ダウ理論トレード手法の勝ちやすいところ勝ちにくいところ

Pocket

今回はダウ理論だけを使ったトレード手法で勝ちやすいところと勝ちにくいところについて話をしていこうと思います。

前回、波形を大きくとらえるか小さくとらえるかという話をしましたが、これは結局のところ「波形を大きく見たらいいのか小さく見たらいいのか判断に迷う」ということだと思います。

この判断に迷うというのは、勝ちやすいポイントを考える上でとても大事なことです。

相場というのは常に正解があって、その正解を探すものだと感じるかもしれません。

正解があるから、判断に迷うのは自分が勉強不足だからだ、と感じてしまうかもしれません。

でも実際にはそんなことはなく、チャートとは常にごちゃごちゃしているもので、簡単に判断ができるときのほうが少ないのです。

実はあなたがチャートを見て判断に迷っているところは、他の人も同じように判断に迷っていることがよくあります

勝っているトレーダーたちは迷うチャートに関しては「よくわからないからトレードしない」という言葉をよく使います。

別の見方をすると、勝ちトレーダーたちは「ほとんどよくわならないチャートから、自分が自信を持ってエントリーできる場面を探し出し、ルール通りにトレードしている」と言えるでしょう。

ということで今回はダウ理論のトレード手法を使って勝ちやすいポイント、勝ちにくいポイントを話していきます。

エントリーして勝ちやすいポイントはきれいなチャート

これはダウ理論を使ったトレード手法に限った話ではなく、FXでどのトレード手法を使っても言えることです。

エントリーして勝ちやすいポイントというのは、チャートがきれいな形をしていることが多いです。

この話は僕も今までに何度も言っていると思いますが、ここではもう少し掘り下げて話していきます。

なぜなら、「きれいなチャートのときは勝ちやすいよ」と言われたとしても、「ああ、そうですか、わかりました!」とはならないからです。

チャートがきれいかどうかは、一人ひとりのトレーダーの経験によるところが多く、人それぞれきれいだと思うチャートは異なることがよくあります。

だから、「きれいなチャートを探しましょう」というだけでは、結局「たくさんのチャートを見てFXの経験を積んで自分なりのきれいなチャートを見つけましょう」となってしまいます。

それではほとんど意味がありません。

で、キレイなチャートというのは、つまりきれいに動くチャートということです。

じゃあ、きれいに動くチャートとはどういうチャートなのか。

ここを考えると見えてきます。

チャートを動かしているのは、お金を動かしている人間です。

そして、きれいにチャートが動くということは、一定以上の人が喜んでか苦しんでかはわかりませんが、同じ方にポジションを動かしている、ということです。

喜んでいる人は「いけいけーもっと上がれ(下がれ)ー!」と思って含み益を抱えながら新規のポジションを追加していきます。

逆に苦しんでいる人は「うわー、これ以上損が大きくのなるのは無理だー!」と思って含み損を確定させるのです。

こうした感情を持った人たちが相場を動かす力であり、きれいにチャートが動くときは、こういう人たちがたくさんいるチャートなのです。

で、きれいに動くときは、多くの人が見ているポイントが同じ、わかりやすいのです。

見ているポイントというのは「ここを超えたら大きく上がりそう」もしくは「ここを抜けたら大きく下がりそう」というものです。

こういう節目になるポイントがわかりやすいチャートは、みんなが同じようなところで待ち構えているので、そこを抜けることで相場がきれいに動いてくれるのです。

逆に、どこが節目になるのかな?と判断に迷うチャートだと、そこを抜けても動き出す人が少ないので、チャートがきれいに一方方向に動きにくいというのがあります。

チャートを見て判断に迷うならエントリーを見送れ

「押し安値はここで見ていいのかな?こっちかな?」
「ここはヒゲで抜けただけだからダウントレンド終了じゃないのかな?」

こんな風にチャートの細かい分析で迷うことがあると思います。

こういう迷いのほとんどは、このF-pediaのサイトである程度FXを勉強していれば解決できることばかりです。

なので、迷いの原因の一つに勉強不足は考えられます。

しかし、それなりに勉強をしても、やっぱり迷うポイントは出てきます。

「ここを1波ととらえれ押し安値にしていいのか?」みたいなのはその時その時のチャートで判断しないといけないので、結構難しいです。

で、こういうある程度勉強した上での迷いは、あって当然なのです。

そして、最初に少し話したとおりで、こうした迷いはあなたもそうだし、同じチャートを見ている他のトレーダーたちも迷っている可能性が高いのです。

トレードスキルが高くなれば、どんなチャートでも明確に分析ができて、どこからでも利益を上げることができる、なんていうのは幻想でありトレードしにくいチャートはよくあり、そこから利益を上げるのはかなり難しいことなのです。

で、今まで話した内容を踏まえると、しっかり勉強した上でまだ迷っていしまうポイントというのは、わかりにくい相場であり、他のトレーダーもどう判断すればいいのかを迷っている可能性が高い。

