エントリーの強力な決め手となる、はらみ足つつみ足コンビ

15分足などの短期足でエントリーを考えるとき、チャートパターンが出ないことにはエントリーの決断ができません。

そして、狙った場面で常にチャートパターンが出とも限りません。

そこで、よりエントリーチャンスを増やし、利益を上げることを考えると、重要なのは、エントリーしていいチャートパターンの種類を増やしていくことです。

以前基本となるエントリーしていいチャートパターンを説明しましたが、今回話すはらみ足とつつみ足のコンビは、とても強力で相場が大きく動く場面です。

しっかりものにして、トレードできるようにしましょう。

なんのチャートパターンが出なくてもエントリーしていいくらい強力なはらみ足とつつみ足のコンビ

はらみ足とつつみ足についてはそれぞれ個々の記事で説明しました。

もし、はらみ足とつつみ足ってそもそも何?と思ったなら、まずは個別の記事を読んでみてください。

はらみ足(インサイドデイ)で勝率を高めるエントリー方法
つつみ足(アウトサイドデイ)発生で高勝率エントリー場面解説

ここでは、はらみ足とつつみ足のコンビネーションについて話していきます。

相場のトレンドを把握して、エントリーを考えるとき、狙ったポイントまで相場が来たら、15分足など短期足をみながら、エントリー根拠となるチャートパターンが出るのを待ちます。

エントリーの決め手となる短期足3大チャートパターン

ただ、ここに問題があります。

狙った場面でまで相場が来ても、最終的にエントリーするかどうかの判断をする、チャートパターンが発生しないことがよくあることです。

どんなにいい場面だったとしても、そこでエントリーしていいと判断するチャートパターンが出ないと、エントリーせずに見送ることになります。

そこで、ここでは以前紹介したエントリー根拠となるチャートパターンが出なくても、それ以外に何かエントリーの決め手になるものを紹介します。

結論を先に言うと、はらみ足とつつみ足のコンビネーションがそれにあたります。

つまり、今回紹介するコンビネーションがが狙っている場面付近で発生した場合、エントリーの最終決断をするためのチャートパターンが出なくても、エントリーしていいのです。

これから紹介することは、それくらい強力なので、しっかり理解して、実際のチャートでみつけられるようにしましょう。

そもそもなぜはらみ足とつつみ足のコンビが強力なのか?

具体的な場面で説明する前に、なぜこれから紹介するコンビネーションが強力なのかを話します。

時間軸に沿って話しますね。

まず最初にはらみ足が出現します。

はらみ足が出現するということは、短期足でチャートを見ると、ある一定のレンジの中で非常に小さな動きをしていることになります。

レンジ相場は、エネルギーを貯めていることを意味していて、いずれはどちらかの方向にブレイクアウトします。

ただ、ブレイクアウトがいつ起こるのか、どちらの方向にブレイクするのかは誰にもわかりません。

次につつみ足に入るのですが、ここからレンジ相場が一旦どちらか片方にブレイクアウトします。

例えば、日足がダウントレンドの場合、一旦上にブレイクアウトします。

上にブレイクアウトした後はそのまま上昇するのではなく、すぐ戻ってきます。

そして、反対方向に再度ブレイクアウトします。

ここでつつみ足が完成するとともに、はらみ足とつつみ足のコンビネーションも完成します。

重要なのは、一旦ブレイクアウトするも、すぐ戻ってきて反対へまたブレイクアウトが起こることです。

一度ブレイクすることで、市場の多くの人がそのブレイクアウトに飛び乗ります。

みんな買いに行くんですね。

もちろん、そのまま相場が上昇を続け戻ってこないこともあります。

しかし、もし戻ってきた場合、先ほど買ってた人たちはどうなるでしょうか?

彼らはみんな損を抱え、ほとんどの人は損を確定させるでしょう。

ということは、市場には売り注文がいっきに入ることになります。

パニックですね。

このようにパニックが起こる場面は相場がかなり大きく動きます。

その動きに巻き込まれるのではなく、逆にその流れに乗るのです。

はらみ足とつつみ足が発生する場面がどれだけ強力かがわかれば、後はチャートでこのポイントを探し出し、エントリーするだけです。

つつみ足の記事でも話した通り、つつみ足はその出現を確認するのがはらみ足に比べて難しいので、少し慣れが必要です。

そこで、ここからは実際のチャートを使って話していきます。

はらみ足とつつみ足のコンビネーション実践

使うチャートはポンド円の日足チャートです。

はらみ足とつつみ足のコンビネーション実践

今チャートの一番右にいるとします。

この時点で何か気がつくことはありませんか。

まず、トレンドの方向は少しわかりにくいですね。

この時点では緑のラインを下に抜けたらダウントレンド確定で、上昇は難しいだろうなという場面です。

なので、ここから上昇するようであればエントリーしていきます。

もう一つ、ローソク足を見るとわかることは、すでにこの時点ではらみ足が完成していること。

はらみ足はローソク足が確定するまでわからないので、次の日に前日のローソク足がはらみ足だったかどうかを確認します。

ここからは15分足で見ていきましょう。

今回ははらみ足とつつみ足のコンビネーション場面なので、わかりやすいように、はらみ足のローソク足の高値と安値にラインを引いておきます。

黄色いラインがそれぞれ高値と安値です。

はらみ足とつつみ足のコンビネーション実践

これが2月2日が終わった時点の15分足チャートです。

もう一度繰り返しますが、ここからの狙いは、上昇するのであればエントリーを考え、下落するのであればエントリーは見送る、となります。

これが基本戦略です。

ここから相場はこのように動きました。

はらみ足とつつみ足のコンビネーション実践

前日の安値である黄色いラインを下に抜けました。

そして、このまま緑のラインも抜けていくようであれば、エントリー見送り、となります。

この後このように動きました。

はらみ足とつつみ足のコンビネーション実践

下に行くと見せかけて、そのまま一気に前日高値である黄色いラインも抜けてきました。

上の黄色いラインを抜けた瞬間に、つつみ足が完成します。

そして、それと同時に、はらみ足とつつみ足のコンビネーションも完成しました。

このように、上昇を狙っている場面では、前日安値を一旦下に割って、そこから急上昇して前日高値を超える場面、こういうところはかなり勢いがあります。

最初に説明した通り、一旦下にブレイクしたことで、売りに行った人たちがいます。

しまし、そのまま下落することなく、上昇したので、みんな慌てて売りのポジションを閉じに行きます。

そして一気に上昇するのです。

前日高値を超えた時点で上昇の勢いが強いことが確認できたので、ここまできたら後はエントリータイミングをとり、エントリーするだけです。

本来ならチャートパターンを確認してからエントリーするのが基本ですが、このはらみ足とつつみ足のコンビが発生すれば、チャートパターンが発生したと同じ意味で捉えてオッケーです。

エントリーポイントは以下に示しました。

はらみ足とつつみ足のコンビネーション実践

矢印を付けたところどこでも入れますね。

エントリータイミングについては、こちらの記事で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

これでもう迷わない!勝率の高いエントリータイミングの取り方
エリオット波動を使った逆指値3ステップエントリー手法

まとめ

はらみ足、つつみ足はそれぞれが単発で出てくるだけでも十分強力なエントリー根拠になります。

しかし、これらが組み合わさったときは、単体での出現よりも信頼出来るシグナルとなります。

二つが組み合わさって発生することはなかなかありませんが、たまに発生するのを見逃さないようにしましょう。

人気ブログランキング始めました。

この記事を読んで「なるほどな」と思ったら応援クリックお願いします。


為替・FX ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*