フィボナッチエクスパンションで次の重要な高値を予測する方法

FXでフィボナッチを使う場合、有名なのはフィボナッチリトレースメントとフィボナッチエクスパンションの2つです。

ここでは、フィボナッチエクスパンションに絞って話を進めていきます。

フィボナッチエクスパンションを使うことで、相場の次のターゲットがわかります。

ターゲットがわかると、どこまでポジションを保有していいのかがわかるので、利益を最大化しやすくなります。

また、フィボナッチエクスパンションはリトレースメントとセットで使うことで、その効果を最大限に発揮します。

なぜなら、リトレースメントとエクスパンションは連続して発生することが多いからです。

フィボナッチエクスパンションの使い方から、リトメースメントトの組み合わせ方までをここでは解説していきます。

MT4でフィボナッチエクスパンションを表示させる方法

まずは、MT4にフィボナッチエクスパンションを表示させる方法を解説していきますね。

フィボナッチリエクスパンションは、「挿入」の中の「フィボナッチ」にある「エキスパンション」を選択します。

MT4でフィボナッチエクスパンションを表示させる方法

ここではアップトレンドであることを前提に話しますね(ダウントレンドは全く逆の方法で引けます)。

まず先ほどのエキスパンションをクリックしたら、①安値をクリックしたまま、②高値までマウスを持ってきて放します。

フィボナッチエクスパンションはリトレースメントとは少し表示させ方が違い、3つの点を定める必要があります。

この②までで、2つの点が決まりました。

ここまででチャートはこのようになります。

MT4でフィボナッチエクスパンションを表示させる方法

まだこの時点では2点目までしか決まっておらず、ここから3点目を決めることで、フィボナッチエクスパンションの表示が完了します。

具体的には、3点目になる場所をダブルクリックして、点が出たら、それをずらして、安値に合わせます。

こんな風に。

MT4でフィボナッチエクスパンションを表示させる方法

そうすると、このようになります。

MT4でフィボナッチエクスパンションを表示させる方法

以上がフィボナッチエクスパンションの表示方法です。

フィボナッチエクスパンションの初期設定

次にMT4のフィボナッチエクスパンションの初期設定を簡単に説明します。

必要なラインだけを表示させ、不要なラインは削除します。

まず、ダブルクリックして、点が出ている状態にしてから「右クリック」して「Expansionプロパティー」をクリックします。

フィボナッチエクスパンションの初期設定

プロパティーの中のフィボナッチレベルから、不要なものを削除します。

フィボナッチエクスパンションの初期設定

具体的には、61.8と100以外は使わないので、削除して大丈夫です。

これで初期設定は完了です。

フィボナッチエクスパンションで次の重要な高値を予測できる

ここではフィボナッチエクスパンションのメインの使い方について説明していきます。

フィボナッチエクスパンションは、トレンドが出ている相場で、トレンド方向に動き出したのを確認してから、その動きがどこまで行きそうか、の目安を教えてくれるものです。

例えば、この場面。

相場はアップトレンドです。

フィボナッチエクスパンションで次の重要な高値を予測できる

矢印の方向に動き出したのですが、ここからどこまで相場が伸びそうか、目安をフィボナッチエクスパンションを使って予想します。

この場面でフィボナッチエクスパンションを使うと、このようになります。

フィボナッチエクスパンションで次の重要な高値を予測できる

次の高値の目安はフィボナッチエクスパンションの100のラインです。

ポジションを保有する場合、このラインが一つの目安になります。

この後の相場の動きを見てみると、このようになりました。

フィボナッチエクスパンションで次の重要な高値を予測できる

61.8を超えて、100まで到達しました。

この場面では、61.8はちょうど直近の高値と同じくらいの位置にあるので、特に触れませんでしたが、相場の押し目の深さによって、61.8がちょうど次のターゲットになることもありますので、その時のフィボナッチエクスパンションのラインの状態を見て判断します。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

ここからはフィボナッチエクスパンションをリトレースメントと組み合わせてトレードする方法について話していきます。

話をする前にフィボナッチリトレースメントの基本的な使い方がわからないとダメなので、まだリトレースメントについて勉強していないという場合はこちらにまとめましたので、まずはこちらを見てください。

