ボリンジャーバンドでトレンドの勢いを一目でつかむ方法

ここではボリンジャーバンドを使ってトレンドの勢いを確かめる方法を紹介します。

5分や15分などの短期足でエントリーする時、1時間足や日足などの長期足のトレンドがどうなっているかを確認するかと思います。

その時、ボリンジャーバンドを使うことでトレンドの勢いを簡単につかむ見方があるので、チャートを使って細かく見ていきましょう。

長期足のトレンドはどの時間足を見ればいい?

まず、これから話すトレンドの勢いの確認は長期足で行います。

具体的にどの時間足を長期足とするか。

普通、長期足といったら日足・4時間足、もしくはそれ以上の時間足のことを言います。

ただ、今回は1時間足をメインに使います。

今までいろいろなところで4時間足以上を使ってトレンド判断を行いトレードする、という話をしてきました。

これはこれで大事です。

ただ、4時間足以上だと時期にもよりますがトレンドが発生しないことがあります。

トレンドが出ないとなかなかエントリーチャンスがないので、それはそれで問題です。

そこで今回は、4時間足・日足でトレンドが出ていないくても、1時間足でのトレンドをトレードに活かす方法を紹介します。

これから話すボリンジャーバンドを使ったトレンドの勢いを確認する方法は、もちろん4時間足以上でも機能しますので、長期足でトレンドが発生した場合、1時間足と同じように当てはめて考えてください。

トレンドの巡航速度を確認する

まずは発生しているトレンドの巡航速度の判断の仕方を話していきます。

巡航速度とは、トレンドがしっかり勢いを持って、これからも継続していくだろうと考えられる速度のことです。

トレンドの通常速度、つまり巡航速度であるかどうかをボリンジャーバンドとローソク足の位置関係で判断します。

巡航速度のトレンドは、ボリンジャーバンドの1σと2σの間で終値が確定し続けます。

アップトレンドであれば、ローソク足の終値が+1σより上にあれば、まだまだトレンドが続く、と判断することができます。

実際のチャートで見てみましょう。

トレンドの巡航速度を確認する

上のチャートはユーロドルの1時間足チャートです。

このチャートの中に巡航速度のトレンドが発生しているところがありますが、わかりますか?

ここです。

トレンドの巡航速度を確認する

赤い丸をつけたところで巡航速度のトレンドの発生が確認できて、一方赤い四角のところで巡航速度のトレンドが終了しています。

トレンドの勢いを知るのに簡単な方法は、アップトレンドであれば+1σより上で終値が確定しているかどうかです。

確認ができたら、あとは5分足や15分足などでタイミングをとってトレンドの方向へエントリーします。

で、どこまでトレンドを追いかけていいのかというと、終値が1σより内側で確定するまでです。

ただ、トレンドの勢いがなくなったあとも、また1σより外でローソク足が確定すれば、トレンド復活と考えていいです。

例えばこの場面。

トレンドの巡航速度を確認する

このように一回巡航速度のトレンドが終了しても、また戻って来れば、トレンド方向へエントリーを考えます。

ボリンジャーバンドのバンド幅も確認する

トレンドの勢いを確認するためにメインで見るのはいま紹介したローソク足の確定です。

ただ、常に+1σの上でローソク足が確定すれば巡航速度のトレンドと判断していいか、というと少し違います。

例えばこんな場面。

ボリンジャーバンドのバンド幅も確認する

ちょうど赤い丸をつけたところですが、+1σを上回ってローソク足が確定しています。

ただ、すぐに戻ってきてしまっていて、巡航速度のアップトレンド継続とはなりませんでした。

なぜかというと、ボリンジャーバンドのバンドの形状が原因です。

トレンドが発生するときは、基本的にボリンジャーバンドのバンドが外に向かって拡大します。

しかしこの場面は+1σの上で終値が確定しても、ボリンジャーバンドはさほど拡大していません。

よって、相場がレンンジで、+1σを上に抜けたと判断します。

このように、トレンドなのかレンジなのかの判断も大事なので、同時にボリンジャーバンドのバンドの広がりを見て、判断しましょう。

まとめ

ボリンジャーバンドでトレンドの発生、勢いを確認するためにはボリンジャーバンドのどこにローソク足があるのか、またバンド幅が拡大しているかどうかで、判断することができます。

日足や4時間足で相場がほとんど動いていないときは1時間足をみて、トレンドが発生しているか、勢いはどうかを確認して、トレンドが出ていれば十分エントリーするチャンスだと言えます。

短期足だけをみてトレードするのは無謀ですが、日足・4時間足ばかりを見ていても、トレンドがないときは全く動きません。

そこで、相場の状況に応じて見る時間足を変えて柔軟に対応しましょう。

ちなみに、トレンドの勢いを確かめるのに、ADXというテクニカル分析ツールもありますので、こちらも参考にしてみてください。

トレンドの勢いを確かめるADXのシンプルで効果的な使い方

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*