レンジブレイクアウトを事前に予測するときの2つのポイント

日足・4時間足で相場がレンジの場合、どちらにブレイクするかわかることなら事前に知りたいですよね。

ブレイクする前にどちらの方向に動きそうかを予測できて、その方向にブレイクしていけば、安心してトレードすることができます。

そこで今回は、レンジ相場でどちらにブレイクアウトしそうか、事前に予測するときに見るべき2つのポイントを紹介していきます。

ただ、この方法を使えばどっちにブレイクアウトするかが絶対わかる、というものではないので、そこは注意が必要です。

続きを読む

セリングクライマックス後の2つの高勝率トレード戦略

セリングクライマックスとは、簡単に言うと売りの最終局面です。

ダウントレンドの中で、最後の大きな売りが起こる場面。

そのためセリングクライマックスは普通大きな陰線が出たのを見てその発生を確認します。

ここで、問題が出てくるのですが、セリングクライマックスがわかったところで、それ自体には意味はありません。

セリングクライマックスをどうトレード戦略に生かすことができるか?

ここが重要なところです。

セリングクライマックスを知っていたとしても、それを使って勝率の高いエントリーポイントを探し、エントリーできないと意味がありません。

そこで、今回はセリングクライマックスが起こると、相場はその後どのように動くのか特徴を説明しつつ、その中で有効なトレード戦略を紹介していきます。

続きを読む

トレンド終了かトレンド継続かを見極めるための3つのポイント

日足・4時間足でトレンドが発生している時、このままトレンドが継続するのか、それともレンジになって方向性がなくなるのか、それともトレンドが転換するのか、これらを予測するのはとても大切なことです。

ただ、相場がどのように動くかを完璧に予測することは誰にもできません。

完璧に予測することはできないのですが、トレンドが終了してレンジに移行するときの特徴はあります。

そこで、今回はチャートがどのような動きをしたらトレンドが終了しそうなのか、実際のチャートを使って説明していこうと思います。

これから話す3つの条件がそろったら、相場はトレンドが終了してレンジに移行する可能性が高くなります。

続きを読む

RSIのダイバージェンスでトレンド転換を根こそぎとる方法

オシレーター系の分析ツールではとても有名なRSI。

表示させるのはとても簡単なのですが、見方がわからないと、ただ波形が波を打っているだけ。

完璧なツールではありませんが、トレンド転換を予測し、判断の手助けをしてくれるとても便利なツールの一つです。

それにかなり見方がシンプルなので、ちょっとしたコツがつかめれば、トレンド転換をしっかりとした根拠を持ってとらえることができます。

もちろんダウ理論を使うことでトレンドの転換場面をとらえることはできるのですが、別の根拠として是非RSIを使いこなし、トレンド転換をごっそり取れるようになりましょう。

続きを読む

強力な根拠になる移動平均線タッチでのエントリー場面解説

ここでは短期足で移動平均線を使ったエントリータイミングの取り方をチャートを使って話していきます。

最初に言うのもなんですが、移動平均線のタッチだけでエントリーするのはかなり難しいです。

移動平均線は何かと組み合わせるのが賢い使い方。

今回は移動平均線を何と組み合わせてタイミングを取るのか、を詳しくみていきましょう。

続きを読む

日足・4時間足で移動平均線を使ったトレード戦略の立て方

ここでは、日足・4時間足を使って移動平均線をどうトレードに活かしたらいいか、チャートを使って解説していきます。

移動平均線はちょっとしたコツがつかめれば使いこなせるようになります

これから移動平均線を絡ませた2つのトレード戦略を紹介しますので、そのコツがなんなのか、考えながらじっくり読み進めてください。

勝率の高いエントリーポイントを探すために移動平均線を最大限に使い倒しましょう。

続きを読む

移動平均線これだけは絶対知っておきたい3つのポイント

移動平均線は、とても強力なテクニカル分析のツールの1つです。

ただ、表示させれば誰でも勝てるようになるものではありません

移動平均線を知り、どう使っていけばいいのかを学ぶ必要があります。

ここでは、移動平均線を使いこなすための基本を3つのポイントにわけて説明していきます。

まずはここで移動平均線の基本を身につけましょう。

続きを読む

もう怖くない!損切り貧乏を克服するための効果的な4ステップ

トレードを始めたばかりの頃は損切りが怖くてなかなかできずにいますが、損切りがある程度できるようになると、今度は損切りの回数が多いことが怖くなってきます。

エントリーしてもすぐ損切りになってどんどん資金を減らしてしまう、それが損切り貧乏です。

この損切り貧乏ですが、原因は損切り注文の仕方にあると錯覚してしまうところが厄介です。

もちろん損切りポイントの調整は大事なのですが、実はそれ以上に大事なものがあります。

今回はそのあたりも話しながら、損切り貧乏を克服するための効果的な4ステップを話していきます。

続きを読む

根拠のある損切りをしろ!目安になる2つのラインの決め方

損切りはFXにおいて、避けて通れない道です。

あるプロのトレーダーは「我々の仕事はきちっと決まったところで損切りをすることが仕事だ」と言ってるくらい、損切りは大切なことです。

しかし、この重要な損切りをなんとなくしている人がとても多いのが現実です。

損切りはエントリーからマイナス10pipsのところで固定する、このように損切りを決めるのは初心者の頃はいいかもしれません。

ただ、それなりにエントリーについても勉強し、自分なりに根拠のあるエントリーができるようになったら、そのトレードを勝ちトレードにするためにも損切りをしっかり行う必要があります。

しっかりというのは、エントリー同様に根拠を持って損切りをする、ということです。

今回は根拠を持って損切りができるように、どのラインを目安に損切りを決めればいいかを詳しく説明していきます。

続きを読む

レジスタンスとサポートに惑わされないラインの見極め方

FXでチャート分析をする際に、どうやってラインを引くかはとても重要です。

そして、それ以上に引いたラインをどの程度重要視するのかも大切です。

日足や4時間足でラインがいくつか引ける時、それらのラインをすべて同じ程度に重要視するかといったらそうではありません。

日足や4時間足で引いたラインもそれぞれ重要度が異なります。

引いたラインをしっかり整理しないと、どれも重要に見えてしまい、ライン付近に相場が来てもトレードするのをためらってしまいます。

ただ、ラインの整理の仕方といっても難しいことはなく、大きく分けて2つだけです。

今回紹介するラインの整理の仕方がわかれば、どのラインを抜けたらまずいのか、どのラインは抜けても大丈夫なのか、あなた自身で判断することができるようになります。

続きを読む