フィボナッチリトレースメントで押し目をとるトレード手法

では、今回の場面をリトレースメントと組み合わせることでどのようにトレードできるかを見ていきましょう。

まず、相場がこのような状態にあります。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

ここから相場が上昇するのを待ちます。

こんな風に、矢印の方向に動くのを待っているのですが、どこまで下がってから上昇するのかはわかりません。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

そこで、フィボナッチリトレースメントを使って、押し目がどの辺りまで入るかの予測を立てます。

こんな風にフィボナッチリトレースメントを表示させました。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

赤丸をつけた安値と高値を基準にフィボナッチリトレースメントを引きました。

すると、この後の動きは31.8を下に割って、ちょうど50のところで止められています。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

ここから上昇するのか、もしくは61.8まで下落が進むのか、まだ様子を見ます。

ここから少しもみ合って、大きめの陽線が発生しました。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

ここで全戻しすることなく、上昇すれば、ここが反転ポイントだと判断していいでしょう。

ここから全戻しすることなく、きれいに上昇する流れに変わりました。

この辺り方は短期足を見たほうがいいですね。

15分足に切り替えます。

15分足はこのようになっています。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

きれいに移動平均線タッチからの上昇が起こっています。

この時点で相場は上昇方向への流れでほぼ確定です。

50%で反発、再上昇、というシナリオを描いて問題ありません。

ここからのエントリーは移動平均線タッチエントリーです。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

この上昇から移動平均線までの押し目の動き方が横横でとても理想的です。

こういう横にきれいに動くときは、移動平均線をきっかけに反発して上昇することが良くあります。

これは、長期足で押し目で反発して、これから上昇しようとしている、という前提があるからです。

どこでもきれいに押し目が入ればどこでもエントリーしていいわけではありません。

で、今回はこのようになりました。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

この辺りに関しては、エリオット波動の記事などが参考になるかと思います。

エリオット波動を使いこなしたトレンド相場でのトレード手法

で、先ほど4時間足でフィボナッチの50%で反発してそこから上昇しましたよね。

この時点で、フィボナッチエクスパンションを引くことができます。

これが最初に話した、フィボナッチリトレースメントとフィボナッチエクスパンションが同時に連続して起こる、ことです。

ただ、注意して欲しいことは、フィボナッチリトレースメントとエクスパンションが同時に起こるのは、ある前提があるときだけです。

それは、トレンド相場であることです。

トレンドが出ていなければ、アップトレンドであれば高値が更新されていなければ、このロジックは使えません。

なので、アップトレンでもダウントレンドでいいので、トレンドが出ていることをしっかり確認してからリトレースメントとエクスパンションを使ってください。

もし、トレンドってどうやって見極めたらいいの?と思ったなら、トレンドについてはこちらで話しました。

参考にて見てください。

トレンドの発生と終わりを確実にとらえるために見るべき3つのポイント

さて、話を戻してリトレースメントとエクスパンションの連続して起こる場面をチャートで追いかけていきましょう。

まず、先ほどエントリーしたこの場面。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

この時点で4時間足はこのようになっています。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

ここでフィボナッチエクスパンションを引くとなると、このようになります。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

緑のラインがフィボナッチリトレースメントで、青いラインが新しく引いたフィボナッチエクスパンションです。

エクスパンションの引き方ですが、①〜③と書いたところの値段に合わせて引きました。

すぐわかると思うのですが、フィボナッチリトレースメントで使った2つの価格をそのまま使っています。

新しく押し目になったリトレースメントの50%のところの安値を3点目にすればエクスパンションは簡単に引けます。

これで、次の目標をエクスパンションの100%のところにすることができます。

ここでの考え方は、ここからいきなりエクスパンションの100%を目指す、と考えるのではなく、エクスパンションの61.8%を越えたら次のターゲットは100%だと考えます。

