フィボナッチリトレースメントで徹底的にトレンドを取る方法

テクニカル分析の一つであるフィボナッチリトレースメント、フィボナッチエクスパンションはトレンドの方向をしっかりつかんでいれば、トレンドをかなり高い確率で捉えることができます。

ここでは、フィボナッチの基本的な説明ではなく、少し応用編です。

フィボナッチリトレースメントを複数組み合わせて、一つのトレンドを上昇も下落も両方とも狙いに行くトレード手法になります。

フィボナッチを単体で使うときに比べると、多少難易度は上がりますが、その分トレードチャンスが増え、取れる利益も大きくなります。

また、今回のトレード手法を知ることで、今までとは違った相場の見方ができるようになりますよ。

具体的には後で話していきますが、トレンドを上昇と調整でしっかりと先を予測して相場見れるようになる力がつきます。

続きを読む

フィボナッチエクスパンションで次の重要な高値を予測する方法

FXでフィボナッチを使う場合、有名なのはフィボナッチリトレースメントとフィボナッチエクスパンションの2つです。

ここでは、フィボナッチエクスパンションに絞って話を進めていきます。

フィボナッチエクスパンションを使うことで、相場の次のターゲットがわかります。

ターゲットがわかると、どこまでポジションを保有していいのかがわかるので、利益を最大化しやすくなります。

また、フィボナッチエクスパンションはリトレースメントとセットで使うことで、その効果を最大限に発揮します。

なぜなら、リトレースメントとエクスパンションは連続して発生することが多いからです。

フィボナッチエクスパンションの使い方から、リトメースメントトの組み合わせ方までをここでは解説していきます。

続きを読む

フィボナッチリトレースメントで押し目をとるトレード手法

テクニカル分析の一つであるフィボナッチリトレースメント、フィボナッチ、という名前から、少し難しいイメージがあるかもしれません。

しかし、使い方はとても簡単です。

フィボナッチリトレースメントは見方もとてもシンプルです。

長期足で上昇トレンドが出ているが、短期足では下落トレンドが出ている。

こんな時は、短期足が上昇トレンドに切り替わるタイミングを見計らってエントリーするのがいいエントリー方法です。

この短期足のトレンドが下落から上昇へどのタイミングで切り替わるのか、切り替わるタイミングを事前に予測できるのがこれから紹介するフィボナッチリトレースメントです。

基本的な使い方から実際のエントリーまでチャートを使って紹介していきます。

続きを読む

絶対エントリーしちゃいけない移動平均線とローソク足の特徴

これは移動平均線に限った話ではありませんが、常に何かしらのトレードロジックを勉強して、エントリーしようとするとき、リアルタイムのチャートを見ていると、どのチャートも常にロジック通りに動くものだと勘違いをしてしまいます。

本当はエントリーしちゃいけないのに、チャートを見る時、どれも自分の都合のいいようにしか解釈できないんですね。

こうなると、せっかくのトレードロジックも台無しになってしまいます。

そこで、今回は移動平均線を使ったトレードロジックで気をつけるべきポイント、こうなったらエントリーは絶対に避けたほうがいい、そんな場面を実際のチャートを使って紹介していきます。

ここがわかるようになると、圧倒的にトレードの勝率が上がり、無駄なエントリーがなくなります。

そのためにも、移動平均線とローソク足の特徴をつかみましょう。

続きを読む

長期足レンジブレイクアウト後の勝率の高いエントリー手法

日足や4時間足などの長期足の重要なレジスタンス・サポートラインを突破した後のエントリー手法を紹介します。

長期足でブレイクアウトが発生するのを初期に見つけられれば、エントリーチャンスは複数回発生します。

何度か追いかけてエントリーしても、ブレイクアウト後は相場の勢いがあるので、利益になりやすいです。

ここでは、長期足のレンジブレイクアウト場面をある1つのテクニカル分析ツールを使って、実際のエントリーまでみていきましょう。

続きを読む

移動平均線タッチエントリーでトレンド転換を取るトレード手法

今回は移動平均線と短期足を使ったエントリー方法を紹介します。

普段は日足・4時間足をメインに、移動平均線を補助的に使いますが、今回は移動平均線と、あるテクニカル分析ツールを組み合わせてトレンド転換場面を取りに行きます。

長期足を重視しない分、いくつか制約がありますが、逆に言うと狙う場面が絞られる分、安心してトレードできるかもしれませんね。

続きを読む

ボリンジャーバンドでトレンド転換をとる4ステップエントリー

ボリンジャーバンドの特徴を使い、トレンド転換場面の初動を取りに行くエントリー方法を解説していきます。

トレンド転換場面が取れるということは、トレンドの初動をとらえることと同じです。

大きく利益を取り、なおかつストレスがほとんどない状態でエントリーするためにどういうところに気をつけたらいいのかも話していきます。

エントリーから短時間で大きく利益の乗るポイントをチャートを使って説明していきます。

また、細かい注意点についても最後に補足として話しますので、最初に全体を理解して、補足でより理解を深めてください。

続きを読む

ボリンジャーバンドでレンジ相場をとる3ステップエントリー

ボリンジャーバンドは、レンジ相場ととても相性のいいテクニカル分析ツールです。

ただ、だからと言ってどんなレンジ相場でもいいわけではありません。

ボリンジャーバンドを使えばレンジ相場を上から下まで取ることも可能です。

今回はボリンジャーバンドを使って、レンジ相場でエントリーするときの3ステップを紹介していきます。

また、損切りをどこに置いたらいいのか、レンジで売りと買い両方していいのか、という話もしていくので、ボリンジャーバンドを使ってレンジ相場でトレードをしたいという場合、今日から使える内容となっています。

続きを読む

ボリンジャーバンドでエクスパンション場面のトレード手法

ボリンジャーバンドがエクスパンションしたする場面は、相場が大きく動き出したばかりの頃です。

つまり、そこを起点に大きく相場が動く可能性があります。

そんな場面でどのようにエントリーしたらいいのか、エントリーで気をつけなければいけないポイントなどを解説していきます。

大きく利益が取れる分、タイミングを間違えると、大きく損切りになる場面でもあります。

そこで、ボリンジャーバンドのエクスパンション場面で勝率を高く、さらに大きく利益を取る上で気をつけなければいけないことを話していきます。

続きを読む

ボリンジャーバンドで根っこから取れるスクイーズ局面攻略法

ボリンジャーバンドには様々な形状があります。

エントリーすると、勝率が高い場面があれば、勝率が低い場面もあります。

たくさんの使い方があるボリンジャーバンドの中で、スクイーズ局面に絞って今回は話していきます。

最初に言っておくと、基本的にスクイーズ状態ではエントリーは考えません。

普通勝率が低いと言われるからです。

勝率が低い理由は後でも触れますが、簡単に言うとエントリーした後、どっちに動くかわからないからです。

しかし、こういう場面でも、勝率が高くなる条件がそろえばエントリーしてもいいのです。

今回は、エントリーしてはいけない場面を紹介しつつ、勝率を高めることができるとしたら、どういうときかも話していきます。

続きを読む