FXで月5~10万円のお小遣いを稼ぐためにはいくらの資金が必要?

Pocket

もしFXでお小遣い稼ごうと思ったら、実際にどのくらいの資金があればいいのか、先に結論を言ってしまうと、100万円あれば大丈夫です。

お小遣いの額にもよりますが、5万円を稼ぐなら、100万円あれば十分

月利で計算すると、100万円の5%ですね。

つまり、100万円の資金を使って、月利5%を出すためにどんなことをすればいいのかを考えます。

ここでは、具体的にどんなトレードをするのか、エントリーに関する詳しい話はしません。

その代わり、どんなことに気をつけてトレードすればこの数字を達成できるか、また達成するのがどのくらい簡単なのか、難しいのか、について話していきます。

なぜこんなことを話していくのかというと、100万円の資金で月利5%を出すと決めても、それだけでは、何も決まっていないようなものだからです。

実際にトレードするとなったら、最低でももう少し考えることがあります。

その最低限ここは考えなきゃきけないよね、の部分を話していきます。

FXでお小遣いを稼ぐことがどんなことなのか、なんとなくでもつかめてもらえると嬉しいです。

続きを読む

Pocket

FXで勝ちたいなら勝率じゃなくてリスクリワードを高くしろ

Pocket

ふと目をさますと、目の前に大きな泉が広がっています。

寝ぼけながら目をこすっていると、泉の中から妖精があらわれました。

「あなたはこの勝率80%の手法と勝率30%の手法どっちがほしいですか?」

妖精はいきなりこんなことを聞いてきました。

ちょうどFXをはじめ、勝率の高い手法を探していたので、妖精がなんで目の前にいるのかを考えることなくこう答えました。

「そりゃ、勝率80%の手法がいいに決まってるでしょ!」

妖精はその言葉を聞くと「勝率80%」と書いていあるUSBメモリを手渡しました。

すると妖精は泉の中に帰って行きました。

家に帰ってUSBマニュアルの中身を見てみると、そこには1つのPDFファイルが入っていて、手法が事細かに載っていました。

さて、この手法を手にしてトレード結果はどうなったでしょうか。

続きを読む

Pocket

勝率の高いトレード手法だけじゃ絶対勝てない3つの理由

Pocket

FXで勝つために勝率の高い手法が必要だと思っていますか?

もちろん勝率が低いよりは高いほうがいいですね。

しかし、勝率ばかりを追いかけて結果的に資金を失って退場してしまう人が後を絶ちません。

そこで、勝率の高いトレード手法を追いかける前に今のあなたにできることはなんなのかを話していきます。

勝率の高い手法を探すのは、もっと後で大丈夫です。

それより先にするべきことがあるので、実際にどういうことをしたらいいのかを見ていきましょう。

続きを読む

Pocket

トレーダーを破産・破滅に追い込む3つの心理的ワナとは?