ということは、みんながバラバラに相場を見ているので、どちらかにきれいに動く可能性は低くなります。

つまり、判断に迷うポイントは勝ちにくいポイントだといえます。

では次にダウ理論を使ったトレード手法では、どういうチャートが勝ちやすくて、どういうチャートが勝ちにくいのかを実際のチャートを使って話していこうと思います。

ダウ理論トレード手法で勝ちやすいところ

ダウ理論を使ったトレード手法でどういうところが勝ちやすいのか。

まず言葉で表現すると、
「押し安値、戻り高値が明確である」
「これらを明確に抜けている」
というのがあります。

先程の内容の復習になりますが、たくさんの人が同意するであろう、明確に判断しやすいところが勝ちやすくて、判断に迷うところは勝ちにくいところだということです。

では、実際に勝ちやすいところはチャートで表すとどういうところか。

こういうところですね。

これはユーロドルの1時間足チャートです。

この場面は、日足で見るとダウントレンドになっていてダウ理論のトレード手法では売りを考えたいところ。

1時間足でアップトレンドが崩壊してダウントレンドが発生するところでエントリーを待ち構える場面です。

このあたりまでは1時間足で上昇しているのがわかると思います。

ここまででどこを押し安値にするか、ここではあえて細かい分析はしません。

大体2つくらいに押し安値の候補は絞られると思います。

ここかここですね。

まだチャートが星の所まで来ていなければ、押し安値をどこで判断するかで迷ってもいいです。

でも、そこから一気に相場が下落しました。

この時点でさっき2つの迷っていた押し安値を一気に突破しました。

こんな風に、ちょっと迷うかもしれないところを一気に抜けてくれるととてもわかりやすいチャートだと言えます。

星の時点でアップトレンドは崩壊です。

これは多くの人が同じ目線でしょう。

そして、ダウ理論を知っていれば、ここからもう一度安値を更新しすればダウントレンドが発生することがわかるので、ダウ理論のトレード手法のルールに基づくとエントリーすることができます。

今回の場面だとここでエントリーできます。

ダウ理論のトレード手法の勝ちやすいところまとめ

今回はダウ理論のトレード手法で勝ちやすいところについて、きれいなチャートというのはどういうことなのかをより深く掘り下げて話をしました。

きれいに動くチャートとは、多くの人が同じ目線でチャートを見ているということであり、そのためには、判断しやすいチャートを作っていることが大前提です。

なので、「こうも考えられるし、こうも考えられるかもしれいない」という場面は判断に迷う人が多く、チャートがあまりきれいに動かない可能性があります。

こういうところはあまりムキになってトレードしないことがベストであり、いいチャートでトレードするようにしましょう。

次回ダウ理論を使ったトレード手法で、絶対に負けてしまう場面について話をしようと思います。

たとえどんなトレード手法を使っていたとしても、無敵だということはなく必ず弱点があります。

次回はそんなダウ理論を使ったトレード手法の弱点について話していきます。

もちろん、僕がそんな話をしなくても、今までの内容をしっかり読み込んでいて、ダウ理論を使ったトレード手法がどんなものなのか、きちんと理解できているなら、こういうところでは勝てないよね、というのが考えればわかります。

ぜひ、次回の記事ができるまでに、ダウ理論の今までの記事を復習して、ダウ理論を使ったトレード手法で絶対に負けてしまう場面はどういうところか、を考えてみてください。

ここがわかると、エントリーして損切りになったとしても、「これは仕方のないトレードだ」とすぐに切り替えることができます。

どういうところで勝ちやすいかを知るのと同じかそれ以上に、どういうところでは負けてしまうのかを知ることはとても重要なことです。

Pocket

高勝率リアルタイム相場分析配信&勝ちトレーダーの頭脳をインストールする読者限定レポートプレゼント

僕の頭の中をお見せします。


僕が日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

トレードで高い勝率を実現するためには、正しい分析が必要です。

では、その正しい分析とは何なのか?

既にサイトで公開をしているシンプルで超強力なトレードルールを基に、チャートを前にどう分析すればいいのか。

正しい相場分析とは一体どういうものなのかをお見せします。

僕の分析を元にトレードして勝ってもらうのはもちろん、最終的にはあなた一人でも僕と同じチャート分析ができるように、そのために必要な知識、考え方をレポートやメールマガジンで詳しくお伝えしていきます。


『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
『思うようにトレードで勝てない・・・』
『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』


こんなふうに思っている人には、目からウロコな話ばかりなのでオススメです。

具体的に得られるものの一部を紹介します。


▼登録すると得られるもの▼

・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
・秘密のメールマガジン



メールに登録してくれた人限定で、これらをテーマにしたレポートを作り出来上がり次第プレゼントしようと思っています。

あ、一つ補足ですが、もちろん登録したら何かをしつこく販売したりはしませんし、いつでも解除できますのでご安心ください。

メールではなかなかサイトには書けない僕のプライベートな話もしていますので、そちらもお楽しみに。











SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*