にあり、そこに留まっているか、一旦上に出てもまた戻って来た時、相場の下落の勢いが強いと判断します。

そしてこの場合、トレンド方向へ動き出すと判断し、エントリーします。

ちょっと言葉だけで説明すると難しく感じると思うので、チャートを使ってみていきましょう。

まずはこちらが4時間足チャートです。

ちょっと気が早いと言われるかもしれませんが、この場面ダウントレンドだとします。

ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

ここを15分足でみるとこのようになっています。

ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

で、今回説明したいのはこの少し先のこの部分。

ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

ストキャスティクスの①と②の赤丸で囲った部分が今回注目するポイントです。

ストキャスティクスが売られ過ぎから一旦上昇するが、またすぐ元の水準近くまで下落している。

こういう現象が起こると、まだまだ長期足のトレンドの勢いが強いことを意味します。

よって、売りのエントリーを決断する根拠になります。

エントリーの流れの話だと、狙う場面を絞るのことと、エントリーするかどうかの最終決断をすること、の両方をここで決めることになります。

あとはエントリーのタイミングですね。

ここで①、②のローソク足のところを見てください。

両方とも再度下落していますが、①の方が戻しが深く②の方が戻しが浅いです。

こういう場合、エントリーのタイミングはどうやっとればいいのか。

ここで登場するのが最初に説明したゴールデンクロスとデットクロスのエントリーです。

ちょうどストキャスティクスの矢印をつけたところでデットクロスが起こっていますね。

ここでトレンド方向へと再下降しているんで、絶好のポイントになります。

これが、買われ過ぎ売られ過ぎの時のトレードの仕方です。

ストキャスティクスのダイバージェンス

最後にストキャスティクスのダイバージェンスについて説明します。

ダイバージェンスは、オシレーター系のテクニカル分析ツールでよく出てくる言葉ですね。

ローソク足の波とオシレーターの波の動きが逆行していることをダイバージェンスと言います。

ダイバージェンスはとても簡単で、しかしとても重要なことを教えてくれるのでぜひここでその意味を理解してください。

ダイバージェンスは相場の転換ポイントを事前に教えてくれます

使い方を説明していきますね。

途中までは最初ゴールデンクロスとデットクロスと同じです。

長期足がアップトレンドで、でも5分足は下げている。

チャートを見たら、5分足はまだ下げていて、狙っているエントリー場面は、今の5分足が下落から上昇へと転換するポイント。

ここを狙ってエントリーしたい。

普通こういう場面を狙う時は、ローソク足とラインを手掛かりにエントリーすることが多いので、転換を確認するまでに時間がかかり、エントリーが少し遅れます。

まあ、ローソク足で判断してエントリーすると、この遅さは普通なんですが。

ストキャスティクスのダイバージェンスを使うことで遅れることなく、素早く転換に乗ることができます。

なぜならダイバージェンスが発生すると、そこから反転する可能性が一気に高まるからです。

ではチャートで見てみましょうか。

ストキャスティクスのダイバージェンス

安値と高値が切り上がり始めたアップトレンドが初期ですね。

ここ、15分足だとこんな風になっています。

ストキャスティクスのダイバージェンス

ここから上昇へ転じるところを狙いたい。

そこでこんな風になりました。

ストキャスティクスのダイバージェンス

これがダイバージェンスですね。

ローソク足は安値を更新しているのに、ストキャスティクスは前の安値を更新できていません。

これは、価格は下落しているけど前ほど下落のパワーはないよ、とストキャスティクスが教えてくれてるんですね。

もともと長期足でアップトレンドで、5分足で長期足の大きなトレンドに乗ろうとしているので、アップトレンドに切り替わるのは時間の問題。

5分足で上昇に転換するポイントをストキャスティクスがダイバージェンスで教えてくれた、ということになります。

エントリーは矢印をつけたところ。

赤丸をつけたんですが、ちょうどストキャスティクスでゴールデンクロスが起こっているので、ここでエントリーするのが安全というか安心できますね。

ちなみに、今のようなダイバージェンスがこの直後に続けてもう一度起きています。

それがこれ。

ストキャスティクスのダイバージェンス

ほぼ同じですね。

結果的には2回目のダイバージェンスが起こったところが短期足のトレンド転換場面になりました。

ただ、どこがトレンドの転換点になるかは、あとになってみてみないとわからないので、ダイバージェンスが発生したら積極的にエントリーしていきましょう。

ちなみに、日足で先ほどの場面はこんな風になりました。

ストキャスティクスのダイバージェンス

丸のところが15分足で見たところです。

まとめ

ストキャスティクスの3つの使い方、いかがでしたか。

どのオシレーターを取り入れるにしても、しっかりした条件をつけて他のテクニカル分析ツールと組み合わせて使わないと、効果は薄れます。

逆に条件をしっかり決めて、その上検証も行われていれば、とても強い味方になります。

ストキャスティクスは万能なツールではありませんが、ちょっとだけ使い方を工夫すれば大きな武器になりますね。

ぜひ、あなたのトレードにも取り入れてみてください。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*