Pocket

トレーダーにとって最も避けなければいけないのは、破産すること。

資金がそこを着いたら退場なので、そうならないために、資金をいかに減らさないようにするかを考える必要があります。

これ、実際には頭でわかっていても、いざその場面になると、制御がきかずに気づいたときには退場、ということが良くあります。

イメージとしては、口座残高が徐々に減っていってなくなる、というよりは、1回の大きな損切りをして、それまで積み上げた利益を一気に飛ばしちゃう感じです。

そこで、破産するとき、人間はどのような心理状態になるのか、そしてそれを避けるためにどんな行動を自然と取るのかを説明していきます。

今回説明する心理的なワナを知らずにトレードすると、気づかないうちにまんまとワナにはまって一発退場となる可能性があるので、注意が必要です。

続きを読む

Pocket

FXの高額塾に入る前に必ず知っておいて欲しい3つのこと

Pocket

もしあなたがこれからトレードを勉強するにあたって、先生となる人を探しているなら、今回話すポイントをチェックしてみてください。

FXの塾というと、20万円〜30万円はします。

一方でトレードを教える人に何かの資格は必要ありません。

FXの塾はコンサルタントのようなもので、名乗ればだれでもなれます。

そんな中、本物の先生を見つけて、お金を無駄にしないように、トレードの先生は慎重に選びましょう。

プロのトレーダーはみんな忙しい

最初にあなたが入ろうとしているFXの高額塾の先生ですが、はっきり言って忙しい人ばかりです。

専業トレーダーとしてトレードをしている人で毎日暇にしている人はほとんどいません。

これは私が今までに会ってきたトレード仲間、トレードを実際に教えている先生をみてきたから断言できます。

とにかく、トレードで飯を食っている人は毎日忙しい

朝から晩までトレードしているなんて大変だな、と思ったかもしれません。

しかし、実際にはそうじゃないんですね。

プロのトレーダーはまず1日中チャートに向かってだらだらトレードすることはありません。

だいたいトレードに割く時間は人それぞれ多少誤差はありますが、1日4〜6時間くらいです。

他の時間は何をしているかというと、みんな思い思いに好きなことをしているのです。

読書が好きな人は本をたくさん読んでいますし、子供ができて、家族と過ごす時間を大切にしているなら、家族と時間を過ごします。

趣味でスポーツをしているのであれば、それにも全力で取り組みます。

もしかしたらあなたがイメージしているトレーダーとは少し違ったかもしれませんが、実際に専業でトレードをしている人はとても忙しいのです。

高額塾を開催しなくても十分食っていける

そしてもう一つ大事なことなのですが、プロのトレーダーはトレードをして生活しているんであって、トレードで十分稼げるから、高額塾を開催してお金を稼ぐ必要がないんですね。

じゃあこういう人が仮にトレードを周りの人の教えようと思ったらどういうことをするか。

すごく安い講座を開催します。

だって、お金に困ってるわけじゃないんだから、多くのお金を取ったりしません。

その代わり、講座の内容がありえないくらい充実しています。

この講座の内容がありえないくらい充実している、というのは本物のトレーダーを見分ける一つのポイントになります。

私のトレード仲間は、トレードを教え始めた時、ありえない講座を開いていました。

確か、金額は2万円くらいだったのですが、その内容がすごい。

週に数回動画でコンテンツが届くのです。

それも毎週で、期間は半年くらい。

かかる費用は最初に払った2万円だけで追加の費用は一切必要ない。

その人はその後30万円くらいで実際にあっていろいろ教える高額塾を開きましたが、それは大盛況だったと聞きます。

高額塾を開催する人はすごい人しかいない

高額塾を開催している人はすごい人しかいないのですが、このすごいというのは2つの意味があります。

1つ目の意味は、今紹介したように、トレードの実力がある、本物のトレーダー。

しかし、一方で高額塾を開いている人の中には、ほとんど実績がなかったり、過去の実績を持ち出して、今の実績を出さずに教えているすごい人もいます。

基本的にトレードを教えている人は、実力のある本物のトレーダーであることがほとんどですが、そうじゃない人に当たると、大変なことになります。

塾生には必ず結果の出る人とでない人がいる

どの塾に入っても必ず一定数結果を出す人と一定数結果の出ない人がいます。

ここで勘違いしないで欲しいのですが、結果が出ない人は、その才能がないとか、努力が足りないとか、そういうことではないということです。

なぜ結果が出ないのか、一つの理由には本人が諦めてしまうというのがあるでしょう。

それは論外として、頑張っているけど結果が出ない人、こういう人が一定数出てきます。

もしあなたがこれから塾に入るなら、最悪このようなことが起こるのも覚悟しておく必要があります。

しかし、ほとんどの場合結果が出ない人は、まだ結果がでる時期じゃないだけです。

つまり、もしかしたら塾の期間が終わった半年後に結果が出るかもしれない。もしかしたらそれは1年後かもしれない。

一つ言えるのは、諦めずにチャレンジし続ければ、時間はかかっても結果はついてきます

だから、結果が出ないことを何かのせいにするのではなく、これにかけてやろう、というくらいの意気込みを持って塾に入ってくださいね。

最強集団タートルずにも落ちこぼれはいた

有名なトレード集団タートルずにも落ちこぼれは存在しました。

みんな教えてもらったことは同じにもかかわらず、いい結果を出している人にだけ、何か特別なことを教えているに違いない、という噂もあったといいます。

事実そんなことは何もなく、ただ、教えてもらった通りにトレードをしている結果にもかかわらず。

このように、どんなに優れたトレーダーに教えてもらっても、あなたが結果を出し、勝ちトレーダーになるのがいつかはわかりません

教えてもらって1ヶ月で結果を出すかもしれませんし、1年かかるかもしれません。

この塾にしようと決めたなら、先生のいうことを心から信じ、一生懸命にトレードをしましょう。

Pocket

FX初心者は10万円の資金だと少なすぎる??

