ダウ理論の3種類のトレンドと絶好のエントリーポイントの見つけ方

shutterstock_187977734

『おお、相場が上昇してきたぞ!そろそろ買いエントリーしよう。

あれ?なんで今まであんなに上昇していたのにエントリーして10分も経たないうちに逆行して含み損を抱えているんだろう??

ああ、損切りに引っかかったー。』

こんな経験ありませんか?

わかりやすいように、例えば15分足でこのようなことが起こったとします。15分足で夕方からずっとダウントレンドを形成していたのに、エントリーしたらすぐに逆行、そのまま損切り。。。

これは起こる人には何回も繰り返し起こります。理由はあることを知らないからなんですね。

それが今回お話しするダウ理論の3種類のトレンドの考え方です。

今回の記事を理解することで、エントリー後の逆行はかなりの確率で防ぐことができます

また、それと同時に、チャートの中から常に絶好のエントリーポイントを見つけ出すことができるので、値段が伸びやすいポイントでエントリーすることができるようになります。

どっちのトレンドが強いと思いますか?

あなたは次に見せるチャート画像のうち、どちらのトレンドが強いと思いますか?

あまり考える必要はありません、直感的に答えてしまって構いません。

A
どっちのトレンドが強いと思いますか?

B
2

あなたなりに考えてみてください。

AとB、どちらが強いトレンドか、後で答え合わせをしますので、まずはあなたの答えを出してみてください。

ダウ理論の3種類のトレンドとは?

ここからは今回の話の本題である、ダウ理論の3種類のトレンドについて解説していきます。

ダウ理論では、トレンドを主要トレンド、二次トレンド、小トレンド、と3つに分類しています。

これらを言い換えると、主要トレンドとは大トレンド、二次トレンドは中トレンド、という感じです。

3種類のトレンドを大トレンド、中トレンド、小トレンドとしてしまった方が解釈はしやすいと思います。

一般的には、主要トレンドは1年以上継続しているトレンドのことを言い、二次トレンドは数ヶ月間継続しているトレンド、小トレンドは数週間継続しているトレンドのことを言います。

数ヶ月、数週間と書いたことからわかると思うのですが、ダウ理論では明確にトレンドの期間は決まっていません。

だいたいでいいから大きく3つに分けて考えようね、ということです。

ここではわかりやすいように時間足を決めて考えましょう。

月足、週足で確認できるトレンドは主要トレンド、日足、4時間足で確認できるトレンドは二次トレンド、1時間足、30分足で確認できるトレンドは小トレンド、です。

3つのトレンドをチャートで表すとこのようになります。

主要トレンド(ドル円月足チャート)

ダウ理論の3種類のトレンドとは?

二次トレンド(ドル円日足チャート)

ダウ理論の3種類のトレンドとは?

小トレンド(ドル円1時間足チャート)

ダウ理論の3種類のトレンドとは?

結局ダウ理論の3種類のトレンドで言いたいことは?

結局言いたいことは、トレンドには3つの分類ができて、その中でも二次トレンドに注目してトレードをすると、勝率も高くていい感じだよ、ということです。

もう少し具体的に言うと、日足、4時間足をみてトレンドがどう出ているかを分析して、その上でトレンドの方向に沿って短期足を使ってエントリーしましょうね、と。

つまり、日足と4時間足のトレンドの方向を大事にしてトレードしましょう、ということです。

二次トレンドを2つに分解して絶好のエントリーポイントを探す

先ほどの結論、日足、4時間足でトレンド分析だけでは、どうトレードに生かしたらいいのか迷うところだと思います。

そこでここからはさらに突っ込んで、トレンドを分析した後にどうやって絶好のエントリーポイントを探せばいいのか、を話していきます。

先ほど話した通り二次トレンドというのはこういうトレンドのことを言います。

今回は日足ではなく4時間足を使って説明します。

二次的トレンドを2つに分解して絶好のエントリーポイントを探す

こういうトレンドを2つに分解します。

1

こんな風に上昇と下落に分解してみました。

赤い線が下落で青い線が上昇です。

あなたがこのチャートを見て、どの部分でエントリーしたいか、どこを取りたいか、少し考えてみてください。

私ならここですね。

2

相場は青い線と赤い線を繰り返しているのがわかります。

この赤と青の中で一番美味しいところは、青から赤に変わるところ。

3

丸をつけたところが一番美味しいポイントですね。

なぜなら二次トレンドの分析の段階で、二次トレンドはダウントレンドだとわかっているので、売りでエントリーすることを考えますよね。

二次トレンドのこの部分も取れるんじゃないの?

じゃあこの部分はどうでしょう??

4

ここももちろんエントリー可能です。日足の過去のチャートを見ると、どうしてもどこでも取れるような気になりますよね。

もちろん、エントリータイミングが取れればこういう場面も取ることはできます。

しかし、最初のうちはこういう二次トレンドと逆行する場面でのエントリーは控えた方がいいです。

基本的には二次トレンドがダウントレンドであれば、売りでエントリーできる場面を考え、二次トレンドがアップトレンドであれば買いでエントリーする場面のみを探すのが理想です。

なぜなら売りか買いの目線を切り替えるのは結構難しく、そんなに簡単に相場の動きに合わせて切り替えられないからです。

これをやろうとするとかなり頭が混乱して売っていいのか買っていいのかよくわからなくなり、意味不明な行動をとります。

こうならないためにも、慣れるまではひたすら二次トレンドの方向に沿ったエントリーのみを考えましょう。

二次トレンドがダウントレンドであれば、売りだけしか考えない。二次トレンドがアップトレンドであれば買いエントリーしか考えないのが得策です。

最初の問いの答え合わせ

もしかしたら忘れているかもしれませんが、最初の答え合わせをしましょう。

あまり覚えていないと思いますので、もう一度載せますね。

A
どっちのトレンドが強いと思いますか?

B
2

このどっちのトレンドが強いか。

答えはわかりましたか?

はい、答えはですね。

わからない

です。

なぜわならないのか?

これだけでは15分足の状態しかわからないので、二次トレンドがアップトレンドなのかダウントレンドなのかがわからない。

じゃあ、この場面、4時間足で見るとどんな場面だったのか。

Aの4時間足

A

Bの4時間足

B

Aのチャートは、二次トレンド(4時間足)でダウントレンドを形成している中での15分足の下落です。

一方Bは二次トレンド(4時間足)がアップトレンドの中の下落局面です。

ここまできたら、AとBどっちが強いトレンドかというのはわかりましたよね。

正解はAです。

どうですか?トレンドを3つに分けてその中でも特に二次トレンドに注目することの重要性をわかってもらえましたか?

まとめ

ダウ理論ではトレンドをその継続期間に応じて主要トレンド、二次トレンド、小トレンドと名前をつけました。

その中でも日足、4時間足でのトレンドである二次トレンドがアップトレンドなのかダウントレンドなのかを判断するのが重要だという話をしました。

ちなみにエントリーする15分足で見るとこんな感じ。

まとめ

つまり、ダウントレンドにおいては、15分足(短期足)でアップトレンドを形成している場面が絶好のエントリーポイントだということです。

短期足でアップトレンドからダウントレンドに変わった瞬間が絶好のポイントなのです。

この場面の細かいチャートパターンについては今後記事にしていきますので、今回の内容を理解して、二次トレンドが出ているときはどの辺を狙えばいいのかをチャートから探せるようにしてくださいね。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*