なので、この段階でも100%をターゲットにしますが、61.8%を抜けないことにはまだわからない、となります。

この後相場がこのようになりました。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

エクスパンションの61.8%を上に抜き、上にいますね。

こうなったら、100%を目指すと考えて大丈夫で、あとは買いエントリーのタイミングを計ります。

ここからはまた15分足で追いかけていきましょう。

15分足ではこのように動きました。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

ちょうど赤いラインを突破できずに、レンジ相場になっています。

ここから狙い目としては、上昇の流れが出た直後。

具体的には、この高値であるラインを上に抜いたあとの押し目がチャンスです。

で、高値を抜いてきました。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

抜いたあとの押し目を待つのですが、今回は移動平均線タッチにはなりませんでした。

今回は高値だった赤いラインがレジスタンスからサポートに切り替わり、そこが反発のきっかけになりました。

リトレースメントとエクスパンションを組み合わせた実践エントリー

ここしかエントリーチャンスはなかったので、逃してしまうと、エントリーできません。

移動平均線タッチのエントリーや、今回のようなレジスタンスとサポートラインの逆転など、相場が動き出すきっかけになるものをいくつか抑えておけば、エントリーできうる場面が増えていきます。

まとめ

フィボナッチリトレースメントとエクスパンションについて、あれこれ話してきましたが、やっぱり大事なのは相場でトレンドが発生していること。

これを抜きにして考えると、今回の話は全て使い物にならないゴミになってしまいます。

そうならないためにも、トレンドが出ているのか、トレンドが出ていないのかを意識し、理解し、フィボナッチを使いこなしてください。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

プライスアクションレポートプレゼント

fpe_cta



毎日なるべく短い時間で、より大きくトレードで勝つために、必要なことをレポートに

まとめました。


もし短期足を見て、チャートを追いかけているうちに何時間も経ってしまう、

それでいて利益になるどころか損切りばかりが増え、資金は一向に減るばかり。


こんな状態であれば、一度手を止めて、FXで効率的にトレードを行い、資金を増やす方法を考え直す必要があります。


もし、毎日少しの時間だけトレードに使い、しっかりと資金を増やしていきたい、

と思っているのであれば、このレポートにまとめた手法を実践してみてください。


1日20分チャートに向かうだけで、1回のトレードで200pips以上取れる

そんな手法です。


毎日何時間もチャートを見続けるのに疲れたなら、ぜひ長期足を使ったスイングトレードをオススメします。


また、登録したメールアドレスにはF-pedia通信として、今後このような内容を

お届けする予定です。


今の時点でどんな話をしようと思っているか、内容の一部を紹介しますね。



・トレードでいつまでも勝てるようにならないのはなぜか?

(どの手法を使うかという以前に、もっと大事なことがあります)


・テクニカル分析ツールがなくても

勝率の高いポイントでエントリーできるようになる、

たった2つのトレードスキルとは?


・同じ情報を手に入れても、勝てる人と勝てない人がいるのはなぜか?


・トレード手法はなんでもいいが、初心者が陥りやすい、

いつまでも納得いくエントリーができない理由とは?


・ベンツ狂から学ぶトレードスキルを磨くための上手なお金の使い方とは?


トレード手法はトレーダーの数だけあると言われるが、

これはどういう意味か?


勝ちトレーダーの手法をそのまま真似しても勝てるようにならないのはなぜか?


・トレードでメンタルの負担やストレスを少なくするために有効な方法とは?


・エントリータイミングは細かいところはあまり気にしません、

勝ちトレーダーがその代わりに重要視しているものとは?


・FXにおける正しい目標の立て方とは?


・筋トレからヒントを得てトレードスキルを効率的にアップさせる方法とは?


自信を持ってエントリーするために

日々出来るたったひとつのことと大切な考え方


・日々トレードスキルを磨く上で必要となる

成功曲線と"にしがはち"の考え方とは?


黒澤明監督の"生きる"から学ぶトレード上達法とは?


トレード手法取得の難易度とは?…どの手法を選ぶにしても、

いきなり難易度の高い手法を身につけようとしていては

いつまでも勝てるようになりません


・テクニカル分析ツールの正しい使い方とは?…テクニカル分析ツールを明確な理由なく使うのであれば、全く意味がありません


・デイトレードとスイングトレードの本当に違いとは?

(当たり前のことですが、療法にメリット・デメリットがあります)


・ダウ理論やラインがトレードでとても大事な本当の理由とは?


・トレードにおける丸暗記と自頭の良さとは何か?



などなどです。


気になるものがあれば、F-pedia通信に登録しておいてください。


以下に必要事項を記入するだけです。













SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*