Pocket

これからFXを始めようと思った時に、はじめに資金をどのくらい用意する必要があるのか。

もし準備する資金量によって勝てるか勝てないかが決まるなら、これはとても重要なことです。

もし、あなたが投資に関して勉強してきたなら、資金は多いほうがいい、となんとなく思ってるかもしれません。

今回は初心者がFXを始めるにあたって、どのくらいの資金があればいいかを話していきます。

続きを読む

Pocket

これから聖杯探しの旅に出るあなたに知って欲しい2つのこと

Pocket

聖杯探しの旅、というと、なんだか何を見つけたらいいのか、それをどうやって見つけたらいいのか、何かつかみどころのないものをつかむような、そんな気がします。

トレードの世界において聖杯なんて存在しないよ、というのは簡単です。

しかし、聖杯が存在しないというなら、どうやったらトレードで勝てるようになるのかを示さなければ無責任ですよね。

ここでは、聖杯探しを否定しつつ、じゃあ実際にどういうことをしていけば勝てるトレーダーに近づけるのかを話していこうと思います。

もしこの記事の中で聖杯という「もの」が存在しいて、それを教えてもらえると思っているなら、期待に添うことはできないので、他の人をあたってください。

その代わり、あなたが勝てるトレーダーになるために、何が大切なのか、目の前の誘惑に惑わされない指針のようなものを話していきます。

続きを読む

Pocket

今日の損切りから学べ!次に活かすならこの3つと向き合うべき

Pocket

トレードに損切り必ずついて回ります。

特にトレードを始めたばかりの頃は、損切りしたくないけど、損切りしてしまう。

なるべく損切りをなくそうとするんだけど、それが裏目に出て損が大きくなってしまう。

今日の損切りから学ぶ、損切りを無駄にしないためにどんなことをすればいいのか、損切りを活かす方法を具体的に紹介します

損切りは大事と言われても、それは損切りからきちんと学べて次のトレードに行かせている人にいえることであって、損切りの活かし方がわからないと損切りはお金を失う痛いものでしかありません。

損切りしたときに向き合うべき3つのポイントをこれから紹介していきます。

これからは一つの損切りも無駄にしないように、気合い入れていきましょう。

続きを読む

Pocket

損切りをなくすのではなくコントロールするたった2つの方法

Pocket

損切り、という言葉を聞くと、反射的にいけないものだ、と思いませんか?

もしこのように感じたなら、トレーダーとして長く勝ち続けるのは難しいです。

というのも、勝っているトレーダーは損切りをなくすことではなく、損切りをコントロールすることに重点を置いているからです。

トレーダーとして勝ち続けるために、損切りをコントロールすればいいんですよ、と言われてもあまりピンとこないと思います。

なので、今回はなぜ損切りをコントロールしなければいけないのか、そしてコントロールするためにはどんな方法があるのかを話していきます。

損切りのコントロールが上手になると、トレード自体がかなりスムーズに行えるようになります。

変な緊張感や、無駄なトレードも減る、そんな方法を是非身につけてください。

続きを読む

Pocket

自分にあったトレードスタイルを見つけるための3ステップ

Pocket

トレードを始めるためにMT4をダウンロードして、いざ始めようと思っても、いきなりエントリーはできませんよね。

もちろんネットで口座を解説してお金を振り込めばトレード自体はできますが、それじゃ継続して勝てるようにはなりません。

トレードを始めた初期の段階で悩む問題の一つが、自分にあったトレードスタイルはなんなのか、です。

今回は、どんなトレードスタイルがあるのか、また、自分にぴったりなトレードスタイルを見つけるために、どのスタイルからトレードするのがオススメか、3つのステップに分けて話していきます。

目標はテクニカル分析の力をつけること

これから、どのトレードスタイルがあなたに合っているのかを探すにあたって、最も重要なことがあります。

それは、何を目的にして、トレードスタイルを決めようとしているのか、です。

トレードには、自動売買ツールを使って、勝ち続けられるようにすることもできますし、サインツールでそのままエントリーして勝つ、という方法もあります。

今回ここで目的にしているのは、これらではなく、あくまでも裁量トレード、つまり、テクニカルツールを使って、相場を分析し自分でエントリーするかしないかの判断をする、そんな力を高めることです。

テクニカル分析の力を高めるためにどんなステップで勉強していけばいいのかを紹介していきます。

ステップ1:1番最初にオススメなのかスイングトレード

まずテクニカル分析力を高めようと思った時に最初にオススメなのは、スイングトレードです。

厳密に言うと、スイングトレードをする、というよりも、日足や4時間足といった長期足と呼ばれる時間足を使って相場分析をするのがいい、ということです。

何事もシンプルに考えるのが一番であって、チャートは細かく見ようと思えば、どこまでも細かく見え、チャートを見れば見るほど何が何だかわからなくなる、というのはよくあります。

このように混乱する原因は、いっぺんにたくさんのことを詰め込もうとするから、です。

最初にスイングトレードではなく、スキャルピングやデイトレから始めると、勉強することがたくさんあり、また長期と短期を組み合わせてチャートを見る力が必要になるので、頭の中がかなり混乱します。

こうならないためにも、いきなり複数の見方をするのではなく、まずはスイングトレードのトレードスタイルに従って、日足・4時間足での相場分析の仕方をつかんで下さい。

具体的にまずどんなことを勉強して何ができるようになればいいのか、といったらこの辺りですね。

ダウ理論についての理解と、トレンドの認識です。

トレンドが出ているのかどうかを、まずはわかるようになりましょう。

トレンドの発生と終わりを確実にとらえるために見るべき3つのポイント

で、もしこの段階でスイングトレードがすっきりハマったら、トレードスタイルとしてはスイングトレードを続けていくことをオススメします。

スイングトレード、デイトレード、スキャルピングにはそれぞれメリットデメリットがありますので、どれが一番よくで、どれが一番いいというのはありません。

野球に例えるなら、先発と中継ぎと抑え、のようなものですね。

それぞれに役割があり、どれがよくて悪い、と言うのはありません。

しかし、野球の世界で先発が華のように、トレードの世界でも華はありますが、大事なのは、あなたにあったトレードスタイルで生き残ることなので、きにする必要はありません。

ステップ2:デイトレードを試してみる

ステップ2では、デイトレードに挑戦します。

現在のトレーダーを見ていると、その大部分はこのデイトレーダーに分類されます。

もちろんスキャルピングやスイングで買っている人の話も聞きますが、やっぱり最も多いのはデイトレーダーだな、という印象があります。

スイングトレードで相場をシンプルに見れるようになったら、次にデイトレードをしてみましょう。

といっても、基本的な考え方はスイングトレードの時に勉強したものの応用です。

スイングトレードでは、トレンドの判断の仕方をメインに学びますがデイトレードでは、この考え方にプラスして、どのタイミングでエントリーするかをより細かく見ていきます。

スイングトレードでは、エントリーがアバウトな部分が多いのですが、それをデイトレードではより緻密にしていく、といった感じです。

ここでは、長期足のトレンドと短期足のタイミングを取る力が必要になります。

参考になる記事はこちらにまとめてあります。

勝率の高いたった2つのエントリーポイントを見つける方法

もっとも時間がかかるのはこのデイトレードのスキルであることは間違い無いのですが、デイトレードで勝てるようになると、それから先、とても大きな強みになります。

ステップ3:最後にスキャルピングをやってみる

最後の最後にスキャルピングですね。

スキャルピングは、そもそもかなり高度な技術が必要になります。

エントリーして30秒くらいでエグジットして利益になるのであれば、なんか簡単そう、と思うかもしれませんね。

しかし、とんでもない。スキャルピングが一番難易度が高いです。

その理由は、スキャルピングはタイミングが命だからです。

相場状況をある程度は加味しますが、スキャルピングのトレード結果を左右するのはほとんどの場合、タイミングであり、それこそ1秒がものを言うのです。

1秒遅れただけで損切りになることもあれば、1秒遅れたからそれが功を奏して、勝ちトレードになる、そんなこともあります。

そして、よりスキャルピングが難しいのは、このタイミングを計るトレードを再現性を高く保つのが難しいからです。

スイングトレードやデイトレードの場合、長期足を加味することで、どういう時にエントリーするのか、もしくはどういう時にエントリーしないのかをきちんと絞ることができます。

しかし、これがスキャルピングになると、これがかなり難しくなります。

あるトレーダーが、スイングトレードは相場次第で勝てるけど、スキャルピングは自分次第で勝ち負けが決まる、と言っていました。

これは本当にそうだな、と思う言葉なのですが、スキャルピングは勝ちも負けもトレーダー次第なのです。

だから、何の責任にもできないし、スキャルピングでの損失は全てあなたの責任なのです。

しかし、デイトレードやスイングトレードの場合、仮に損切りになったとしても、それは相場の動きに逆らったからだったり、あなたの力ではどうしようもないことが沢山あります。

このように、スキャルピングはより高度なトレードの技術が必要になるので、スキャルピングをメインにするのではなく、スイングトレードやデイトレードをメインにして、スキャルピングも少しする、という感じにバランスを取るのが理想です。

Pocket